113件中 51 - 60件表示
  • 高杉良

    高杉良から見た川又克二

    日産自動車社長・会長の川又克二と塩路一郎自動車労連会長がモデル。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た宇野郁夫

    『巨大生保 王国の崩壊』として『週刊ダイヤモンド』に連載されていた。モデルは大日生命が日本生命、藤原会長は伊藤助成、鈴木社長は宇野郁夫とされる。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た八谷泰造

    日本触媒化学工業(現:日本触媒)の八谷泰造社長を主人公とする実名小説。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見たフレッド・イサム・ワダ

    祖国へ、熱き心を?フレッド・和田勇物語(上・下)(世界文化社、1990年)高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た内部告発

    1975年に『虚構の城』で作家デビューする。余りにリアリティーのあるストーリー展開だったために、モデルとなった出光興産の社員による内部告発ではないかと噂されるほど反響が大きかった。その後もサラリーマンの立場に立って数々の経済小説を著す。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た株主総会

    2006年7月4日に、日経を退職していた大竹から譲り受ける形で日経株を取得し、高杉は株主総会に出席しようとするが、日経側は大竹の社友資格を取り消すなどして、7月13日に株式売買が無効と通告した。これに対し、8月14日に高杉が一連の日経株取引を有効として、株主の地位確認を求める訴訟を提起した。更に、株主代表訴訟を起こして、日経の経営陣への批判の姿勢を強めた。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た塩路一郎

    日産自動車社長・会長の川又克二と塩路一郎自動車労連会長がモデル。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見たインサイダー取引

    2004年に、高杉は『乱気流?小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。これは、当時日本経済新聞社の子会社の不正経理を巡るスキャンダルを描いた小説だったが、鶴田卓彦元社長は「自分たちをモデルにした事実無根の内容で名誉を棄損された」として、単行本出版などの差止めと損害賠償・謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴した(2007年4月11日の判決で、一部につき名誉毀損を認め、470万円の支払を命じられている)。この提訴の後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出し、高杉は「日経の企業体質が生んだ事件」と批判した。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た経済産業省

    内藤正久産業政策局長を中心に通商産業省の内紛を描く。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見た尾上縫

    「日本興業銀行と尾上縫事件」、「興銀と『小説日本興業銀行』の間(対談VS.佐高信)」、「日産自動車と英国プロジェクト」、「三菱商事とサウジ石化プロジェクト」、「三菱油化とエリートの反乱」、「小説太陽神戸・三井銀行合併」の6篇からなる初のノンフィクション作品集。高杉良 フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「高杉良」のニューストピックワード