75件中 41 - 50件表示
  • 日本触媒

    日本触媒から見た高杉良高杉良

    炎の経営者 - 高杉良の著書(サンケイ出版、1986年)。1950年11月、社長の八谷泰造が寝台急行筑紫に乗り込み、富士製鐵社長・永野重雄に出資を依頼するシーンから始まる。日本触媒 フレッシュアイペディアより)

  • 東ソー

    東ソーから見た高杉良高杉良

    高杉良 - 小説『バンダルの塔』では、東洋曹達工業(当時)からイラン・ジャパン石油化学会社(IJPC)に出向する社員が登場する。東ソー フレッシュアイペディアより)

  • 古河機械金属

    古河機械金属から見た高杉良高杉良

    高杉良『大逆転!?小説 三菱・第一銀行合併事件?』(1980年)古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • 大分臨海工業地帯

    大分臨海工業地帯から見た高杉良高杉良

    1959年(昭和34年)に、大分川左岸から大野川左岸に至る海岸線に埋め立て地(1から5号地)を造成する第1期計画に着工。これらの埋立地には、九州石油(現・JX日鉱日石エネルギー、1964年操業)、九州電力(1969年営業運転開始)、昭和電工(1969年操業)、新日本製鐵(1972年第1高炉火入れ)等の企業の進出が進んだ。1963年(昭和38年)3月10日の旧大分市・鶴崎市等の合併による新大分市の誕生等によって要件を満たし、1964年(昭和39年)1月に新産業都市の指定を受けたこの地域は新産都の優等生と呼ばれた。昭和電工の石油化学コンビナートや、新日本製鐵の製鉄所は、それぞれの企業の中核施設であり、日本有数の大規模な施設でもある。また、昭和電工の石油化学コンビナートは高杉良の小説で後にドラマ化もされた『生命燃ゆ』のモデルとなったことでも知られる。大分臨海工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • ワタミ

    ワタミから見た高杉良高杉良

    高杉良『青年社長』(ダイヤモンド社・1999年、角川文庫・2002年) - 同社ならびに創業者の渡邉美樹を題材とした実名小説。ワタミ フレッシュアイペディアより)

  • 損害保険ジャパン

    損害保険ジャパンから見た高杉良高杉良

    高杉良『広報室沈黙す』(1987年、講談社) ISBN 4061841254損害保険ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 労働貴族

    労働貴族から見た高杉良高杉良

    日本の労働貴族の代表的な人物としては、日産自動車で権勢を振るい「塩路天皇」と呼ばれた塩路一郎、日本労働組合総連合会初代会長で“労働戦線統一”の功績により叙勲された山岸章が挙げられる。高杉良は『労働貴族』で塩路を登場人物のモデルにし、また『対決』においても労働貴族を採り上げている。労働貴族 フレッシュアイペディアより)

  • 永野重雄

    永野重雄から見た高杉良高杉良

    1978年(昭和53年)の佐世保重工業の再建にあたり、坪内寿夫を社長に起用することについて重雄が尽力したことを高杉良『小説会社再建-太陽をつかむ男』(集英社文庫、1991年)が実名で取り上げている。永野重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 笠間治雄

    笠間治雄から見た高杉良高杉良

    高杉良の小説「呪縛 金融腐蝕列島?」(角川文庫)に登場する加納検事は笠間がモデルとされている。笠間治雄 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋泰文

    棚橋泰文から見た高杉良高杉良

    1987年に東大法学部を卒業し、通商産業省に入省。同期に泉田裕彦新潟県知事がいる。在職中に司法研修所に出向し、司法修習を修了した。1993年1月、通商産業省を退官(のちに棚橋の退職時の肩書きの箔付け人事をめぐる人事騒動(通産省4人組事件)が起きた。この騒動は高杉良の小説「局長罷免」の題材にもなっている)。同年2月に弁護士登録し、大垣市内で法律事務所を開設した。棚橋泰文 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「高杉良」のニューストピックワード