55件中 41 - 50件表示
  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た高木琢也高木琢也

    2008年には背番号が27から10に変更された。なお、広島の背番号10は代々高木琢也、久保竜彦、ウェズレイらストライカーの選手が背負っており、中盤の選手が10を背負うのは柏木が初めてであった。北京五輪代表候補にも名前が挙がっていたが、序盤の怪我による不振から北京五輪本大会のメンバーには選ばれなかった。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見た高木琢也高木琢也

    上記の最終予選で代表復帰した際には、ともにドーハの悲劇を味わい、代表で正FWを争ってきた高木琢也も同時に代表復帰した。復帰後初戦のカザフスタン戦では、二人とも直前のリーグ戦で好調、またカズと呂比須が累積警告による出場停止、岡田監督も情報統制を敷いたため、サポーターは「どちらが先発するんだろう?」といい意味でやきもきしていた。そして試合当日、場内アナウンスと大型ビジョンでの先発選手紹介、日本代表で最後に不敵な笑顔の画像とともに「FW、背番号32、中山雅史」が告げられると、国立競技場を埋めた5万人以上のサポーターから大歓声と「オーナカヤマ!ナカヤマナカヤマ、ゴンゴール」の大合唱が沸き起こった。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た高木琢也高木琢也

    スポーツ界にもファンが多く、サッカー界では三浦知良やラモス瑠偉、高木琢也など。カズとはブラジルにサッカー留学していた頃からの交友で、2006年には『The Best of Shogo Hamada vol.1』『同 vol.2』のCMにも出演している。格闘技界では三沢光晴、長州小力、所英男、現在はタレントの大仁田厚ら。三沢はカラオケでよく浜省ナンバーを歌っていたという。野球界では小笠原道大ら。松井秀喜もファンであり、コンサートで楽屋を訪問したことがある。競馬界では元騎手で、現在は調教師の的場均ら。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年

    1967年から見た高木琢也高木琢也

    11月12日 - 高木琢也、元サッカー選手1967年 フレッシュアイペディアより)

  • サンフレッチェ広島の下部組織

    サンフレッチェ広島の下部組織から見た高木琢也高木琢也

    また、1980年代後半から1990年代初期にかけて、森保や高木琢也など若手数人を年に1度1ヶ月程度、マンチェスター・ユナイテッドのリザーブチーム()に練習参加させていた。サンフレッチェ広島の下部組織 フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見た高木琢也高木琢也

    プレミアリーグ 金子勝彦(病気療養中は八塚浩が担当)・原博実(FC東京監督就任後は高木琢也が担当)・東本貢司Foot! フレッシュアイペディアより)

  • 和田拓也 (サッカー選手)

    和田拓也 (サッカー選手)から見た高木琢也高木琢也

    2009年、トップチームに合流するとその才能を高木琢也監督に見い出され、昇格1年目ながら右サイドバックとして開幕スタメン出場を果たした。和田拓也 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 森保一

    森保一から見た高木琢也高木琢也

    1992年4月、オフトが日本代表監督に就任すると日本代表に初招集される。代表メンバーの何人かは存在自体知らなかった無名選手の大抜擢で、同チーム所属の高木琢也と前川和也以外誰一人「モリヤス」と読めなかった。同年5月オフトジャパン初戦のアルゼンチン戦で先発メンバーに抜擢され初出場を果たし、この際アルフィオ・バシーレ監督とクラウディオ・カニーヒアが“日本にはいいボランチがいる”と高く評価したことから、「森保」と「ボランチ」の名前が脚光を浴びることになる。以降レギュラーとして活躍、ラモス瑠偉をカバーすることに重点を置いた。1993年、W杯アメリカ大会アジア予選に出場し、ドーハの悲劇を経験した。森保一 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た高木琢也高木琢也

    東京V元監督の高木琢也が監督に就任。木島良輔、小森田友明、石井俊也、中山悟志、山本翔平らが退団した一方、レンタル移籍であった木下正貴を完全移籍で獲得。また、柏から南雄太、神戸から松橋章太といった日本代表経験選手を完全移籍で、名古屋より平木良樹がレンタル移籍、徳島にレンタル移籍していた筑城和人、元山形の渡辺匠を完全移籍で獲得。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 城彰二

    城彰二から見た高木琢也高木琢也

    2006年には主将として高木琢也監督の下、三浦知良とツートップを組み、クラブ初のJ1昇格を決めたが、前述の靭帯の故障が限界に達し、2006年シーズンを最後に現役引退を発表。シーズン中にも拘らず11月23日・三ツ沢公園球技場で行われた徳島ヴォルティスとの試合後にファンの前で引退の挨拶を行った。この時、当時39歳の三浦知良は「俺よりも若い」と引退を惜しんでいる。城彰二 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「高木琢也」のニューストピックワード