55件中 11 - 20件表示
  • 1967年のスポーツ

    1967年のスポーツから見た高木琢也高木琢也

    11月12日 - 高木琢也(長崎県、サッカー)1967年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田峡

    柴田峡から見た高木琢也高木琢也

    2005年に同じく東京を本拠とする東京ヴェルディユースの監督に就任。2005年にはヴェルディユースでもクラブユースと高円宮杯の二冠達成へ導く実績を残している。2009年にトップチームのコーチに就任し、高木琢也監督をサポートした。2010年に流通経済大学サッカー部コーチ、2011年から松本山雅FCコーチに就任。柴田峡 フレッシュアイペディアより)

  • オーレ!ワールドカップサッカー

    オーレ!ワールドカップサッカーから見た高木琢也高木琢也

    オフトが育てたエース・高木琢也(8月30日)オーレ!ワールドカップサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 金澤大将

    金澤大将から見た高木琢也高木琢也

    2006年、足達勇輔監督(当時)に才能を認められ横浜FCに入団。ルーキーながら開幕では右サイドバックのスタメンに抜擢されたが、その直後に足達監督が解任され高木琢也が新監督に就任すると、守備重視の戦術から元来MFだった金澤は守備の軽さを指摘されて出場機会を失い、翌年から水戸ホーリーホックにレンタル移籍。水戸では能力をフルに発揮する機会を与えられ、中盤のチャンスメーカーとして活躍した。2008年からは水戸へ完全移籍。2010年からは、将来のJリーグ参加を目指すS.C.相模原に完全移籍した。2011年に現役を引退し、2012年から菊川南陵高等学校の監督に就任し、指導者へ転身した。金澤大将 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本文昭

    岩本文昭から見た高木琢也高木琢也

    国見高校時代のポジションはMF。小嶺忠敏に師事し、3年時にインターハイを制覇し、冬の全国高校サッカー選手権では初出場で準優勝。チームメイトには赤澤昌美、其田秀太、小島光顕がいた。ちなみに、1学年上には、元日本代表FWの高木琢也がいた。岩本文昭 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉一弥

    岩倉一弥から見た高木琢也高木琢也

    OSA(奥寺康彦スポーツアカデミー)出身。2004年にJ2・横浜FCに入団を果たし、翌年にFWからDFへの転向という一大転機を経る。だが好パフォーマンスを見せた後に負傷でレギュラー獲得の機会を逃すなど、レギュラー獲得には至らず、2008年にJFL・ニューウェーブ北九州へ移籍。武者修行とも言える北九州の地で試合経験を積み、2009年より、横浜FC時代に指導を受けた高木琢也が監督に就任した東京ヴェルディへ移籍。しかし出場機会は少なく、1年で戦力外となり現役を引退。岩倉一弥 フレッシュアイペディアより)

  • ジョホールバルの歓喜

    ジョホールバルの歓喜から見た高木琢也高木琢也

    日本は、勝てばB組2位が確定する11月8日の最終戦、アウェーで終了間際引き分けに持ち込まれたカザフスタンをホームに迎えた1戦でも、秋田のヘディングで先制、代表復帰した中山雅史や高木琢也のゴールなどで5-1で快勝し、第3代表決定戦への出場権を得た。ジョホールバルの歓喜 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た高木琢也高木琢也

    高木琢也(横浜FC 2006シーズン途中-2007シーズン途中 東京V 2009シーズン開始-シーズン途中 熊本 2010-2012 長崎 2013-)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • グラハム・アーノルド

    グラハム・アーノルドから見た高木琢也高木琢也

    1997年から1998年途中まではオーストラリア代表監督経験のあるエディ・トムソン監督率いるJリーグのサンフレッチェ広島に在籍。コーチ兼任選手として高木琢也のバックアップ、若手の久保竜彦にFWとしての経験を伝える教育係でもあった。グラハム・アーノルド フレッシュアイペディアより)

  • 相馬 直樹

    相馬直樹から見た高木琢也高木琢也

    TBSテレビ・TBSチャンネル・BS-TBS J-LEAGUE WIDE、サッカー日本代表 (ピッチレポーター)、スーパーサッカー (水沼貴史と高木琢也がJクラブコーチ就任のため、小倉隆史が担当するまでのつなぎで数回)相馬直樹 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「高木琢也」のニューストピックワード