前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • 大東敏治

    大東敏治から見た高杉良高杉良

    団塊世代の星ともいわれ、高杉良1996年の小説「組織に埋れず」(改題「辞表撤回」)のモデルとしても知られる。大東敏治 フレッシュアイペディアより)

  • 森和夫

    森和夫から見た高杉良高杉良

    森和夫の波瀾万丈の人生に興味を持った経済小説家の高杉良が、本人を説得して『燃ゆるとき』と題する小説を書いた。また、生前の森は一切の勲章を辞退し、財界活動も行わなかった。東洋水産の経営を退く際には『退職金が高過ぎる』として7分の1に減額させたという。森和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐高信

    佐高信から見た高杉良高杉良

    経済小説や歴史小説にも造詣が深く、池波正太郎、藤沢周平の熱心なファン。『金融腐蝕列島』(角川書店、1997年)など高杉良の著書の解説を多く手がける。佐高信 フレッシュアイペディアより)

  • 金融腐蝕列島

    金融腐蝕列島から見た高杉良高杉良

    『金融腐蝕列島』(きんゆうふしょくれっとう)は、高杉良による1997年初版の小説(経済小説)、およびそれに続く一連のシリーズ作品。日本の銀行・証券会社など金融業界の内情を描く。バブル景気崩壊後の1990年代後半から2000年代にかけての総会屋事件、不正融資、大蔵省・日銀汚職、メガバンク再編など、現実の時々に応じたテーマが設定される。金融腐蝕列島 フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスマン

    ビジネスマンから見た高杉良高杉良

    金融腐蝕列島シリーズ(高杉良の小説の映画化)ビジネスマン フレッシュアイペディアより)

  • 赤沢正道

    赤沢正道から見た高杉良高杉良

    高杉良著『不撓不屈』182頁によると、「…御殿山病院の波木院長から呼び出しを受けた。“森病院の件は呆気なく済んじゃった。縁戚の自民党の赤沢代議士に連絡して、赤沢さんから木村長官に一本電話を入れたら、長官から鹿沼税務署に電話が来て、あわてふためいた総務課長が森さんの家にすっ飛んで来たらしい。それで、どうもご心配かけて済みませんでした、で一件落着ですよ。森病院の二千万円の件はパーになっちゃった。飯塚さんも、この流儀でやれば、どうってことなかったのにねぇ”。昨年十二月一日に森病院の森昇二副院長から“今回の調査で二千万円ばかりの隠し預金が東京の銀行から出ちゃった”と恨みがましく言われたことを飯塚は思い出した。国税庁の長官自ら、脱税に与していたことになる。飯塚は返す言葉がなかった。」という。赤沢正道 フレッシュアイペディアより)

  • UFJ銀行

    UFJ銀行から見た高杉良高杉良

    特に、渡辺滉頭取(一橋大卒)時代、企画・秘書・人事中枢部門に権限を集中させ、同時に、一橋大・京都大出身者、中でも中村明秘書室長(京都大卒)が重用された。中村は、高杉良の小説『金融腐蝕列島』で「カミソリ佐藤」と呼ばれ恐れられる銀行マンのモデルとも言われ、頭取の渡辺に「私の思う通りにやらせてもらえば、三和を収益ナンバーワンにしてみせる」と豪語、行内で“七奉行”と呼ばれた若手秘書役(この一人に、UFJ銀行最後の頭取となる沖原隆宗が居た)を補佐官として登用し、権勢を揮う中、実際に業務純益・経常利益・当期利益で都市銀行トップを実現した。UFJ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 坪内寿夫

    坪内寿夫から見た高杉良高杉良

    1980年代の造船不況、韓国の台頭、円高によりグループの収益も悪化。鳴り物入りで乗り込んだ佐世保重工業の再建については、評価が分かれるところである。作家・高杉良は著書にて、坪内がいなければ佐世保重工業は手形の決済資金を調達できず間違いなく倒産していたと述べており、この事実関係をしっかりと踏まえる必要がある。坪内寿夫 フレッシュアイペディアより)

  • 光文社ペーパーバックス

    光文社ペーパーバックスから見た高杉良高杉良

    『亡国から再生へ A Nation Without Ethics』高杉良光文社ペーパーバックス フレッシュアイペディアより)

  • 勇気凛々

    勇気凛々から見た高杉良高杉良

    『勇気凛々』(ゆうきりんりん)は高杉良による企業小説である。勇気凛々 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「高杉良」のニューストピックワード