85件中 11 - 20件表示
  • 高松塚

    高松塚から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚 フレッシュアイペディアより)

  • 玄室

    玄室から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳やキトラ古墳のように装飾古墳と呼ばれる古墳で描かれる絵の多くは、玄室の壁である。四方に四神を描いたものもある。玄室 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ山古墳

    マルコ山古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    南に向かって石室が開口している。床を含む内壁には漆喰がぬられていて、これは高松塚古墳やキトラ古墳などと同様な構造をしている。マルコ山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 日本考古学協会

    日本考古学協会から見た高松塚古墳高松塚古墳

    また、2000年に発覚した旧石器捏造事件問題やそれに関連する形で発生した聖嶽洞穴遺跡問題に関しては検討委員会を設置し、検証を重ねた。最近では『特別史跡高松塚古墳の保全・保護を求める声明』を採択し、関係機関へ働きかけをおこなっている。日本考古学協会 フレッシュアイペディアより)

  • 白岩伸介

    白岩伸介から見た高松塚古墳高松塚古墳

    福島県常葉町生まれ。東京藝術大学日本画科卒・専攻科修了。青郁会、鎌倉会所属。前田青邨、平山郁夫、須田珙中に師事。日本美術院院友。魚と人との関係のテーマの作品多数、その他ヨーロッパ風景画等。昭和49年、高松塚古墳復刻プロジェクトに携わる(白虎担当)農林水産省分室会議室、長官室、ウズベキスタン・日本人材開発センター等に飾られている。白岩伸介 フレッシュアイペディアより)

  • 小しょうが

    小しょうがから見た高松塚古墳高松塚古墳

    ショウガは元来多年生植物だが、日本では冬に地上部が枯れ、根茎が腐って越冬できないため、霜の降りる前に掘り取って土中に保存し、それを種ショウガとして翌春に植え付ける。奈良県の山間部では横穴を、平坦部では縦穴を掘って保存している。1970年(昭和45年)春、明日香村の村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、凝灰岩の四角い切石を見つけたことがきっかけとなって、高松塚古墳が発見された。小しょうが フレッシュアイペディアより)

  • 岡本健一 (考古学者)

    岡本健一 (考古学者)から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1961年京都大学文学部史学科国史専攻卒、毎日新聞社入社。1962年高松塚古墳発掘で被葬者の推定を行う。京都支局・社会部・学芸部に勤務。学芸部副部長、1982年部長・1985年論説委員兼編集委員、1991年論説副委員長、特別編集委員、1999年客員編集委員。1999年京都学園大学人間文化学部教授。2008年定年退職。1979年“稲荷山鉄剣銘発見”のスクープと一連の解説で日本新聞協会賞グランプリ、1999年長年の公正な文化財報道と啓発的な著作で藤森栄一賞(長野県考古学会賞)。岡本健一 (考古学者) フレッシュアイペディアより)

  • 日本切手

    日本切手から見た高松塚古墳高松塚古墳

    戦後になると、1948年に社会事業共同募金のための寄附金付切手が発行されたのを皮切りに、1964年東京オリンピックや札幌オリンピック、日本万国博覧会などの国家的事業のために発行されたほか、1973年に高松塚古墳保存基金募集のために同古墳の壁画を描く寄附金付切手が発行された。日本切手 フレッシュアイペディアより)

  • 邦光史郎

    邦光史郎から見た高松塚高松塚古墳

    幻の高松塚 光文社 1975 (カッパ・ノベルス) のち徳間文庫邦光史郎 フレッシュアイペディアより)

  • こて絵

    こて絵から見た高松塚古墳高松塚古墳

    こて絵は、左官が壁を塗るこてで絵を描いたもので、漆喰装飾の一技法。古くは高松塚古墳、法隆寺の金堂の壁画にあり歴史は古い。また天平年間の立体塑にも見られる。具体的には小さなこてを焼いて、それによって紙または板を焦がして描く。焼き絵、鉄筆ともいう。こて絵 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示