119件中 41 - 50件表示
  • 高杉良

    高杉良から見たハンス・クリスチャン・アンデルセン

    東京府(現:東京都)出身。小学6年生だった昭和25年の夏休みに、2歳上の姉、4歳下の弟、9歳下の妹の3人とともに千葉県二宮町(現:船橋市)にあったキリスト教系の養護施設に預けられた。その経験をもとに自伝的長編小説『めぐみ園の夏』を2017年5月に上梓している。子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。早大中退。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た伊藤助成

    『巨大生保 王国の崩壊』として『週刊ダイヤモンド』に連載されていた。モデルは大日生命が日本生命、藤原会長は伊藤助成、鈴木社長は宇野郁夫とされる。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た木村剛 (コンサルタント)

    初期の作品は、大物ではないながらも逞しく生きるサラリーマン像(ミドル)を描いたものが多いが、時代が下るにつれて、よりダイナミックな起業家や経営者、組織の腐敗にスポットを当てるようになった。最近では告発めいた作品が多くなっている。また、竹中平蔵を「実体経済を知らない」と酷評し、竹中とその側近であった木村剛・岸博幸のトリオを、日本経済を誤った方向に導く悪人的存在として、小説中に仮名でたびたび登場させている。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た小倉昌男

    ヤマト運輸の小倉昌男元社長がモデル。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た岡田茂 (三越)

    岡田茂社長時代の三越がモデル。『夕刊フジ』のインタビューで「三越に務めているサラリーマンを描いてみたい」と答えていて、主人公も一サラリーマンになっている。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た中山素平

    中山素平を中心に、河上弘一総裁の引退から中山の引退までの日本興業銀行を描く。文庫化にあたり加筆され5分冊高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た高橋高見

    民社党衆議院議員だった高橋高望とその兄でミネベアの高橋高見元社長がモデル。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た磯田一郎

    最初の『金融腐食列島』は高杉良経済小説全集への書き下ろしとして書かれ、反響の大きさから更に続編が書かれている。一流銀行の会長の娘が企業舎弟のような男に夢中になり、それによって銀行に食い込まれるという点は、住友銀行の磯田一郎元会長がモデル。この他、三和銀行の渡辺滉元会長・さくら銀行の末松謙一社長とおぼしき要素も加わっている(佐高信「汚濁にまみれた銀行への警鐘」本書の単行本の解説)。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た碓井優

    石川島播磨重工業の外販ソフト部門を集団退社し、コスモ・エイティを発足させた碓井優ら80名の実名小説。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た高橋高望

    民社党衆議院議員だった高橋高望とその兄でミネベアの高橋高見元社長がモデル。高杉良 フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示