75件中 11 - 20件表示
  • 高木琢也

    高木琢也から見た前川和也

    中学3年生の時、2年後に島原商業高校サッカー部監督の小嶺忠敏が国見高校に異動するという情報を耳にしていた。高校2年生から指導を受けられる予定であったため、島原商業ではなく、国見高校に進学する。2年生になり、小嶺が国見高校に赴任してきた時、新3年生の部員はおらず、また、2年生の部員も小嶺の指導のあまりの厳しさに1人、2人と減り、秋になる頃には高木1人しか残っていなかったため、小嶺新体制の国見高校サッカー部のいわば「長男坊」として、早くからチームのまとめ役を任された。3年時には主将としてインターハイに初出場し、国見高校の選手を中心に編成された長崎県選抜チームで臨んだ国体サッカー少年男子の部では、準優勝と得点王に輝いたが、全国高校サッカー選手権では県予選で後に同僚となる前川和也を擁する平戸高校に敗れて初出場は果たせなかった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た横浜F・マリノス

    2007年も同チームを指揮、開幕戦では敗れたものの前年王者の浦和レッドダイヤモンズを苦しめ、第2節の「横浜ダービー」横浜FM戦で勝利するなど、開幕直後はJ1でも通用するかに見えた。しかし、他クラブとの戦力差は否めず、「ハマナチオ」はあっという間に崩壊、大量失点を繰り返した。新戦力の奥大介や久保竜彦も故障で離脱するなどし、大差での最下位(18位)に低迷。三浦淳宏獲得などの補強方針を巡ってフロントとの確執も表面化し、8月27日をもって監督を解任された。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たサンフレッチェ広島F.C

    大学卒業後、当時のマツダサッカー部監督・今西和男からの誘いを断り、フジタ(現:湘南ベルマーレ)に入団。しかしチームに合わず、1991年今西からもう一度声を掛けられマツダに入団。早くから攻撃の中心選手として活躍し、マツダがサンフレッチェ広島F\.Cとして発足するとプロ契約、1992年にはJSL新人王を獲得。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た国民体育大会

    中学3年生の時、2年後に島原商業高校サッカー部監督の小嶺忠敏が国見高校に異動するという情報を耳にしていた。高校2年生から指導を受けられる予定であったため、島原商業ではなく、国見高校に進学する。2年生になり、小嶺が国見高校に赴任してきた時、新3年生の部員はおらず、また、2年生の部員も小嶺の指導のあまりの厳しさに1人、2人と減り、秋になる頃には高木1人しか残っていなかったため、小嶺新体制の国見高校サッカー部のいわば「長男坊」として、早くからチームのまとめ役を任された。3年時には主将としてインターハイに初出場し、国見高校の選手を中心に編成された長崎県選抜チームで臨んだ国体サッカー少年男子の部では、準優勝と得点王に輝いたが、全国高校サッカー選手権では県予選で後に同僚となる前川和也を擁する平戸高校に敗れて初出場は果たせなかった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た横浜FC

    S級ライセンス取得後、2006年からはJ2の横浜FCのコーチに就任し、指導者としての第一歩を踏み出した。更にチーム始動から1ヶ月程しか経っていない第1節終了後の3月6日には足達勇輔監督が解任されたことに伴い監督に昇格し、チームを指揮することになった。指導経験に乏しく、準備期間も与えられなかった上、先輩に当る三浦知良を選手として起用することへの指導面も含め、難しい立場と思われていた。フロントの決断はサポーターの批判も招き、高木の初指揮となった第2節のホーム開幕戦では横断幕ゼロ、一切のコールを行わず試合を見守るのみという沈黙の抗議を行なう事態となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た堀内恒夫

    長崎県南高来郡北有馬町(現・南島原市)出身。小学生時代は野球少年で、「堀内2世」と周囲に言われた豪腕投手だった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た足達勇輔

    S級ライセンス取得後、2006年からはJ2の横浜FCのコーチに就任し、指導者としての第一歩を踏み出した。更にチーム始動から1ヶ月程しか経っていない第1節終了後の3月6日には足達勇輔監督が解任されたことに伴い監督に昇格し、チームを指揮することになった。指導経験に乏しく、準備期間も与えられなかった上、先輩に当る三浦知良を選手として起用することへの指導面も含め、難しい立場と思われていた。フロントの決断はサポーターの批判も招き、高木の初指揮となった第2節のホーム開幕戦では横断幕ゼロ、一切のコールを行わず試合を見守るのみという沈黙の抗議を行なう事態となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た奥大介

    2007年も同チームを指揮、開幕戦では敗れたものの前年王者の浦和レッドダイヤモンズを苦しめ、第2節の「横浜ダービー」横浜FM戦で勝利するなど、開幕直後はJ1でも通用するかに見えた。しかし、他クラブとの戦力差は否めず、「ハマナチオ」はあっという間に崩壊、大量失点を繰り返した。新戦力の奥大介や久保竜彦も故障で離脱するなどし、大差での最下位(18位)に低迷。三浦淳宏獲得などの補強方針を巡ってフロントとの確執も表面化し、8月27日をもって監督を解任された。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た今西和男

    大学卒業後、当時のマツダサッカー部監督・今西和男からの誘いを断り、フジタ(現:湘南ベルマーレ)に入団。しかしチームに合わず、1991年今西からもう一度声を掛けられマツダに入団。早くから攻撃の中心選手として活躍し、マツダがサンフレッチェ広島F.Cとして発足するとプロ契約、1992年にはJSL新人王を獲得。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たイワン・ハシェック

    1994年には、イワン・ハシェックと抜群のコンビで、広島のサントリーシリーズ優勝の原動力となった。しかし、同年のJリーグチャンピオンシップの第2戦でアキレス腱を断裂。以後、常に故障に悩まされ続けるも、「怪我をネガティブに考えたことは一度もなかった」(高木談)というプラス思考で広島の中心選手として活躍を続ける。1997年には1998 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終予選で最終戦のカザフスタン戦に招集され 1得点を挙げたが、続くプレーオフのイラン戦(ジョホールバルの歓喜)ではメンバー外となり、翌年の本大会でも日本代表には選ばれなかった。そしてカザフスタン戦が高木にとって日本代表での最後の出場試合となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「高木琢也」のニューストピックワード

  • ふたつの新しい命を授かりました

  • みなさまにこんなご報告をできる日が来ることをずっとずっと夢見ていました…。

  • 日々穏やかに過ごしていきたい