60件中 21 - 30件表示
  • サンフレッチェ広島F.Cの育成組織

    サンフレッチェ広島F.Cの育成組織から見た高木琢也高木琢也

    また1990年代以降、当時マツダSCコーチだったビル・フォルケスの紹介で、森保や高木琢也など若手数人を年に1度1ヶ月程度マンチェスター・ユナイテッドFC.リザーブに練習参加させていた。サンフレッチェ広島F.Cの育成組織 フレッシュアイペディアより)

  • 島卓視

    島卓視から見た高木琢也高木琢也

    1993年Jリーグが始まると高木琢也との2トップを組み、高木のポストプレーを活かして得点するシャドーストライカーとして活躍した。1994年前期サントリーシリーズのステージ優勝時も、当初は島がレギュラーでイワン・ハシェックからレギュラーポジションを奪っていた。ただJリーグでプレーしていた時期はほとんど足の怪我とリハビリの連続で、結局怪我が原因で1995年に引退 した。島卓視 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年J1最終節

    2008年J1最終節から見た高木琢也高木琢也

    柱谷哲二監督はこの年限りで退団し、高木琢也コーチが昇格した。2008年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県スポーツ振興チャリティゴルフ大会

    広島県スポーツ振興チャリティゴルフ大会から見た高木琢也高木琢也

    1996年、広島における青少年のスポーツ育成をめざし、広島市出身のプロゴルファー・倉本昌弘、広島東洋カープ(当時)・正田耕三、サンフレッチェ広島(当時)・高木琢也の3人が発起人になって発足。広島県スポーツ振興チャリティゴルフ大会 フレッシュアイペディアより)

  • パベル・チェルニー

    パベル・チェルニーから見た高木琢也高木琢也

    スパルタ時代のチームメイトであるユリウス・ベーリックに誘われる形で、1992年Jリーグのサンフレッチェ広島に入団する。攻撃的なMFやFWとして、高木琢也、イワン・ハシェック、盧廷潤ら攻撃陣とともに活躍。1994年6月11日のジュビロ磐田戦で決勝ゴールを決め、2-1で勝利し、チームはサントリーシリーズ優勝を決めた。同年末のJリーグチャンピオンシップ第1戦では、スチュワート・バクスター監督は守備的な布陣を採用しCBのトーレを起用したためベンチ外、2戦目はチェルニーが起用されるものの、2戦とも敗戦した。パベル・チェルニー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋祥平

    高橋祥平から見た高木琢也高木琢也

    前年にJ2降格が決まり主力の多くを放出したトップチームの事情もあり、2009年開幕前キャンプにユース所属ながら帯同。新任の高木琢也監督の目に留まり、2月6日に2種登録される。さらに開幕スタメンの座を勝ち取りフル出場。17歳4カ月8日での開幕戦先発は稲本潤一の17歳6カ月25日を更新するJリーグ新記録であった。その後もセンターバックとしてスタメンに定着し、5月28日にはA契約を締結。第25節の愛媛FC戦でDF登録ではJ最年少ゴールを決めた。高橋祥平 フレッシュアイペディアより)

  • 11月12日

    11月12日から見た高木琢也高木琢也

    1967年 - 高木琢也、元サッカー選手、Jリーグ・V・ファーレン長崎監督11月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ ディビジョン2

    2006年のJリーグ ディビジョン2から見た高木琢也高木琢也

    しかし、東京V・札幌は失点の多さが響いて開幕から思うように勝ち点を伸ばせず、早々と優勝争いから脱落。一方、第1節で監督交代という思い切った策に打って出た横浜FCの新監督・高木琢也が監督就任から15試合連続負けなしの新記録を作ったこともあり、前年まで下位の常連だったチームが嘘のように一変して昇格争いに食い込む。前半戦が終わって優勝争いは柏・神戸・仙台・横浜FCの4チームにほぼ絞られた。2006年のJリーグ ディビジョン2 フレッシュアイペディアより)

  • 前川和也

    前川和也から見た高木琢也高木琢也

    長崎県立平戸高等学校では3年生だった1985年度(第64回大会)高校サッカー選手権に出場。同年の同大会長崎県予選では小嶺忠敏監督が率いる長崎県立国見高等学校と対戦し、32本のシュートを浴びながらも完封して、1本のシュートを決めた母校を勝利に導いた。この時、同学年だった国見のFWが、後に広島でチームメイトとなった高木琢也である。前川和也 フレッシュアイペディアより)

  • イワン・ハシェック

    イワン・ハシェックから見た高木琢也高木琢也

    同1994年、Jリーグ・サンフレッチェ広島 へ入団。高木琢也と2トップを組みパベル・チェルニー、盧廷潤ら攻撃陣と活躍、1994年5月18日サントリーステージ17節ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)戦でチーム初のハットトリックを決めている。同年のファーストステージ制覇に大きく貢献した。この年に挙げたシーズン19得点は、2012年に佐藤寿人が更新するまでの長い間、広島所属選手のJ1におけるシーズン最多得点記録だった。1995年4月12日8節名古屋戦でもハットトリックを達成した。イワン・ハシェック フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「高木琢也」のニューストピックワード

  • ふたつの新しい命を授かりました

  • みなさまにこんなご報告をできる日が来ることをずっとずっと夢見ていました…。

  • 日々穏やかに過ごしていきたい