79件中 31 - 40件表示
  • 小山五郎

    小山五郎から見た高杉良高杉良

    三越が1982年に公正取引委員会からの審決・「古代ペルシャ秘宝展」の偽物騒ぎ・愛人への不当な利益供与などスキャンダルが続出した際(三越事件)、三越の社外取締役として岡田茂社長に辞職を勧めるが、岡田は語気を強めて五郎の提案を拒否。これを機に経営陣への根回しを行い、9月の岡田社長解任につなげる重要な役割を果たした。これについては高杉良が『王国の崩壊』(光文社、1984年 徳間文庫、2000年)として上梓している。小山五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保重工業

    佐世保重工業から見た高杉良高杉良

    一方でSSKの来島グループ入り前後の模様を描いた「太陽を、つかむ男」(角川書店、後に「小説 会社再建」と改題され集英社文庫に収録)を著した高杉良が指摘する様に、佐世保重工業 フレッシュアイペディアより)

  • 八谷泰造

    八谷泰造から見た高杉良高杉良

    八谷 泰造(やたがい たいぞう、1906年12月14日 - 1970年3月23日)は、日本の技術者、実業家。日本触媒化学工業(現・日本触媒)第2代社長(実質の創業者)。高杉良の経済小説『炎の経営者』の主人公として実名で登場する日本の石油化学工業のパイオニア。八谷泰造 フレッシュアイペディアより)

  • 生命燃ゆ

    生命燃ゆから見た高杉良高杉良

    『生命燃ゆ』(いのちもゆ)は、高杉良の企業小説、及びそれを原作としたテレビドラマ作品である。生命燃ゆ フレッシュアイペディアより)

  • 青木あすなろ建設

    青木あすなろ建設から見た高杉良高杉良

    高杉良の「小説ザ・ゼネコン」はバブル期前後の株式会社青木建設がモデルである。青木あすなろ建設 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢商会

    大沢商会から見た高杉良高杉良

    高杉良 - 倒産から再建までのいきさつが、作品「会社蘇生」に著されている。大沢商会 フレッシュアイペディアより)

  • 経済界 (出版社)

    経済界 (出版社)から見た高杉良高杉良

    高杉良 - 同誌をモデルに「濁流」を『週刊朝日』に連載。経済界 (出版社) フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (三越)

    岡田茂 (三越)から見た高杉良高杉良

    高杉良の小説、「王国の崩壊」(新潮文庫)は岡田をモデルとしており、大下英治の経済小説、「小説三越・十三人のユダ」も岡田の解任劇までをモデルにしている。また、警視庁刑事の萩生田勝の「警視庁捜査二課」で岡田を取り調べたエピソード、見沢知廉の「囚人狂時代」には東京拘置所時代の岡田の姿が描かれている。岡田茂 (三越) フレッシュアイペディアより)

  • 川合将嗣

    川合将嗣から見た高杉良高杉良

    不撓不屈(高杉良原作 監督・森川時久 出演・滝田栄 松坂慶子)2007川合将嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 東京にオリンピックを呼んだ男

    東京にオリンピックを呼んだ男から見た高杉良高杉良

    1964年東京オリンピックの誘致に尽力した日系アメリカ人、フレッド・イサム・ワダ(和田勇)を主人公に、和田がスポーツ界に係るきっかけからオリンピック誘致に成功するまでを描いた。原作は高杉良『祖国へ、熱き心を - 東京にオリンピックを呼んだ男 -』。東京にオリンピックを呼んだ男 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示