前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た高木純平高木純平

    ゴトビ体制3年目。愛媛FCから内田健太、札幌から?原寿康、高木純平、カタール1部のアル・アラビからバレーを完全移籍で獲得。イ・ミンス(湘南)、樋口寛規(FC岐阜)、橘章斗(松本山雅)、岡根直哉(山形)、竹内涼(北九州)、廣井友信(熊本)が期限付き移籍先から復帰、三浦弦太、六平光成、藤田息吹、加賀美翔が新加入。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た高木純平高木純平

    一方、岐阜から太田岳志、町田から平智広、ナウチコからドウグラス、タイ2部・エアフォース・ユナイテッドFCから船山祐二、清水から高木純平を完全移籍で、横浜FMから鈴木椋大を期限付き移籍で獲得。また、期限付き移籍していた北脇健慈、楠美圭史が復帰し、アラン・ピニェイロは完全移籍に移行、高木善朗の期限付き移籍期間が延長された。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た高木純平高木純平

    シーズン途中には、昨年は岐阜に所属していた中村英之を完全移籍で獲得し、清水から高木純平を、G大阪から小椋祥平を、鹿島から高崎寛之をレンタル移籍で獲得した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • ブレイズ熊本

    ブレイズ熊本から見た高木純平高木純平

    高木純平 (1998年清水エスパルスユース→2001年清水エスパルス→2010年7月コンサドーレ札幌) ※転校のためジュニアユース途中で退団ブレイズ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 髙木純平

    髙木純平から見た高木純平高木純平

    髙木純平 フレッシュアイペディアより)

  • 日高拓磨

    日高拓磨から見た高木純平高木純平

    2011年、札幌でもディフェンダーとして登録され、背番号は退団した吉弘充志が背負っていた2を与えられることが決まった。クラブからは右サイドバックの主力として期待されたものの、開幕前のキャンプ中に左足腓骨骨折の重傷を負い、長期離脱を余儀なくされたことで出遅れてしまい、札幌での公式戦初出場は5月8日のJ2第11節熊本戦まで持ち越しとなった。日高はこの試合に右サイドバックとして先発起用されフル出場を果たすもチームは惜しくも敗戦している。続く5月15日のJ2第12節鳥取戦では高卒新人の三上陽輔の得点をアシストし、守備でも相手攻撃陣を無失点に抑え勝利に貢献した。これらの活躍もあって監督の石崎信弘の信頼を得ると、日高が戦列を離れていた間にサイドバックの代役を務めていた高木純平らとポジションを争いながら、以降も右サイドバックの主力としてコンスタントに起用され続け攻守に渡りチームを支え、一時はチームの失点数もリーグ最少失点を記録し堅守を誇ったが、同時に深刻な得点力不足にも陥っており序盤は下位に沈むこととなった。シーズン中盤に入ると右サイドバックの主力に定着し、また、若手の横野純貴が台頭したことや、7月にはジオゴが途中加入した事で前線に攻撃の起点が出来ると、サイドバックのポジションからの積極的な攻撃参加も顕著に見られるようになり、チームの成績も一気に向上し首位争いを演じるまでに上昇した。終盤は出場機会が限られ欠場した試合も見られたものの、年間を通して主力として活躍しJ1昇格に貢献した1人となった。日高拓磨 フレッシュアイペディアより)

  • 三上陽輔

    三上陽輔から見た高木純平高木純平

    トップチームでの初ゴールは2010年10月16日、札幌厚別公園競技場でのJ2第30節甲府戦であった。後半4分、甲府陣内左サイド深い位置でのパス回しからMF高木純平が出したグラウンダーのクロスに、ゴールエリア右側に走り込んだ三上が左足で合わせてゴールを決めた。この得点シーンについて三上は試合後、「左サイドで完全に崩していたので、ゴール前で信じて待っていました」とコメントした。当初三上のトップチーム帯同はこの試合までの予定であったが、この試合後、クラブ側の希望により帯同スケジュールは次節の富山戦まで延長となった。三上陽輔 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本賢明

    岡本賢明から見た高木純平高木純平

    2010年はこの年より加入した内村圭宏、2年目の古田寛幸の台頭に加え、シーズン途中には高木純平が加入しポジション争いが激化する中で公式戦19試合に出場し4ゴールを挙げた。中でも9月5日の天皇杯2回戦盛岡戦ではプロ入り後初の1試合2ゴールを挙げ勝利に貢献した。10月には前年に続けて右膝の怪我を負い残りのシーズンを棒に振った。岡本賢明 フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見た高木純平高木純平

    2011年、背番号は前年に石川直樹が背負っていた4を与えられ、ミッドフィールダーとして登録された。この年の札幌は前年にこの石川以外にも守備陣を中心に多くの主力選手がチームを去り再編を余儀なくされていた事もあって、クラブから河合はチームの中心選手として期待され、監督の石崎信弘からの指名により 札幌加入初年度ながらキャプテンを任される事になった。リーグ戦では、最終ラインの要として期待されたチアゴが調整不足の為に起用出来ず、河合と同じくこの年に移籍加入した若手の山下達也と共に開幕戦から不動のセンターバックとして守備を支え続け、一時はチームの失点数もリーグ最少を記録する。その一方でリーグ戦開幕当初から深刻な得点力不足にも陥っており 序盤は下位に低迷した。6月に入ると主力ボランチとして起用されていた芳賀博信が度重なる負傷による戦線離脱を繰り返し、8月からは高卒新人の櫛引一紀がセンターバックとして成長を見せスタメンに定着するようになると、河合はボランチにポジションを移し芳賀不在の穴を埋めるだけに留まらず、宮澤裕樹、高木純平らとダブルボランチを組み攻撃の起点としても活躍する。また、河合自身も10月30日のJ2第33節熊本戦では前半13分に先制点となる豪快なミドルシュートを決め勝利に貢献。これが河合のJ2初ゴールであった。これらの活躍もあってチームは好調を維持し続け、リーグ戦の後半から一気に成績も上昇し一時は首位に浮上した。終盤には連敗を喫するものの12月3日のJ2最終節F東京戦で勝利を収めた事で3位が決定しJ1昇格を果たす。最終的にこのシーズンはリーグ戦の全38試合のうち累積警告により出場停止となった1試合を除く全試合にスタメンで起用され、出場時間もチームトップの山下達也に次ぐ3,326分に到達するなど、チームの中心選手として札幌のJ1昇格には欠かせない大活躍のシーズンとなった。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 9月1日

    9月1日から見た高木純平高木純平

    1982年 - 高木純平、サッカー選手9月1日 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示