73件中 61 - 70件表示
  • 高木琢也

    高木琢也から見た1994 FIFAワールドカップ

    同年にはハンス・オフト監督が指揮する日本代表にも初選出され、広島で開催されたアジアカップでは決勝戦で唯一のゴールを決め、日本の初優勝に貢献。「アジアの大砲」というキャッチフレーズと共に、高木の存在はサッカーファン以外にも広く知られるようになり、翌1993年に始まったJリーグでも人気選手となった。同年のアメリカW杯予選にも最終予選まで参加したが、本大会出場はならなかった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たジョホールバルの歓喜

    1994年には、イワン・ハシェックと抜群のコンビで、広島のサントリーシリーズ優勝の原動力となった。しかし、同年のJリーグチャンピオンシップの第2戦でアキレス腱を断裂。以後、常に故障に悩まされ続けるも、「怪我をネガティブに考えたことは一度もなかった」(高木談)というプラス思考で広島の中心選手として活躍を続ける。1997年にはフランスW杯予選の最終予選で最終戦のカザフスタン戦に招集され1得点を挙げたが、続くプレーオフのイラン戦(ジョホールバルの歓喜)ではメンバー外となり、翌年の本大会でも日本代表には選ばれなかった。そしてカザフスタン戦が高木にとって日本代表での最後の出場試合となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た北有馬町

    長崎県南高来郡北有馬町(現・南島原市)出身。小学生時代は野球少年で、「堀内2世」と周囲に言われた豪腕投手だった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た長崎県立平戸高等学校

    中学3年生の時、2年後に島原商業高校サッカー部監督の小嶺忠敏が国見高校に異動するという情報を耳にしていた。高校2年生から指導を受けられる予定であったため、島原商業ではなく、国見高校に進学する。2年生になり、小嶺が国見高校に赴任してきた時、新3年生の部員はおらず、また、2年生の部員も小嶺の指導のあまりの厳しさに1人、2人と減り、秋になる頃には高木1人しか残っていなかったため、小嶺新体制の国見高校サッカー部のいわば「長男坊」として、早くからチームのまとめ役を任された。3年時には主将としてインターハイに初出場し、国見高校の選手を中心に編成された長崎県選抜チームで臨んだ国体サッカー少年男子の部では、準優勝と得点王に輝いたが、全国高校サッカー選手権では県予選で後に同僚となる前川和也を擁する平戸高校に敗れて初出場は果たせなかった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たフォワード (サッカー)

    高木 琢也(たかぎ たくや、1967年11月12日 - )は、日本のサッカー選手、元サッカー日本代表選手(FW)・指導者(JFA 公認S級コーチ)。大阪商業大学卒業。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たサッカーイラン代表

    1994年には、イワン・ハシェックと抜群のコンビで、広島のサントリーシリーズ優勝の原動力となった。しかし、同年のJリーグチャンピオンシップの第2戦でアキレス腱を断裂。以後、常に故障に悩まされ続けるも、「怪我をネガティブに考えたことは一度もなかった」(高木談)というプラス思考で広島の中心選手として活躍を続ける。1997年にはフランスW杯予選の最終予選で最終戦のカザフスタン戦に招集され1得点を挙げたが、続くプレーオフのイラン戦(ジョホールバルの歓喜)ではメンバー外となり、翌年の本大会でも日本代表には選ばれなかった。そしてカザフスタン戦が高木にとって日本代表での最後の出場試合となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た南高来郡

    長崎県南高来郡北有馬町(現・南島原市)出身。小学生時代は野球少年で、「堀内2世」と周囲に言われた豪腕投手だった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た日本サッカーリーグ

    大学卒業後、フジタ(現:湘南ベルマーレ)を経て1991年にマツダSC(現:サンフレッチェ広島)に入団。早くから攻撃の中心選手として活躍し、チームがサンフレッチェ広島として発足するとプロ契約、1992年にはJSL新人王に輝いた。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たサッカーカザフスタン代表

    1994年には、イワン・ハシェックと抜群のコンビで、広島のサントリーシリーズ優勝の原動力となった。しかし、同年のJリーグチャンピオンシップの第2戦でアキレス腱を断裂。以後、常に故障に悩まされ続けるも、「怪我をネガティブに考えたことは一度もなかった」(高木談)というプラス思考で広島の中心選手として活躍を続ける。1997年にはフランスW杯予選の最終予選で最終戦のカザフスタン戦に招集され1得点を挙げたが、続くプレーオフのイラン戦(ジョホールバルの歓喜)ではメンバー外となり、翌年の本大会でも日本代表には選ばれなかった。そしてカザフスタン戦が高木にとって日本代表での最後の出場試合となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見たカテナチオ

    しかし高木就任後、チームは15戦無敗。新監督として過去にない好成績を残し、J2加入以来5年間下位に沈んでいたチームを一気に昇格争い出来るチームへ変貌させた。更にイタリア代表の堅固な守備を称したカテナチオをもじって名付けられた「ハマナチオ」は、770分間連続無失点のJリーグ新記録及び7試合連続無失点のJ2タイ記録も樹立し、選手・サポーターの信頼を勝ち得た。11月26日、第50節(残り1試合)での鳥栖戦の勝利と、同節の他チームの結果によってJ1昇格を決定させると共に、指導者として初のタイトル(J2優勝)を獲得。初物づくしの一年となり、高木の手腕はサッカー評論家などの間で高く評価された。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示

「高木琢也」のニューストピックワード