1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • サンフレッチェ広島

    サンフレッチェ広島から見た高木琢也高木琢也

    1992年に、スチュワート・バクスターが監督に就任。イワン・ハシェック、パベル・チェルニー、盧廷潤ら能力重視で独自路線の外国人補強を行った。フジタから高木琢也(マツダ時代の1991-1992年シーズンから加入)、富士通から小島光顕などJリーグに参加しないチームから日本人を数名補強した。サンフレッチェ広島 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ

    2006年のJリーグから見た高木琢也高木琢也

    しかし、東京V・札幌は失点の多さが響いて開幕から思うように勝ち点を伸ばせず、早々と優勝争いから脱落。一方、第1節で監督交代という思い切った策に打って出た横浜FCの新監督・高木琢也が監督就任から15試合連続負けなしの新記録を作ったこともあり、前年まで下位の常連だったチームが嘘のように一変して昇格争いに食い込む。前半戦が終わって優勝争いは柏・神戸・仙台・横浜FCの4チームにほぼ絞られた。2006年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た高木琢也高木琢也

    市原から 野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを補強した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た高木琢也高木琢也

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉、北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 前川和也

    前川和也から見た高木琢也高木琢也

    長崎県立平戸高等学校では3年生だった1985年度(第64回大会)高校サッカー選手権に出場。同年の同大会長崎県予選では小嶺忠敏監督が率いる長崎県立国見高等学校と対戦し、32本のシュートを浴びながらも完封して、1本のシュートを決めた母校を勝利に導いた。この時、同学年だった国見のFWが、後に広島でチームメイトとなった高木琢也である。前川和也 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示

「高木琢也」のニューストピックワード