高松塚古墳 ニュース&Wiki etc.

高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年?710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高松塚古墳」のつながり調べ

  • 小しょうが

    小しょうがから見た高松塚古墳

    ショウガは元来多年生植物だが、日本では冬に地上部が枯れ、根茎が腐って越冬できないため、霜の降りる前に掘り取って土中に保存し、それを種ショウガとして翌春に植え付ける。奈良県の山間部では横穴を、平坦部では縦穴を掘って保存している。1970年(昭和45年)春、明日香村の村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、凝灰岩の四角い切石を見つけたことがきっかけとなって、高松塚古墳が発見された。(小しょうが フレッシュアイペディアより)

  • 二上山 (奈良県・大阪府)

    二上山 (奈良県・大阪府)から見た高松塚古墳

    古墳時代から飛鳥時代にかけて、二上山周辺は、海上の交通の要所、大阪湾・住吉津・難波津から、政治の中心の舞台である飛鳥地方への重要ルートとなり、二上山の南に、日本で最初の官道として知られる竹内街道が作られた。二上山の石切場から切り出された石材が高松塚古墳に使われた。謀反の疑惑をかけられて自害した、大津皇子の墓が雄岳山頂付近にある(ただし、大津皇子の墓ではないとする説もある)。(二上山 (奈良県・大阪府) フレッシュアイペディアより)

「高松塚古墳」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高松塚古墳」
地図情報

「高松塚古墳」のニューストピックワード