85件中 31 - 40件表示
  • 国営飛鳥歴史公園

    国営飛鳥歴史公園から見た高松塚古墳高松塚古墳

    明日香村における歴史風土の保存については、昭和41年(1966年)に制定された古都保存法に基づいて約39haの区域が歴史的風土保存区域の指定を受け、所要の措置が講じられたが、村の周辺に急速な開発の波が押し寄せ延々と守り続けられた貴重な文化財や歴史的風土が失われていく状況にあった。国ではこれら貴重な歴史的遺産について、昭和45年(1970年)12月に「飛鳥地方における歴史的風土及び文化財の保存等に関する方策について」が閣議決定され、飛鳥地方の住民生活の向上と、歴史的風土及び文化的資産の保存、活用のための環境整備の一環として、昭和46年度から事業に着手し、祝戸地区1974年(昭和49年)7月 、石舞台地区1976年(昭和51年)8月、高松塚地区1990年(平成 2年)4月、甘樫丘地区平成6年(1994年)4月に開園し、4地区が全面開園した。平成13年(2001年)12月にはキトラ古墳周辺地区が新たに都市計画決定され、平成28年(2016年)9月24日、開園した。文化庁との連携で建設した極彩色壁画の保存・展示施設「キトラ古墳壁画体験館四神(しじん)の館」もオープンした。国営飛鳥歴史公園 フレッシュアイペディアより)

  • 泉川獅道

    泉川獅道から見た高松塚古墳高松塚古墳

    社会での音楽活動が本格的になるのは米国人尺八奏者ジョシュ・スミスと尺八デュオ黒船を結成した2008年以降。2009年夏、電子音響と尺八を携えスミスとともに渡米、カナダ・ナイアガラ市からアメリカ・バッファロー市にかけてコンサートツアー、ラジオ出演を成功させた。また2009年から2010年に向かって平城遷都1300年祭関連イベントに精力的に出演。平城宮跡をはじめ東大寺南大門、石舞台古墳、高松塚古墳、當麻寺中之坊、大安寺、ならまち、なら燈花会などで出演を重ね、古都の魅力と伝統楽器のアピールを続けた。2010年9月、APEC(環太平洋国際協力会議)観光大臣会合のレセプションでは、尺八+ピアノのオリジナル曲咲く良がアメリカ合衆国VIP等から絶賛される。オリジナル曲は度々、アメリカ・カーネギーホールのブーケショーなどでBGMに使用されている。2011年4月奈良県當麻寺中之坊より奏師号を拝受、各種伝統法要の中での献奏を許され、以後密教声明の中で研鑽を積む。同寺にて尺八教室「獅道尺八塾」を開講。2013年、東日本大震災復興支援「あゆみ観音プロジェクト」に参加。2014年10月アメリカ・バッファローにて和太鼓奏者林英哲・風雲の会と共演する。泉川獅道 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史文化ライブラリー

    歴史文化ライブラリーから見た高松塚古墳高松塚古墳

    百橋明穂『古代壁画の世界 高松塚・キトラ・法隆寺金堂』歴史文化ライブラリー フレッシュアイペディアより)

  • 平山郁夫

    平山郁夫から見た高松塚古墳高松塚古墳

    アッシジのサン・フランチェスコ聖堂壁画の模写、法隆寺金堂壁画の模写、高松塚古墳壁画の模写や、ユネスコ親善大使として北朝鮮の高句麗古墳群の世界遺産登録推進に寄与した功績で韓国政府より修交勲章興仁章受章、「文化財赤十字活動」の名のもとカンボジアのアンコール遺跡救済活動、敦煌の莫高窟の保存事業、南京城壁の修復事業、バーミヤンの大仏保護事業などの文化財保護や相互理解活動を評価されるなどその活動は幅広く社会への影響も大きい。平山郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 二十八宿

    二十八宿から見た高松塚古墳高松塚古墳

    日本における最初の二十八宿図は、7世紀から8世紀頃に造られた高松塚古墳やキトラ古墳の壁画で白虎などの四神と共に見付かっており、中国の天文学体系がこの頃には渡来していたことを伺わせる。二十八宿 フレッシュアイペディアより)

  • 明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法

    明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法から見た高松塚古墳高松塚古墳

    第一種地区は、石舞台古墳、高松塚古墳、岡寺、伝飛鳥板葺宮跡(飛鳥京跡)、甘樫丘を中心とする地域。現状変更が厳しく規制されている。明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 天寿国繍帳

    天寿国繍帳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    人物の服装をみると、男女とも盤領(あげくび)と呼ばれる丸い襟に筒袖の上着を着け、下半身には男子は袴、女子は裳を着けている。また、男女とも褶(ひらみ、袴や裳の上に着けた短い襞状のもの)を着けるのが特色で、これは高松塚古墳壁画の男女像よりも古い服制であることが指摘されている。繍帳にみられるパルメット文と同様の文様は法隆寺金堂釈迦三尊像光背にもみられ、技法、意匠の両面から、原繍帳は飛鳥時代・7世紀の作であることが首肯される。天寿国繍帳 フレッシュアイペディアより)

  • 守屋多々志

    守屋多々志から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年(昭和47年)、文化庁より高松塚古墳壁画模写を委嘱され、東壁の女性群像を担当。守屋多々志 フレッシュアイペディアより)

  • 版築

    版築から見た高松塚古墳高松塚古墳

    墳墓に版築を用いる例としては、吉野ヶ里遺跡の墳墓群や纒向型前方後円墳に確認することができ、多くの古墳で用いられている。近年、高松塚古墳においても版築の利用が確認された。古墳での利用は寺院での技術の応用であると考えられている。寺院では堂宇の基壇の地固めに版築を用いる。基壇の表面は石材で仕上げ、内部は深く掘り下げた後に版築で強固に固めてある。法隆寺では版築が多用され、多くの建物の下に版築で強化された地盤がある。版築 フレッシュアイペディアより)

  • 筒袖

    筒袖から見た高松塚古墳高松塚古墳

    平安時代前期までは、着物の袖は全て細い筒袖であったことが埴輪や高松塚古墳壁画、正倉院宝物から判明している。以後、国風文化の興隆や生活様式の変化により袖は巨大化していった。しかし、後世鎌倉時代の遺品である鶴岡八幡宮の神宝装束は身八つ口を縫い付けていることから、「平安時代の装束も巨大な筒袖だったのではないか」と言う説がある。筒袖 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示