前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 東洋工業サッカー部

    東洋工業サッカー部から見た高木琢也高木琢也

    1988年(昭和63年)、今西はビル・フォルケスをコーチとして招聘し、オフトの役割だった実質的な監督として置いた。フォルケスは母国の戦術で古い戦術でもあるキック・アンド・ラッシュ戦術を用いたが、オフト時代のアプローチと変わったこともあり一部選手には不評だった。1989年(平成元年)、当時2. ブンデスリーガでプレーしていた元日本代表の風間八宏を獲得する。マツダSC東洋で育成した選手達の成長もあって1991年(平成3年)にJSL1部復帰。日本リーグ最後の年となった1991-92シーズン、フジタ(現:湘南ベルマーレ)から移籍加入した高木琢也の活躍もあり、6位で面目を保った。東洋工業サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た高木琢也高木琢也

    クラブ設立40周年となるこの年は、前年コーチを務めた高木琢也が監督に就任。那須が磐田、ディエゴが京都へ移籍。和田もレンタル元の清水へ戻った後、千葉へ移籍。2008年はJ2のクラブへのレンタル移籍であった戸川健太と一柳夢吾も、レンタル先へ完全移籍した。新たに、横浜FCで高木と共にJ1昇格を経験した滝澤邦彦と岩倉一弥、磐田のベテランMF河村崇大、ジュニアユース時代に東京Vに所属していた永里源気を獲得。過去2年レンタル移籍していた弦巻健人とレオナルドが復帰、大黒も残留した。そして、一度は戦力外と発表された土肥、服部、船越優蔵と再契約を結んだ。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • V・ファーレン長崎

    V・ファーレン長崎から見た高木琢也高木琢也

    2005年、元サッカー日本代表の高木琢也がテクニカル・アドバイザーに就任。また、同年より「''」へ改称した。クラブ公式ホームページではへ名称変更を行った2005年をクラブ創設年度と位置づけている。2005年は九州リーグ3位の成績。V・ファーレン長崎 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県スポーツ振興チャリティゴルフ大会

    広島県スポーツ振興チャリティゴルフ大会から見た高木琢也高木琢也

    1996年、広島における青少年のスポーツ育成をめざし、プロゴルファー・倉本昌弘、広島東洋カープ(当時)・正田耕三、サンフレッチェ広島(当時)・高木琢也の3人が発起人になって発足。広島県スポーツ振興チャリティゴルフ大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回全日本大学サッカー選手権大会

    第38回全日本大学サッカー選手権大会から見た高木琢也高木琢也

    高木琢也(大阪商業大学)第38回全日本大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第37回全日本大学サッカー選手権大会

    第37回全日本大学サッカー選手権大会から見た高木琢也高木琢也

    高木琢也(大阪商業大学)第37回全日本大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第35回全日本大学サッカー選手権大会

    第35回全日本大学サッカー選手権大会から見た高木琢也高木琢也

    高木琢也(大阪商業大学)第35回全日本大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 高木功 (サッカー選手)

    高木功 (サッカー選手)から見た高木琢也高木琢也

    兄は、元日本代表で、横浜FCや東京ヴェルディの監督を務めた高木琢也高木功 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 若松賢治

    若松賢治から見た高木琢也高木琢也

    1991年からJSL・マツダSCに練習参加、1993年に福岡大学を中退し正式にサンフレッチェ広島に入団。同期入団は、盧廷潤、上村健一、安部雄大、アンドレイ。1993年のナビスコカップでは、高木琢也が代表招集で抜けた穴を埋めた。現役引退後はサッカー教室の指導者となった。若松賢治 フレッシュアイペディアより)

  • 上田亮三郎

    上田亮三郎から見た高木琢也高木琢也

    大阪商業大学サッカー部での教え子として、小嶺忠敏、小林伸二、西村昭宏、松永英機、加藤好男、勝矢寿延、本並健治、高木琢也らがいる。上田亮三郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「高木琢也」のニューストピックワード