55件中 21 - 30件表示
  • 服部年宏

    服部年宏から見た高木琢也高木琢也

    2008年はキャプテンに就任。主力として起用されたものの、クラブの経営悪化の影響で一時は退団が発表されていたが、ラモス瑠偉常務や高木琢也新監督の意向により、東京Vと再契約を結んだ。2009年も変わらず主力として起用されたが、親会社の交代による経営規模縮小の影響を受け退団した。服部年宏 フレッシュアイペディアより)

  • 久保竜彦

    久保竜彦から見た高木琢也高木琢也

    1995年、サンフレッチェ広島へ入団。入団当初MF登録であったが1年目に河内勝幸サテライトチーム監督にFWへコンバートされる。2年目、ビム・ヤンセン監督はエースFWの高木琢也の控えFWとして、あるいは久保をトップ下に入れて同時起用した。黄金世代の1世代上で年代別代表経験のない久保は無名な存在だったが、一部関係者にはこのころから評価されていた。久保竜彦 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎久志

    黒崎久志から見た高木琢也高木琢也

    高校卒業後、1987年に日本サッカーリーグ(JSL)1部所属の本田技研工業サッカー部(現:Honda FC)に入団。本田技研がJリーグへの不参加を表明した1992年に、慕っていた監督の宮本征勝や同学年の長谷川祥之、1年後輩の本田泰人や黒崎を追って本田技研に入社していた根岸らとともに鹿島アントラーズに移籍。この際、登録名を本名の「黒崎 久志」から「黒崎 比差支」に改め、2000年に本名に戻すまでこの名前を使用した。長身2トップを組んだ長谷川祥之とともに、日本人エースとして活躍し、Jリーグ黎明期の鹿島を牽引した。この頃には日本代表にも選出されたが、代表では同じ長身FWでタイプが重なる高木琢也との争いに敗れ、目立った実績は残せなかった。ただ、1995年に香港で行われたダイナスティカップでは、大会不参加の三浦知良に代わり招集され、得点王に輝く大活躍で日本の優勝に貢献している。黒崎久志 フレッシュアイペディアより)

  • 船越優蔵

    船越優蔵から見た高木琢也高木琢也

    1993年、U-17世界選手権で初のベスト8に入ったU-17日本代表の中心選手。中田英寿・宮本恒靖・松田直樹・戸田和幸などメンバーが揃うチームのエースストライカーであった。1995年サンフレッチェ広島の今西和男総監督は、高木琢也の後継者として船越に目をつけスカウトしようとしていた。その際、船越は海外留学を強く希望していたが、今西には「コミュニケーション能力が備わってない状況で海外留学させる気はない」ポリシーがあったため手を引いた。船越優蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶺忠敏

    小嶺忠敏から見た高木琢也高木琢也

    元日本代表FWで、V・ファーレン長崎監督の高木琢也は中学3年生の時、自身が高校2年生に進級する年(1984年)に小嶺が島原商業から国見高に異動するという情報を耳にしていたため、島原商業ではなく、あえて国見高に進学。しかし、高木の在校中、全国高校サッカー選手権初出場は果たせなかった(1学年下が3年時に初出場を果たし、準優勝)。小嶺忠敏 フレッシュアイペディアより)

  • 島卓視

    島卓視から見た高木琢也高木琢也

    1993年Jリーグが始まると高木琢也との2トップを組み、高木のポストプレーを活かして得点するシャドーストライカーとして活躍した。1994年前期サントリーシリーズ優勝時も、当初は島がレギュラーでイワン・ハシェックからレギュラーポジションを奪っていた。ただJリーグでプレーしていた時期はほとんど足の怪我とリハビリの連続で、結局怪我が原因で1995年に引退した。島卓視 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年J2第51節・最終節

    2006年J2第51節・最終節から見た高木琢也高木琢也

    第1クールは柏が3連敗もあったがそれ以外はほぼ完璧な試合を見せ、第2節から首位を快走する。これを前評判通りの個々の強さを見せた仙台が追う展開となった。その一方で神戸と札幌が出遅れた。また、第1節で監督が足達勇輔から高木琢也に交代した横浜FCが、高木の守備的な戦術が功を奏して第2節以降負けなしで順位を上げてきていた。2006年J2第51節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年J1最終節

    2008年J1最終節から見た高木琢也高木琢也

    柱谷哲二監督はこの年限りで退団し、高木琢也コーチが昇格した。2008年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグを100倍楽しく見る方法!!

    Jリーグを100倍楽しく見る方法!!から見た高木琢也高木琢也

    アタマで勝負(アニメ、主人公:高木琢也Jリーグを100倍楽しく見る方法!! フレッシュアイペディアより)

  • イワン・ハシェック

    イワン・ハシェックから見た高木琢也高木琢也

    同1994年、Jリーグ・サンフレッチェ広島へ入団。高木琢也と2トップを組みパベル・チェルニー、盧廷潤ら攻撃陣と活躍、同年のファーストステージ制覇に貢献、サポーターの間では歴史に名を刻んだ名選手として名前が挙がる。1996年からはジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)でもプレーした。イワン・ハシェック フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「高木琢也」のニューストピックワード