85件中 41 - 50件表示
  • 高尾山古墳

    高尾山古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    沼津市が高尾山古墳の保存断念を公表した5月25日、日本考古学協会は高尾山古墳の保存を求める会長声明を公表した。声明の中で高尾山古墳は日本の初期国家形成過程の画期である古墳文化形成を解明する上で極めて重要な遺跡であると位置づけられ、日本国民共有の文化遺産として将来にわたって保存、活用すべきとされた。これまで日本考古学協会が遺跡の保存問題に関して会長声明を出したのは高松塚古墳、鞆の浦しかなく、高尾山古墳が3例目となった。また静岡県考古学会も6月23日に、高尾山古墳は日本でも最古段階の大型古墳であり、重要な学術的価値を有し、日本国民にとってかけがえのない貴重な文化遺産であるとして、保存と活用を求めた要望書を提出した。一方、高尾山古墳の地元である金岡地区の5自治会は6月2日、朝夕の渋滞がひどく交通事故が多い等、劣悪な交通事情を訴えて沼津南一色線の早期建設を要望した。高尾山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 二上山 (奈良県・大阪府)

    二上山 (奈良県・大阪府)から見た高松塚古墳高松塚古墳

    古墳時代から飛鳥時代にかけて、二上山周辺は、海上の交通の要所、大阪湾・住吉津・難波津から、政治の中心の舞台である飛鳥地方への重要ルートとなり、二上山の南に、日本で最初の官道として知られる竹内街道が作られた。二上山の石切場から切り出された石材が高松塚古墳に使われた。謀反の疑惑をかけられて自害した、大津皇子の墓が雄岳山頂付近にある(ただし、大津皇子の墓ではないとする説もある)。二上山 (奈良県・大阪府) フレッシュアイペディアより)

  • 百橋明穂

    百橋明穂から見た高松塚高松塚古墳

    『古代壁画の世界 高松塚・キトラ・法隆寺金堂』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2010百橋明穂 フレッシュアイペディアより)

  • 明日香村立阪合小学校

    明日香村立阪合小学校から見た高松塚古墳高松塚古墳

    廃校前は児童の買い物が多く文具や昼食時にはカップラーメンやパン、珈琲牛乳などを購入するのに賑わっていたが廃校と共に人は減り、観光客が休憩の為に食べ物を買う程度の状況になっている。それでも当時は壁画が出土した高松塚古墳への道中の場所だったが現在は道が舗装され、この場所を通る必要性がなくなり、人の寄りも少なくなっている。明日香村立阪合小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見た高松塚古墳高松塚古墳

    考古学に関心を持つようになり、高松塚古墳の発掘で知られる考古学者となる。関西大学教授。78歳没。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 瑠璃色

    瑠璃色から見た高松塚古墳高松塚古墳

    瑠璃は、西洋では伝統的に聖母マリアのローブの色として用いられていたが、日本では藍銅鉱からとれる群青が主流で、顔料としての瑠璃は高松塚古墳にわずかに使われたとの説があるに過ぎない。瑠璃色 フレッシュアイペディアより)

  • キトラ古墳

    キトラ古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    キトラ古墳(キトラこふん)は、奈良県高市郡明日香村の南西部、阿部山に築かれた古墳。亀虎古墳とも書く。墳丘にある石室内に壁画が発見され高松塚古墳と共に保存事業が進められている。キトラ古墳 フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た高松塚古墳高松塚古墳

    2007年には奈良県の高松塚古墳の石室解体作業にも技術協力を行った。当時の新聞によると「モアイの時にお世話になった人に頼まれたから」だという。お世話になった人とは石工職人左野勝司である。また2008年にはカンボジアのアンコール遺跡群修復のために製品を寄贈した。タダノ フレッシュアイペディアより)

  • 3月21日

    3月21日から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年 - 高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 四神

    四神から見た高松塚古墳高松塚古墳

    高松塚古墳 - 壁画古墳ブームの火付け役。四神 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示