75件中 11 - 20件表示
  • 佐野極

    佐野極から見た高杉良高杉良

    都銀上位行のメガバンクへの再編が進む渦中で、高杉良の小説『金融腐蝕列島』のモデルとなった、三和銀行と東海銀行の合併における若手の中核メンバー。佐野極 フレッシュアイペディアより)

  • 第23回日本アカデミー賞

    第23回日本アカデミー賞から見た高杉良高杉良

    高杉良・鈴木智・木下麦太(金融腐蝕列島 呪縛)  第23回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田卓彦

    鶴田卓彦から見た高杉良高杉良

    高杉良の『乱気流』は鶴田を亀田光治郎としたモデル小説である。鶴田卓彦 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (三越)

    岡田茂 (三越)から見た高杉良高杉良

    高杉良の小説、「王国の崩壊」(新潮文庫)は岡田をモデルとしており、大下英治の経済小説、「小説三越・十三人のユダ」も岡田の解任劇までをモデルにしている。また、警視庁刑事の萩生田勝の「警視庁捜査二課」で岡田を取り調べたエピソード、見沢知廉の「囚人狂時代」には拘置所時代の岡田の姿が描かれている。岡田茂 (三越) フレッシュアイペディアより)

  • 八谷泰造

    八谷泰造から見た高杉良高杉良

    八谷 泰造(やたがい たいぞう、1906年12月14日 - 1970年3月23日)は、日本の技術者、実業家。日本触媒化学工業(現・日本触媒)創業者。高杉良の経済小説『炎の経営者』の主人公として実名で登場する日本の石油化学工業のパイオニア。八谷泰造 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋高見

    高橋高見から見た高杉良高杉良

    闘う経営者(講談社、1988年) ※改題『社長の器』高杉良(講談社文庫、1992年)高橋高見 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋高望

    高橋高望から見た高杉良高杉良

    闘う経営者(講談社、1988年) ※改題『社長の器』高杉良(講談社文庫、1992年)高橋高望 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤克彦

    近藤克彦から見た高杉良高杉良

    高杉良による経済小説『呪縛-金融腐蝕列島2』に登場する朝日中央銀行の坂本昇頭取は近藤がモデルとなっている。また題名にある「呪縛」は近藤が記者会見時に総会屋への利益供与について「呪縛が解けなかった。」と述べたことに由来する。近藤克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 前田晃伸

    前田晃伸から見た高杉良高杉良

    高杉良『銀行大統合?小説みずほFG』(講談社、2001年)ISBN 4062748797前田晃伸 フレッシュアイペディアより)

  • 書き下ろし100冊

    書き下ろし100冊から見た高杉良高杉良

    高杉良 『反乱する管理職』書き下ろし100冊 フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「高杉良」のニューストピックワード