85件中 21 - 30件表示
  • ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2千年」

    ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2千年」から見た高松塚古墳高松塚古墳

    古代から現代に至るまでの日本・朝鮮半島間の交流の歴史を辿るシリーズの第1回。高句麗、高松塚古墳などを紹介する。ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2千年」 フレッシュアイペディアより)

  • 檜隈寺

    檜隈寺から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳の南方、東漢氏が居住していた檜前(ひのくま)の地に寺院跡がある。『日本書紀』の朱鳥元年(686年)8月条に「檜隈寺、軽寺、大窪寺に各百戸を封ず。三十年を限る」と見えるのが文献上の初出である。『書紀』のこの記事から、当時檜隈寺が存在したことがわかるが、この寺名が正史にみえるのはこの時のみである。檜隈寺 フレッシュアイペディアより)

  • 闘鶏山古墳

    闘鶏山古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    当初、石槨内の発掘を行わず保存を予定していた闘鶏山古墳であるが、現状保存に失敗した高松塚古墳の教訓もあり、石槨の実物大模型を作成して発掘を検討することとなった。闘鶏山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤圭章

    工藤圭章から見た高松塚高松塚古墳

    『日本美術全集 第3巻 飛鳥・白鳳の美術 高松塚と藤原京』上原和共編集 学習研究社 1980工藤圭章 フレッシュアイペディアより)

  • 文化展望

    文化展望から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳 飛鳥人からのメッセージ文化展望 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県道210号御園平田線

    奈良県道210号御園平田線から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳と飛鳥駅を結ぶアクセス路を担っている。奈良県道210号御園平田線 フレッシュアイペディアより)

  • 乾漆棺

    乾漆棺から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳(奈良県高市郡明日香村、天武天皇皇子?)乾漆棺 フレッシュアイペディアより)

  • 壁画

    壁画から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳(7世紀末 - 8世紀初頭:奈良県明日香村)壁画 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩重吾

    黒岩重吾から見た高松塚古墳高松塚古墳

    執筆の動機として、当時の古代史ブームの影響もあった他、古代史の舞台となった場所で生まれ育ち、百舌鳥古墳群の近くで遊んでおり、中学では飛鳥を中心にして古墳を利用するなどの軍事練習をしていたため、後に高松塚古墳が発見されたときに衝撃を受けたという(尾崎秀樹との対談(『紅蓮の女王』))。黒岩重吾 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一雄

    山崎一雄から見た高松塚古墳高松塚古墳

    化学者としての山崎は、無機化学、錯体化学の分野から古文化財についての調査研究を進め、紫外線や赤外線、或いはX線を用いた解析法、ベータ線後方散乱法など化学的手法で正倉院宝物、醍醐寺の五重塔壁画、高松塚古墳壁画といった古来の遺跡、文化財についての研究に参画している。自身の研究のベースに日本画、陶芸、漆芸なども取り入れていたことから、その方面の専門家とも交流を持っていたという。山崎一雄 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示