66件中 11 - 20件表示
  • 守屋多々志

    守屋多々志から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年(昭和47年)、文化庁より高松塚古墳壁画模写を委嘱され、東壁の女性群像を担当。守屋多々志 フレッシュアイペディアより)

  • 装飾古墳

    装飾古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    7世紀末から8世紀初めの奈良県高松塚古墳やキトラ古墳は、装飾古墳とは系統を異にするもので壁画古墳と呼び分けている。装飾古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 筒袖

    筒袖から見た高松塚古墳高松塚古墳

    また、平安時代前期までは、着物の袖は全て細い筒袖であったことが埴輪や高松塚古墳壁画、正倉院宝物から判明している。以後、国風文化の興隆や生活様式の変化により袖は巨大化していった。しかし、後世鎌倉時代の遺品である鶴岡八幡宮の神宝装束は身八つ口を縫い付けていることから、「平安時代の装束も巨大な筒袖だったのではないか」と言う説がある。筒袖 フレッシュアイペディアより)

  • 野口王墓

    野口王墓から見た高松塚古墳高松塚古墳

    646年(大化2)に薄葬令が出されたが、古墳造営のすべての否定ではなかった。一部の支配者層だけは、古墳の造営を続け、下級官人及び庶民は古墳造営が禁止されたのが実情である。言い換えると、一部厚葬、大多数薄葬であった。本古墳をはじめ、中尾山古墳、高松塚古墳などは薄葬令以降の古墳である。野口王墓 フレッシュアイペディアより)

  • 白岩伸介

    白岩伸介から見た高松塚古墳高松塚古墳

    福島県常葉町生まれ。東京藝術大学日本画科卒・専攻科修了。青郁会、鎌倉会所属。前田青邨、平山郁夫、須田珙中に師事。日本美術院院友。魚と人との関係のテーマの作品多数、その他ヨーロッパ風景画等。昭和49年、高松塚古墳復刻プロジェクトに携わる(白虎担当)農林水産省分室会議室、長官室、ウズベキスタン・日本人材開発センター等に飾られている。白岩伸介 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県道210号御園平田線

    奈良県道210号御園平田線から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳と飛鳥駅を結ぶアクセス路を担っている。奈良県道210号御園平田線 フレッシュアイペディアより)

  • 天寿国繍帳

    天寿国繍帳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    人物の服装をみると、男女とも盤領(あげくび)と呼ばれる丸い襟に筒袖の上着を着け、下半身には男子は袴、女子は裳を着けている。服装的には男女とも褶(ひらみ、袴や裳の上に着けた、短い襞状のもの)を着けるのが特色で、これは高松塚古墳壁画の男女像よりも古い服制であることが指摘されている。繍帳にみられるパルメット文と同様の文様は法隆寺金堂釈迦三尊像光背にもみられ、技法、意匠の両面から、原繍帳は飛鳥時代・7世紀の作であることが首肯される。天寿国繍帳 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一雄

    山崎一雄から見た高松塚古墳高松塚古墳

    化学者としての山崎は、無機化学、錯体化学の分野から古文化財についての調査研究を進め、紫外線や赤外線、或いはX線を用いた解析法、ベータ線後方散乱法など化学的手法で正倉院宝物、醍醐寺の五重塔壁画、高松塚古墳壁画といった古来の遺跡、文化財についての研究に参画している。自身の研究のベースに日本画、陶芸、漆芸なども取り入れていたことから、その方面の専門家とも交流を持っていたという。山崎一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 浅間山古墳 (栄町)

    浅間山古墳 (栄町)から見た高松塚古墳高松塚古墳

    出土品と漆膜の検出状況から、前室部には漆塗りの木棺が安置されていた可能性が高いと考えられている。浅間山古墳の漆塗棺に用いられている漆の質はあまり良くなく、精製を十分行っていない漆を木棺に直接塗ったものと考えられる。しかし6世紀末から7世紀にかけて、漆塗棺が用いられた例は複数見られるものの、その多くは高松塚古墳など、畿内の有力者を葬ったと考えられる古墳で、関東地方で漆塗棺が使用された例は、現在のところ浅間山古墳以外では埼玉県行田市にある八幡山古墳のみであり、貴重な例であるといえる。浅間山古墳 (栄町) フレッシュアイペディアより)

  • 弓削皇子

    弓削皇子から見た高松塚古墳高松塚古墳

    梅原猛著『黄泉の王』では、高松塚古墳の被葬者に比定されている。また、同書では万葉集を根拠に文武天皇の皇后であった紀皇女と密通し、それが原因で持統天皇によって処断されたとの仮説を述べている。後世の俗書では弓削道鏡との血縁であるなどの伝説もあるが証拠はない。弓削皇子 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「高松塚古墳」のニューストピックワード