75件中 51 - 60件表示
  • 高木琢也

    高木琢也から見たサッカー中華人民共和国代表

    初得点 1992年8月24日対中国代表戦 (北京)高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たカウンターアタック

    2010年より、ロアッソ熊本の監督に就任。守備に重点に置きながらカウンターを狙うという戦術が功を奏して失点数を大幅に減らすことに成功し、J2昇格後3年目のチームを初めて1桁順位(7位)に押し上げた。しかし翌年11位に後退、更にその次2012年も12位以下が確定したことから、クラブは2012年11月8日、同年シーズンの公式試合が終了次第退任させることを発表した。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たサッカー

    高木 琢也(たかぎ たくや、1967年11月12日 - )は、日本のサッカー選手、元サッカー日本代表選手(FW)・指導者(JFA 公認S級コーチ)。大阪商業大学卒業。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た1998 FIFAワールドカップ・アジア予選

    1994年には、イワン・ハシェックと抜群のコンビで、広島のサントリーシリーズ優勝の原動力となった。しかし、同年のJリーグチャンピオンシップの第2戦でアキレス腱を断裂。以後、常に故障に悩まされ続けるも、「怪我をネガティブに考えたことは一度もなかった」(高木談)というプラス思考で広島の中心選手として活躍を続ける。1997年には1998 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終予選で最終戦のカザフスタン戦に招集され 1得点を挙げたが、続くプレーオフのイラン戦(ジョホールバルの歓喜)ではメンバー外となり、翌年の本大会でも日本代表には選ばれなかった。そしてカザフスタン戦が高木にとって日本代表での最後の出場試合となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た日本プロサッカーリーグ

    同年にはハンス・オフト監督が指揮する日本代表にも初選出され、広島で開催されたアジアカップでは決勝戦で唯一のゴールを決め、日本の初優勝に貢献。「アジアの大砲」というキャッチフレーズと共に、高木の存在はサッカーファン以外にも広く知られるようになり、翌1993年に始まったJリーグでも人気選手となった。同年の1994 FIFAワールドカップ・アジア予選にも最終予選まで参加したが、本大会出場はならなかった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た南島原市

    長崎県南高来郡北有馬町(現・南島原市)出身。小学生時代は野球少年で、「堀内2世」と周囲に言われた豪腕投手だった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た北京市

    初得点 1992年8月24日対中国代表戦 (北京)高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たAFCアジアカップ1992

    同年にはハンス・オフト監督が指揮する日本代表にも初選出され、広島で開催されたアジアカップでは決勝戦で唯一のゴールを決め、日本の初優勝に貢献。「アジアの大砲」というキャッチフレーズと共に、高木の存在はサッカーファン以外にも広く知られるようになり、翌1993年に始まったJリーグでも人気選手となった。同年の1994 FIFAワールドカップ・アジア予選にも最終予選まで参加したが、本大会出場はならなかった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た日本

    高木 琢也(たかぎ たくや、1967年11月12日 - )は、日本のサッカー選手、元サッカー日本代表選手(FW)・指導者(JFA 公認S級コーチ)。大阪商業大学卒業。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た関西学生サッカーリーグ

    高校卒業後の1986年に大阪商業大学へ入学し、同大学のサッカー部でプレー。小嶺の師でもある上田亮三郎から指導を受け、関西学生サッカーリーグ戦では1987年と1988年の2度、1部リーグで優勝した。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示

「高木琢也」のニューストピックワード

  • ふたつの新しい命を授かりました

  • みなさまにこんなご報告をできる日が来ることをずっとずっと夢見ていました…。

  • 日々穏やかに過ごしていきたい