高松塚古墳 ニュース&Wiki etc.

高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年?710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。 (出典:Wikipedia)

「高松塚古墳」Q&A

  • Q&A

    奈良の観光について教えてください。 一日目に奈良に10:30頃に着いてから、法隆寺、…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月4日 22:28

  • Q&A

    天下りする奴らのために消費税増税に賛成する奴は馬鹿だよな? 転載しておくよ 何…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月10日 18:11

  • Q&A

    白鳳文化を勉強していて疑問に思った点があります。 絵画の話なのですが、「法隆寺金堂壁…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年8月29日 15:55

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高松塚古墳」のつながり調べ

  • 平山郁夫

    平山郁夫から見た高松塚古墳

    アッシジのサン・フランチェスコ聖堂壁画の模写、法隆寺金堂壁画の模写、高松塚古墳壁画の模写や、ユネスコ親善大使として北朝鮮の高句麗古墳群の世界遺産登録推進に寄与した功績で韓国政府より修交勲章興仁章受章、「文化財赤十字活動」の名のもとカンボジアのアンコール遺跡救済活動、敦煌の莫高窟の保存事業、南京城壁の修復事業、バーミヤンの大仏保護事業などの文化財保護や相互理解活動を評価されるなどその活動は幅広く社会への影響も大きい。(平山郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本切手

    日本切手から見た高松塚古墳

    戦後になると、1948年に社会事業共同募金のための寄附金付切手が発行されたのを皮切りに、東京オリンピックや札幌オリンピック、日本万国博覧会などの国家的事業のために発行されたほか、1973年に高松塚古墳保存基金募集のために同古墳の壁画を描く寄附金付切手が発行された。(日本切手 フレッシュアイペディアより)

「高松塚古墳」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高松塚古墳」のニューストピックワード