66件中 31 - 40件表示
  • 文化審議会

    文化審議会から見た高松塚古墳高松塚古墳

    2005年に判明した高松塚古墳の壁画損傷問題で、文化庁が文化財分科会に壁画の退色・損傷状況を過小報告していたことが発覚し問題となっている。文化審議会 フレッシュアイペディアより)

  • ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2千年」

    ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2千年」から見た高松塚古墳高松塚古墳

    古代から現代に至るまでの日本・朝鮮半島間の交流の歴史を辿るシリーズの第1回。高句麗、高松塚古墳などを紹介する。ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2千年」 フレッシュアイペディアより)

  • 版築

    版築から見た高松塚古墳高松塚古墳

    墳墓に版築を用いる例としては、吉野ヶ里遺跡の墳墓群や纒向型前方後円墳に確認することができ、多くの古墳で用いられている。近年、高松塚古墳においても版築の利用が確認された。古墳での利用は寺院での技術の応用であると考えられている。寺院では堂宇の基壇の地固めに版築を用いる。基壇の表面は石材で仕上げ、内部は深く掘り下げた後に版築で強固に固めてある。法隆寺では版築が多用され、多くの建物の下に版築で強化された地盤がある。版築 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史文化ライブラリー

    歴史文化ライブラリーから見た高松塚古墳高松塚古墳

    百橋明穂『古代壁画の世界 高松塚・キトラ・法隆寺金堂』歴史文化ライブラリー フレッシュアイペディアより)

  • 闘鶏山古墳

    闘鶏山古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    当初、石槨内の発掘を行わず保存を予定していた闘鶏山古墳であるが、現状保存に失敗した高松塚古墳の教訓もあり、石槨の実物大模型を作成して発掘を検討することとなった。闘鶏山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通

    奈良交通から見た高松塚古墳高松塚古墳

    定期観光バスにおいては、1970年以降は観光客のニーズにも変化が生じたため、時流などを見定めたコース新設が目立つようになった。1972年に高松塚古墳の壁画が発見され注目を集めたことに対応し、1975年に「飛鳥路史跡めぐり」コースが新設されたのをはじめとして、1982年からは季節コースの設定も行なわれた。さらに、観光キャンペーンにあわせた特別コースも設定されるようになった。また、1979年には定期観光バス運行50周年を記念してボンネットバスを投入したほか、1985年には天井をガラス張りにした車両が「奈良公園名所めぐり」に投入された。1987年には、定期観光バスのバスガイド制服を天平風スタイルに変更した。奈良交通 フレッシュアイペディアより)

  • 壁画

    壁画から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳(7世紀末 - 8世紀初頭:奈良県明日香村)壁画 フレッシュアイペディアより)

  • 四神

    四神から見た高松塚古墳高松塚古墳

    なお、中国では玄武は亀に蛇が絡まる姿で表現されることが多く、高松塚古墳の物もこの姿だが、日本のフィクションに登場する玄武は亀だけの姿で描かれる場合が大多数である。また玄武という名の通り、本来は黒が象徴色だが、象徴色が黒ではなく緑になっているのもよく見られる。本来緑が象徴色なのは青竜だが、文字通り青が象徴色になっている場合が多い。四神 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立畝傍高等学校

    奈良県立畝傍高等学校から見た高松塚古墳高松塚古墳

    網干善教 - 考古学者、関西大学名誉教授、高松塚古墳の発掘調査を指揮奈良県立畝傍高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 泉川秀文

    泉川秀文から見た高松塚古墳高松塚古墳

    2009年夏には叙趣スミスと結成した尺八デュオ“黒船”として電子音響と尺八を携え渡米、Penny Art Center(NY州立大)やBFLD-ZENcenterを中心にナイアガラからトロントに向かいコンサート、ラジオ出演を成功させた。また2009年から2010年に向かって平城遷都1300年祭関連イベントに精力的に出演。平城宮跡をはじめ東大寺南大門、石舞台古墳、高松塚古墳、當麻寺中之坊、大安寺、ならまち、なら燈花会などで演奏を繰り返し、古都の魅力と伝統楽器をアピールし続けた。泉川秀文 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「高松塚古墳」のニューストピックワード