1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • 太田宏介

    太田宏介から見た高木琢也高木琢也

    2007年序盤には、高木琢也監督の下でCBのレギュラーに抜擢される。ここでの活躍から同年、カナダで開催されたFIFA U-20ワールドカップに臨むU-20日本代表に選出された。同大会ではナイジェリア戦に左SBとして先発フル出場し、グループリーグ首位通過に貢献した。太田宏介 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た高木琢也高木琢也

    高木琢也(横浜FC 2006シーズン途中-2007シーズン途中 東京V 2009シーズン開始-シーズン途中 熊本 2010-2012 長崎 2013-)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道コンサドーレ札幌

    北海道コンサドーレ札幌から見た高木琢也高木琢也

    吉原宏太がG大阪へ移籍した一方、市原から 野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを獲得。北海高等学校の山瀬功治が入団した。北海道コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見た高木琢也高木琢也

    上記の最終予選で代表復帰した際には、ともにドーハの悲劇を味わい、代表で正FWを争ってきた高木琢也も同時に代表復帰した。復帰後初戦のカザフスタン戦では、二人とも直前のリーグ戦で好調、またカズと呂比須が累積警告による出場停止、岡田監督も情報統制を敷いたため、サポーターは「どちらが先発するんだろう?」といい意味でやきもきしていた。そして試合当日、場内アナウンスと大型ビジョンでの先発選手紹介、日本代表で最後に不敵な笑顔の画像とともに「FW、背番号32、中山雅史」が告げられると、国立競技場を埋めた5万人以上のサポーターから大歓声と「オーナカヤマ!ナカヤマナカヤマ、ゴンゴール」の大合唱が沸き起こった。試合でゴールを挙げるとユニフォームをたくし上げ、その下にカズの「11番」のユニフォームを着込んでいたというゴールパフォーマンスをみせた。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 武田修宏

    武田修宏から見た高木琢也高木琢也

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉、北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤浩次

    加藤浩次から見た高木琢也高木琢也

    2001年10月からは、サッカー好きが高じてTBS系『スーパーサッカー』のメインMCに抜擢される。また、この番組のフットサルチームである「コモエスタ赤坂」にも加入。TBSのJリーグ中継の副音声ではゲストと共に放送席でトークを展開している。2002年6月、TBSのワールドカップ中継のキャスターを務め、2004年6月にはポルトガルで開催されたUEFA欧州選手権中継のためにサッカー解説者の高木琢也とともに現地で取材する。加藤浩次 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た高木琢也高木琢也

    東京V元監督の高木琢也が監督に就任。木島良輔、小森田友明、石井俊也、中山悟志、山本翔平らが退団した一方、レンタル移籍であった木下正貴を完全移籍で獲得。また、元日本代表の柏から南雄太、同じく神戸から松橋章太を完全移籍で、名古屋より平木良樹がレンタル移籍、徳島にレンタル移籍していた筑城和人、元山形の渡辺匠を完全移籍で獲得。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 森保一

    森保一から見た高木琢也高木琢也

    1992年4月、オフトが日本代表監督に就任すると日本代表に初招集される。代表メンバーの何人かは存在自体知らなかった無名選手の大抜擢で、同チーム所属の高木琢也と前川和也以外誰一人「モリヤス」と読めなかった。同年5月オフトジャパン初戦のアルゼンチン戦で先発メンバーに抜擢され初出場を果たし、この際アルフィオ・バシーレ監督とクラウディオ・カニーヒアが“日本にはいいボランチがいる”と高く評価したことから、「森保」と「ボランチ」の名前が脚光を浴びることになる。以降レギュラーとして活躍、ラモス瑠偉をカバーすることに重点を置いた。1993年、W杯アメリカ大会アジア予選に出場し、ドーハの悲劇を経験した。森保一 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た高木琢也高木琢也

    2008年には背番号が27から10に変更された。なお、広島の背番号10は代々高木琢也、久保竜彦、ウェズレイらストライカーの選手が背負っており、中盤の選手が10を背負うのは柏木が初であった。北京五輪代表候補にも名前が挙がっていたが、序盤の怪我による不振から北京五輪本大会のメンバーには選ばれなかった。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 高木利弥

    高木利弥から見た高木琢也高木琢也

    元サッカー選手・現サッカー指導者の高木琢也は実父。高木利弥 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「高木琢也」のニューストピックワード

  • ふたつの新しい命を授かりました

  • みなさまにこんなご報告をできる日が来ることをずっとずっと夢見ていました…。

  • 日々穏やかに過ごしていきたい