79件中 21 - 30件表示
  • 高橋高見

    高橋高見から見た高杉良高杉良

    闘う経営者(講談社、1988年) ※改題『社長の器』高杉良(講談社文庫、1992年)高橋高見 フレッシュアイペディアより)

  • 光文社ペーパーバックス

    光文社ペーパーバックスから見た高杉良高杉良

    『亡国から再生へ A Nation Without Ethics』高杉良光文社ペーパーバックス フレッシュアイペディアより)

  • 大分臨海工業地帯

    大分臨海工業地帯から見た高杉良高杉良

    1959年(昭和34年)に、大分川左岸から大野川左岸に至る海岸線に埋め立て地(1から5号地)を造成する第1期計画に着工。これらの埋立地には、九州石油(現・JXTGエネルギー、1964年操業)、九州電力(1969年営業運転開始)、昭和電工(1969年操業)、新日本製鐵(1972年第1高炉火入れ)等の企業の進出が進んだ。1963年(昭和38年)3月10日の旧大分市・鶴崎市等の合併による新大分市の誕生等によって要件を満たし、1964年(昭和39年)1月に新産業都市の指定を受けたこの地域は新産都の優等生と呼ばれた。昭和電工の石油化学コンビナートや、新日本製鐵の製鉄所は、それぞれの企業の中核施設であり、日本有数の大規模な施設でもある。また、昭和電工の石油化学コンビナートは高杉良の小説で後にドラマ化もされた『生命燃ゆ』のモデルとなったことでも知られる。大分臨海工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 川合将嗣

    川合将嗣から見た高杉良高杉良

    不撓不屈(高杉良原作 監督・森川時久 出演・滝田栄 松坂慶子)2007川合将嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 炎の経営者

    炎の経営者から見た高杉良高杉良

    『炎の経営者』(ほのおのけいえいしゃ)は、高杉良の経済小説。1986年にサンケイ出版(現・扶桑社)を通じて発表された。炎の経営者 フレッシュアイペディアより)

  • 燃ゆるとき

    燃ゆるときから見た高杉良高杉良

    『燃ゆるとき』(もゆるとき)は、高杉良によるビジネスマン小説。東洋水産が海外進出を果たした際の苦悩を元に描いたノンフィクション小説ともなっている。燃ゆるとき フレッシュアイペディアより)

  • 千代田生命保険

    千代田生命保険から見た高杉良高杉良

    高杉良 - 当社の破綻を「反乱する管理職」で書いた。千代田生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 書き下ろし100冊

    書き下ろし100冊から見た高杉良高杉良

    高杉良 『反乱する管理職』書き下ろし100冊 フレッシュアイペディアより)

  • 通産省4人組事件

    通産省4人組事件から見た高杉良高杉良

    本事件を題材にした小説作品として、高杉良『烈風 小説通産省』(講談社、1995年/文春文庫、2011年)がある。通産省4人組事件 フレッシュアイペディアより)

  • 清水一行

    清水一行から見た高杉良高杉良

    実際に起きた経済事件に関わった実在の人物をモデルに、企業の実態や事件の内幕を描く作風を確立した。高杉良、城山三郎らと並ぶ経済小説の第一人者として知られる。息子に自動車評論家の清水草一、孫にテレビ朝日アナウンサーの竹内由恵、俳優の竹内太郎がいる。清水一行 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示