66件中 41 - 50件表示
  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た高松塚古墳高松塚古墳

    6月27日 - 高松塚古墳の壁画を修復するため石室の解体を決定。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 高市皇子

    高市皇子から見た高松塚古墳高松塚古墳

    持統天皇10年(696年)7月10日薨御。『延喜式』諸陵によれば墓は「三立岡墓」で、大和国広瀬郡にあり、東西6町南北4町で守戸はなし。だが、高松塚古墳の被葬者を高市皇子とする説もある。高市皇子 フレッシュアイペディアより)

  • 截金

    截金から見た高松塚古墳高松塚古墳

    日本においては、7世紀半ばの飛鳥時代に朝鮮半島や中国大陸より仏像彫刻や仏画とともに伝わったといわれる。法隆寺所蔵玉虫厨子の須弥座上框下の請花花弁先端部分に小さな長菱形の截箔が施されており、これが国内に現存する最古の截金作品とされる。また、白鳳文化を代表する絵画である高松塚古墳壁画には天井に描かれた日月図に金箔と銀箔(鼠色に変色)の截箔が使用され、星宿図には直径0.9cmほどの円形の金箔が使用されている。截金 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩重吾

    黒岩重吾から見た高松塚古墳高松塚古墳

    執筆の動機として、当時の古代史ブームの影響もあった他、古代史の舞台となった場所で生まれ育ち、百舌鳥古墳群の近くで遊んでおり、中学では飛鳥を中心にして古墳を利用するなどの軍事練習をしていたため、後に高松塚古墳が発見されたときに衝撃を受けたという(尾崎秀樹との対談(『紅蓮の女王』))。黒岩重吾 フレッシュアイペディアより)

  • 檜隈寺

    檜隈寺から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳の南方、渡来系氏族が居住していた檜前(ひのくま)の地に寺院跡がある。『日本書紀』の朱鳥元年(686年)8月条に「檜隈寺、軽寺、大窪寺に各百戸を封ず。三十年を限る」と見えるのが文献上の初出である。『書紀』のこの記事から、当時檜隈寺が存在したことがわかるが、この寺名が正史にみえるのはこの時のみである。檜隈寺 フレッシュアイペディアより)

  • 瑠璃色

    瑠璃色から見た高松塚古墳高松塚古墳

    瑠璃は、西洋では伝統的に聖母マリアのローブの色として用いられていたが、日本では藍銅鉱からとれる群青が主流で、顔料としての瑠璃は高松塚古墳にわずかに使われたとの説があるに過ぎない。瑠璃色 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥光の回廊

    飛鳥光の回廊から見た高松塚古墳高松塚古墳

    Image:Illuminated Geoglyph in Asuka2010.JPG|光の地上絵「女子群像」(2010)飛鳥光の回廊 フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た高松塚古墳高松塚古墳

    2007年には奈良県の高松塚古墳の石室解体作業にも技術協力を行った。当時の新聞によると「モアイの時にお世話になった人に頼まれたから」1だという。お世話になった人とは石工職人左野勝司である。また2008年にはカンボジアのアンコール遺跡群修復のために製品を寄贈した。タダノ フレッシュアイペディアより)

  • 造山古墳 (岡山県)

    造山古墳 (岡山県)から見た高松塚古墳高松塚古墳

    陪塚とされる6基の中小古墳(国の史跡)のうち、千足装飾古墳では2009年10月に石障に描かれている呪術文様の剥落が発見されており、更に2010年5月には調査のため普段はほぼ水没した状態だった石室の水を抜いた際に白カビが発生する新たな問題も起こっている。このため岡山市教育委員会は、石障部分を取り外して保存する方針を決めた。実現すれば、高松塚古墳、キトラ古墳に次ぎ、国内3例目の事態となる。造山古墳 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • 穂積親王

    穂積親王から見た高松塚古墳高松塚古墳

    なお群馬県にある多胡碑には和銅4年3月9日(711年)の日付とともに、「太政官二品穂積親王」と彼の名が刻まれている。また彼を高松塚古墳の被葬者とする説もある。穂積親王 フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「高松塚古墳」のニューストピックワード