66件中 51 - 60件表示
  • 1972年

    1972年から見た高松塚古墳高松塚古墳

    3月21日 - 高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。1972年 フレッシュアイペディアより)

  • 3月21日

    3月21日から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年 - 日本の高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 二十八宿

    二十八宿から見た高松塚古墳高松塚古墳

    日本における最初の二十八宿図は、7世紀から8世紀頃に造られた高松塚古墳やキトラ古墳の壁画で白虎などの四神と共に見付かっており、中国の天文学体系がこの頃には渡来していたことを伺わせる。二十八宿 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国旗

    日本の国旗から見た高松塚古墳高松塚古墳

    世界中で歴史的に太陽が赤で描かれることは少なく、太陽は黄色または金色、それに対して月は白色または銀色で表すのが一般的である。日本でも古代から赤い真円で太陽を表すことは一般的ではなかったと思われる。例えば高松塚古墳、キトラ古墳には東西の壁に日象・月象が描かれているが、共に日象は金、月象は銀の真円で表されている。第42代文武天皇の即位以来、宮中の重要儀式では三足烏をかたどった銅烏幢に日月を象徴する日像幢と月像幢を伴って飾っていたことが知られるが、神宮文庫の『文安御即位調度之図』(文安元年記録)の写本からは、この日像幢が丸い金銅の地に赤く烏を描いたものであったことが確認されている。また世俗的にも『平家物語』などの記述などからも平安時代末期の頃までの「日輪」の表現は通常「赤地に金丸」であったと考えられている。日本の国旗 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代

    1970年代から見た高松塚古墳高松塚古墳

    奈良県明日香村で高松塚古墳が発掘される1970年代 フレッシュアイペディアより)

  • 関西大学

    関西大学から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年 考古学研究室が飛鳥の高松塚古墳を発掘調査し、極彩色の壁画を発見。関西大学 フレッシュアイペディアより)

  • 石澤良昭

    石澤良昭から見た高松塚古墳高松塚古墳

    2006年、「高松塚古墳取合部天井の崩落止め工事及び石室西壁の損傷事故に関する調査委員会」の委員長として、古墳内部のカビの大量発生と壁の損傷事故を国に報告すると同時に、文化庁の官僚組織の弊害や情報公開の姿勢を批判し、文化財・国宝の保護のあり方が社会問題化するきっかけとなった。2007年から文化庁文化審議会会長となり、「負の遺産」として足尾銅山の通洞坑跡を国指定の史跡に、熊本県のハンセン病の治療施設を登録有形文化財に登録する答申を出して注目された。石澤良昭 フレッシュアイペディアより)

  • 明日香村

    明日香村から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年(昭和47年)3月21日 - 高松塚古墳から彩色壁画が発見される。明日香村 フレッシュアイペディアより)

  • 慶雲

    慶雲から見た高松塚古墳高松塚古墳

    5月 : 刑部親王(忍壁皇子)没。9月、穂積親王を知太政官事に任ずる。このころ、高松塚古墳築造。慶雲 フレッシュアイペディアより)

  • 高句麗古墳群

    高句麗古墳群から見た高松塚古墳高松塚古墳

    今回の登録では高句麗の王、王族、貴族の墳墓63基が指定された。その多くは当時の高句麗の文化や風俗を生き生きと伝える壁画古墳である。北朝鮮の主な高句麗壁画古墳には安岳3号墳、徳興里古墳、修山里古墳、江西大墓などがあるが、これらの古墳壁画のなかには明日香村の高松塚古墳壁画との関連を指摘されるものもあり、古代日本に与えた影響も見逃せない。高句麗古墳群 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示

「高松塚古墳」のニューストピックワード