60件中 31 - 40件表示
  • ジョン・ファンルーン

    ジョン・ファンルーンから見た高木琢也高木琢也

    フェイエノールトOBのビム・ヤンセンとの縁で1995年3月、高木琢也の怪我でセンターフォワード不足になったJリーグ・サンフレッチェ広島にレンタル移籍で加入、1年のみプレーした。1995年7月1日のジュビロ磐田戦ではハットトリックを達成した。ジョン・ファンルーン フレッシュアイペディアより)

  • 養父雄仁

    養父雄仁から見た高木琢也高木琢也

    2015年12月25日同じ九州のV・ファーレン長崎へ完全移籍。背番号10を背負うこととなり、それと同時に2012年ロアッソ熊本で監督であった高木琢也監督の元でまたプレーすることとなったが、出場機会は少なく、得点は自身として2008年以来の0得点となった。養父雄仁 フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見た高木琢也高木琢也

    プレミアリーグ 金子勝彦(病気療養中は八塚浩が担当)・原博実(FC東京監督就任後は高木琢也が担当)・東本貢司Foot! フレッシュアイペディアより)

  • 今西和男

    今西和男から見た高木琢也高木琢也

    この間、後に日本代表となる森保一ら若手の育成、ドイツ・ブンデスリーガでプレーしていた風間八宏をチームリーダーとして熱心に口説き入団させ、盧廷潤やイワン・ハシェックらの外国人選手やスチュワート・バクスター監督らの招聘、フジタ工業(現・湘南ベルマーレ)にいた高木琢也の獲得などで、Jリーグ創設2年目のファーストステージを制覇した。「サンフレッチェ一家のおおらかな親分」のような存在で、大きなガタイはいかにもエネルギッシュ、また面倒見のよさでまわりや選手達にも信頼された。今西和男 フレッシュアイペディアより)

  • 河端和哉

    河端和哉から見た高木琢也高木琢也

    2010年よりギラヴァンツ北九州へ移籍。2011年は出場機会を得られず、契約満了のため退団となる。2012年、V・ファーレン長崎へ入団。長崎ではレギュラーとして活躍して長崎のJFL優勝とJ2昇格の原動力となり、2012年のJFL・MVPを獲得した。2013年に長崎の監督が高木琢也に代わり、ほとんど出番を与えられず、7月にFC琉球へ期限付き移籍した。2015年1月にラインメール青森への完全移籍が発表された。青森でもコンスタントに出場機会を得た。2017年をもって現役引退。引退後は母校の札幌大学サッカー部の監督に就任した。河端和哉 フレッシュアイペディアより)

  • 久保竜彦

    久保竜彦から見た高木琢也高木琢也

    1995年、広島へ加入。加入当初MF登録であったが1年目に河内勝幸サテライトチーム監督にFWへコンバートされる。2年目、ビム・ヤンセンはエースFWの高木琢也の控えFWとして、あるいは久保をトップ下に入れて同時起用した。黄金世代の1世代上で年代別代表経験のない久保は無名な存在だったが、一部関係者にはこのころから評価されていた。久保竜彦 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡明彦

    西岡明彦から見た高木琢也高木琢也

    入社後はスポーツアナウンサーとして1年目から高校野球・プロ野球中継の実況を担当する一方、1993年から朝のローカル情報番組「フレッシュ・モーニング」のキャスターを務める。この頃、アナウンサー試験で一緒だった仲間の紹介で森山佳郎を交流を持ったのをきっかけにサンフレッチェ広島との接点が生まれ、社用車でサンフレの練習場に通っては森保一・高木琢也・片野坂知宏らサンフレの選手と昼食を共にして親交を深めるという日々を送る。「フレッシュ・モーニング」では自分で企画を出して高田豊治が出演するサンフレのコーナーを設けた。1994年にはサンフレがサントリーシリーズ(前期)優勝を飾り、優勝インタビューを務めた。西岡明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中山悟志

    中山悟志から見た高木琢也高木琢也

    2011年よりV・ファーレン長崎に移籍。2012年には11得点を獲り、長崎のJFL優勝とJ2昇格に貢献した。しかし2013年より監督が高木琢也に代わり出場機会を失い、8月にFC琉球に期限付き移籍となった。2015年より完全移籍に移行した。2015年シーズンをもって現役を引退した。中山悟志 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田峡

    柴田峡から見た高木琢也高木琢也

    2005年に同じく東京を本拠とする東京ヴェルディユースの監督に就任。同年のクラブユース選手権と高円宮杯の2冠達成へ導く実績を残した。2007年、S級ライセンス取得。2009年にトップチームのコーチに就任し、高木琢也監督をサポートした。柴田峡 フレッシュアイペディアより)

  • 服部年宏

    服部年宏から見た高木琢也高木琢也

    2008年は大野の後を継ぎ主将に就任。チームはJ2に降格し、クラブ経営悪化の影響で退団が発表されていたが、ラモス瑠偉常務や高木琢也新監督の意向により、東京Vと再契約を結んだ。2009年、親会社の交代による経営規模縮小の影響を受け東京Vを退団。服部年宏 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「高木琢也」のニューストピックワード

  • ふたつの新しい命を授かりました

  • みなさまにこんなご報告をできる日が来ることをずっとずっと夢見ていました…。

  • 日々穏やかに過ごしていきたい