119件中 31 - 40件表示
  • 高杉良

    高杉良から見た鶴田卓彦

    2004年に、高杉は『乱気流?小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。これは、当時日本経済新聞社の子会社の不正経理を巡るスキャンダルを描いた小説だったが、鶴田卓彦元社長は「自分たちをモデルにした事実無根の内容で名誉を棄損された」として、単行本出版などの差止めと損害賠償・謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴した(2007年4月11日の判決で、一部につき名誉毀損を認め、470万円の支払を命じられている)。この提訴の後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出し、高杉は「日経の企業体質が生んだ事件」と批判した。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見たダイヤモンド社

    『消失 金融腐蝕列島 完結編』(1 - 4)(ダイヤモンド社、2007年)高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た弘世現

    44歳で亡くなった弘世源太郎日本生命常務(弘世現の長男)が広岡厳太郎として描かれている。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た渡辺滉

    最初の『金融腐食列島』は高杉良経済小説全集への書き下ろしとして書かれ、反響の大きさから更に続編が書かれている。一流銀行の会長の娘が企業舎弟のような男に夢中になり、それによって銀行に食い込まれるという点は、住友銀行の磯田一郎元会長がモデル。この他、三和銀行の渡辺滉元会長・さくら銀行の末松謙一社長とおぼしき要素も加わっている(佐高信「汚濁にまみれた銀行への警鐘」本書の単行本の解説)。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た宮内義彦

    オリックスの宮内義彦と思しき人物がモデル。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た岸博幸

    初期の作品は、大物ではないながらも逞しく生きるサラリーマン像(ミドル)を描いたものが多いが、時代が下るにつれて、よりダイナミックな起業家や経営者、組織の腐敗にスポットを当てるようになった。最近では告発めいた作品が多くなっている。また、竹中平蔵を「実体経済を知らない」と酷評し、竹中とその側近であった木村剛・岸博幸のトリオを、日本経済を誤った方向に導く悪人的存在として、小説中に仮名でたびたび登場させている。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た森和夫

    東洋水産の森和夫社長がモデル。文庫化にあたり副題『新・燃ゆるとき』が付けられた通り続編の扱いだが、前作が実名小説であるのに対し、本作は東邦水産の高木遼太郎社長となっている。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た坪内寿夫

    『太陽を、つかむ男?小説坪内寿夫』(角川書店、1985年。改題され 『小説会社再建?太陽を、つかむ男』(集英社文庫、1991年)高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た内藤正久

    内藤正久産業政策局長を中心に通商産業省の内紛を描く。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見たグリム兄弟

    東京府(現:東京都)出身。小学6年生だった昭和25年の夏休みに、2歳上の姉、4歳下の弟、9歳下の妹の3人とともに千葉県二宮町(現:船橋市)にあったキリスト教系の養護施設に預けられた。その経験をもとに自伝的長編小説『めぐみ園の夏』を2017年5月に上梓している。子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。早大中退。高杉良 フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示