79件中 41 - 50件表示
  • 塩路一郎

    塩路一郎から見た高杉良高杉良

    高杉良:「労働貴族」塩路一郎 フレッシュアイペディアより)

  • マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき

    マルちゃん赤いきつねと緑のたぬきから見た高杉良高杉良

    「燃ゆるとき」(高杉良、実業之日本社)マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田卓彦

    鶴田卓彦から見た高杉良高杉良

    高杉良の『乱気流』は鶴田を亀田光治郎としたモデル小説である。鶴田卓彦 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱化学

    三菱化学から見た高杉良高杉良

    高杉良『懲戒解雇』、清水一行『背信重役』、大野誠治『明日を拓く情熱』:同社をモデルとした小説三菱化学 フレッシュアイペディアより)

  • 三和銀行

    三和銀行から見た高杉良高杉良

    1988年、第8代頭取に渡辺滉が就任、渡辺は、「新時代にふさわしい、最新にして最強、世界のユニバーサルバンクを目指そう」と提唱し、「3つのS?ストレングス、ストラテジー、スペシャリテイー」をコーポレート・カルチャーに据えた。また、大規模な機構改革を行い、企画・秘書・人事中枢部門に権限を集中させ、同時に、自らの出身校である一橋大と京都大出身者、中でも秘書室長である中村明を重用した。中村は、高杉良の小説『金融腐蝕列島』で「カミソリ佐藤」と呼ばれ恐れられる銀行マンのモデルとも言われ、頭取の渡辺に「私の思う通りにやらせてもらえば、三和を収益ナンバーワンにしてみせる」と豪語、行内で“7奉行”と呼ばれた若手秘書役(この一人に、UFJ銀行最後の頭取となる沖原隆宗がいた。)を補佐官として登用し、権勢をふるう中1992年、業務純益、経常利益、当期利益の3部門でトップとなり、三冠王を実現した。この間、首都圏主要駅周辺にATM網を整備し店舗数は有人・無人含め1,000を超えたものの首都圏での基盤は盤石化したとは言い難く、ATM整備の裏で第一勧業銀行や日本興業銀行との合併交渉を行ったがいずれも条件が折り合わず破談に終わる。この頃、バブル崩壊の影響を受け、多くのスキャンダルが噴出した。1992年10月、料亭経営者の尾上縫の架空預金証書事件では、経営難に陥った東洋信用金庫を救済合併し、東洋信金の一部店舗などを引き継いだ。三和銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ワタミ

    ワタミから見た高杉良高杉良

    高杉良『青年社長』(ダイヤモンド社・1999年、角川文庫・2002年) - 同社ならびに創業者の渡邉美樹を題材とした実名小説。ワタミ フレッシュアイペディアより)

  • 損害保険ジャパン

    損害保険ジャパンから見た高杉良高杉良

    高杉良『広報室沈黙す』(1987年、講談社) ISBN 4061841254損害保険ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 日本興業銀行

    日本興業銀行から見た高杉良高杉良

    高杉良『小説日本興業銀行(第一部 - 第四部)』(角川書店、1986年 - 1988年) - 文庫化にあたり加筆され5分冊(講談社文庫、1990年-1991年)日本興業銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 労働貴族

    労働貴族から見た高杉良高杉良

    日本の労働貴族の代表的な人物としては、日産自動車で権勢を振るい「塩路天皇」と呼ばれた塩路一郎、日本労働組合総連合会初代会長で“労働戦線統一”の功績により叙勲された山岸章が挙げられる。高杉良は『労働貴族』で塩路を登場人物のモデルにし、また『対決』においても労働貴族を採り上げている。労働貴族 フレッシュアイペディアより)

  • 第23回日本アカデミー賞

    第23回日本アカデミー賞から見た高杉良高杉良

    高杉良・鈴木智・木下麦太(金融腐蝕列島 呪縛)  第23回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示