75件中 31 - 40件表示
  • 弘世現

    弘世現から見た高杉良高杉良

    長男・源太郎 日本生命元常務。44歳で死亡。小説『いのちの風』高杉良著のモデル。妻は松方正義の曾孫・信子。弘世現 フレッシュアイペディアより)

  • 川又克二

    川又克二から見た高杉良高杉良

    川又・塩路をモデルとした小説、高杉良『労働貴族』(新版徳間文庫、2005年)や、NHK特集『自動車』製作放映で1980年代前半に日産を取材したアメリカ人ジャーナリストのデイヴィッド・ハルバースタム『覇者の驕り 自動車・男たちの産業史』上・下(日本放送出版協会のち新潮文庫)に詳しい。川又克二 フレッシュアイペディアより)

  • 池田芳蔵

    池田芳蔵から見た高杉良高杉良

    神戸二中、旧制第三高等学校を経て1936年に東京帝国大学経済学部卒業。三井物産社長時代は山下英明を柱に据えイラン・ジャパン石油化学プロジェクト(IJPC)を積極的に推進したがイラン革命やイラン・イラク戦争などで撤退を余儀なくされた。このことは高杉良の『バンダルの塔』に詳しく書かれている。池田芳蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 江上 剛

    江上剛から見た高杉良高杉良

    1997年、第一勧業銀行総会屋利益供与事件に際し、広報部次長として混乱の収拾に尽力する。この事件後は、同行のコンプライアンス体制構築に大きな役割を果たす。また、この事件を元にした高杉良の小説およびそれを原作とした映画『金融腐蝕列島』のモデルともなった。江上剛 フレッシュアイペディアより)

  • 小山五郎

    小山五郎から見た高杉良高杉良

    三越が1982年に公正取引委員会からの審決・「古代ペルシャ秘宝展」の偽物騒ぎ・愛人への不当な利益供与などスキャンダルが続出した際(三越事件)、三越の社外取締役として岡田茂社長に辞職を勧めるが、岡田は語気を強めて五郎の提案を拒否。これを機に経営陣への根回しを行い、9月の岡田社長解任につなげる重要な役割を果たした。これについては高杉良が『王国の崩壊』(光文社、1984年 徳間文庫、2000年)に書いている。小山五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田力之

    杉田力之から見た高杉良高杉良

    映画化もされた高杉良の小説『金融腐蝕列島 呪縛』に登場する中山頭取のモデルとされる(映画版では根津甚八がキャスティングされた)。杉田力之 フレッシュアイペディアより)

  • 千代田生命保険

    千代田生命保険から見た高杉良高杉良

    高杉良 - 当社の破綻を「反乱する管理職」で書いた。千代田生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 古川 小百合

    古川小百合から見た高杉良高杉良

    挑戦 巨大外資 (高杉良 著)古川小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 関岡英之

    関岡英之から見た高杉良高杉良

    高杉良)「対談 米国の対日要求に迎合する日本」 『週刊金曜日』2006年関岡英之 フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・イサム・ワダ

    フレッド・イサム・ワダから見た高杉良高杉良

    『祖国へ、熱き心を - 東京にオリンピックを呼んだ男 -』(高杉良著、世界文化社、1990年)フレッド・イサム・ワダ フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「高杉良」のニューストピックワード