75件中 61 - 70件表示
  • 新生銀行

    新生銀行から見た高杉良高杉良

    高杉良 『ザ・外資』 光文社 ISBN 4-334-92354-2新生銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋水産

    東洋水産から見た高杉良高杉良

    高杉良の『燃ゆるとき』(実業之日本社、1990年(平成2年))(新潮文庫、1993年(平成5年))は、同社とその創業者である森和夫をモデルにした実名小説である。その続編『ザ エクセレントカンパニー?新・燃ゆるとき』(毎日新聞社、2003年(平成15年))(角川文庫、2005年(平成17年))では、東邦水産の高木遼太郎社長となっている。東洋水産 フレッシュアイペディアより)

  • みずほフィナンシャルグループ

    みずほフィナンシャルグループから見た高杉良高杉良

    高杉良『銀行大統合―小説みずほFG』 講談社〈講談社文庫〉、2004年、ISBN 4-0627-4879-7みずほフィナンシャルグループ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿沼市

    鹿沼市から見た高杉良高杉良

    飯塚毅(TKC創業者であり、禅哲学の実践者。彼を主人公にした高杉良原作の『不撓不屈』が2006年に映画化)鹿沼市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本経済新聞

    日本経済新聞から見た高杉良高杉良

    1971年3月11日、第一銀行と日本勧業銀行の合併をスクープ。高杉良の小説『大合併』の冒頭部はこのスクープに至るまでの経緯を基にしたもの。この報道により、日本新聞協会賞を受賞。日本経済新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た高杉良高杉良

    イスラムと国際政治を専門とする静岡県立大学国際関係学部准教授の宮田律は「欧米とイスラム世界の衝突があったときに、『歴史の必然』なんて言ったら、対立構造は残ってしまう。自民党の幹事長たる人がそういうことを言うのは、無責任」と指摘し「政治家としての主体的な努力を、一切放棄した発言に聞こえる」と述べた。なお、宮田と石原は大学時代の同級生であるが、宮田は「昔から言動に軽さの目立った石原君のことですから、感覚的に深い主張もなく、『歴史の必然』なんて言ったんでしょう」と慮っている。作家の高杉良は、自由民主党の「軽い政治家」の例として石原の名を挙げており「9・11のことを『歴史の必然』などと発言しているでしょう。そんな程度の幹事長です。軽すぎますよ」と評している。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和電工

    昭和電工から見た高杉良高杉良

    高杉良 - 昭和電工の大分石油コンビナート建設工事をもとに、小説『生命燃ゆ』を執筆。昭和電工 フレッシュアイペディアより)

  • 清水一行

    清水一行から見た高杉良高杉良

    清水 一行(しみず いっこう、1931年(昭和6年)1月12日 - 2010年(平成22年)3月15日)は、日本の小説家。実際に起きた経済事件に関わった実在の人物をモデルに、企業の実態や事件の内幕を描く作風を確立した。高杉良、城山三郎らと並ぶ経済小説の第一人者として知られる。清水一行 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県

    大分県から見た高杉良高杉良

    生命燃ゆ(高杉良、1983年(昭和58年))大分県 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学

    明治大学から見た高杉良高杉良

    著名経営者OBを描いた経済小説として、『外食王の飢え』(ロイヤルホールディングス創業者江頭匡一、城山三郎著)、『青年社長』(ワタミ創業者渡邉美樹、高杉良著)などがある明治大学 フレッシュアイペディアより)

75件中 61 - 70件表示

「高杉良」のニューストピックワード