113件中 91 - 100件表示
  • 高杉良

    高杉良から見た勇気凛々

    勇気凛々(角川書店、1998年/角川文庫、2000年/講談社文庫、2005年)高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た東京府

    東京府(現東京都)出身。子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た新潮文庫

    虚構の城(講談社、1976年、のち講談社文庫、1981年、新潮文庫、2000年、新装版として講談社文庫、2010年)高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た日本

    高杉 良(たかすぎ りょう、1939年1月25日 - )は、日本の小説家。ビジネスマン小説の巨匠として知られる。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た日本経済新聞

    業界紙の『石油化学新聞』に入社後、編集長まで務める。業界紙に務めている時に急性肝炎で入院し、会社に対して負い目を感じたことに加え、小学校からの友人だった大竹堅固(当時日本経済新聞記者)から小説を書くことを薦められて、作家として身を立てることを決意した。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た書き下ろし

    最初の『金融腐食列島』は高杉良経済小説全集への書き下ろしとして書かれ、反響の大きさから更に続編が書かれている。一流銀行の会長の娘が企業舎弟のような男に夢中になり、それによって銀行に食い込まれるという点は、住友銀行の磯田一郎元会長がモデル。この他、三和銀行の渡辺滉元会長・さくら銀行の末松謙一会長とおぼしき要素も加わっている(佐高信「汚濁にまみれた銀行への警鐘」本書の単行本の解説)。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見たサラリーマン

    1975年に『虚構の城』で作家デビューする。余りにリアリティーのあるストーリー展開だったために、モデルとなった出光興産の社員による内部告発ではないかと噂されるほど反響が大きかった。その後もサラリーマンの立場に立って数々の経済小説を著す。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た東京地方裁判所

    2004年に、高杉は『乱気流?小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。これは、当時日本経済新聞社の子会社の不正経理を巡るスキャンダルを描いた小説だったが、鶴田卓彦元社長は「自分たちをモデルにした事実無根の内容で名誉を棄損された」として、単行本出版などの差止めと損害賠償・謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴した(2007年4月11日の判決で、一部につき名誉毀損を認め、470万円の支払を命じられている)。この提訴の後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出し、高杉は「日経の企業体質が生んだ事件」と批判した。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た童話

    東京府(現東京都)出身。子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た週刊朝日

    経済界の佐藤正忠主幹がモデル。「週刊朝日」連載時には反響の大きさから部数が上向いたと言われている。『首魁の宴』は文庫のための書き下ろし。高杉良 フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「高杉良」のニューストピックワード