75件中 21 - 30件表示
  • 中山素平

    中山素平から見た高杉良高杉良

    高杉良『小説日本興業銀行(第一部?第五部)』(講談社文庫、1990-1991年) - 中山素平を主人公とした本書には、彼の識見、行動力、人の心をつかむ魅力がいかんなく描かれている。中山素平 フレッシュアイペディアより)

  • 青木あすなろ建設

    青木あすなろ建設から見た高杉良高杉良

    高杉良の「小説ザ・ゼネコン」はバブル期前後の株式会社青木建設がモデルである。青木あすなろ建設 フレッシュアイペディアより)

  • 岸博幸

    岸博幸から見た高杉良高杉良

    2001年(平成13年)の第1次小泉内閣発足を機に、経済財政政策担当大臣補佐官に就任(大臣は竹中平蔵)、2002年からは金融担当大臣補佐官兼務。2004年以降は竹中の政務担当秘書官に就任。側近として、情報通信政策や郵政民営化などに携わる。「B層」の言葉が生まれるきっかけとなった宣伝企画立案を行なった、広告会社・スリードの代表を竹中に引き合わせたのも岸である。こうした竹中との親密ぶりにより、岸は高杉良の経済小説において竹中・木村剛とともに、外資への売国的な政策を行う代表的人物としてたびたび登場する。岸博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 通産省4人組事件

    通産省4人組事件から見た高杉良高杉良

    本事件を題材にした小説作品として、高杉良『烈風 小説通産省』(講談社、1995年/文春文庫、2011年)がある。通産省4人組事件 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱化学

    三菱化学から見た高杉良高杉良

    高杉良『懲戒解雇』、清水一行『背信重役』、大野誠治『明日を拓く情熱』:モデルとなった小説三菱化学 フレッシュアイペディアより)

  • 三越事件

    三越事件から見た高杉良高杉良

    高杉良の「王国の崩壊」(新潮文庫)は岡田を、大下英治の「小説三越・十三人のユダ」は、ジャーナリスト恩田貢より得た内部情報を基に、岡田の解任劇までをモデルにした経済小説である。三越事件 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保重工業

    佐世保重工業から見た高杉良高杉良

    一方でSSKの来島グループ入り前後の模様を描いた「太陽を、つかむ男」(角川書店、後に「小説 会社再建」と改題され集英社文庫に収録)を著した高杉良が指摘する様に、佐世保重工業 フレッシュアイペディアより)

  • 川合将司

    川合将司から見た高杉良高杉良

    不撓不屈(高杉良原作 監督・森川時久 出演・滝田栄 松坂慶子)2007川合将司 フレッシュアイペディアより)

  • 碓井優

    碓井優から見た高杉良高杉良

    なおこれら石川島播磨重工業からの脱藩までの経緯は、高杉良の小説『大脱走?スピンアウト?』で詳しく描かれている。碓井優 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢商会グループ

    大沢商会グループから見た高杉良高杉良

    高杉良 - 倒産から再建までのいきさつが、作品「会社蘇生」に著されている。大沢商会グループ フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「高杉良」のニューストピックワード