85件中 61 - 70件表示
  • 明日香村

    明日香村から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1972年(昭和47年)3月21日 - 高松塚古墳から彩色壁画が発見される。明日香村 フレッシュアイペディアより)

  • 末永雅雄

    末永雅雄から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1950年(昭和25年)、関西大学の講師に就任。その後も、高松塚古墳を初め、大和地方の古墳を多く手掛ける。また、航空機による古墳観察を初めて実践した。多くの後進の考古学者(伊達宗泰、網干善教、森浩一など)を育てたことでも知られる。同年代の考古学者だった同じ大阪府出身の梅原末治とは確執があったと評価せざるを得ない状況があった。末永雅雄 フレッシュアイペディアより)

  • 文化審議会

    文化審議会から見た高松塚古墳高松塚古墳

    2005年(平成17年)に判明した高松塚古墳の壁画損傷問題で、文化庁が文化財分科会に壁画の退色・損傷状況を過小報告していたことが発覚し、問題となっている。文化審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 漆喰

    漆喰から見た高松塚古墳高松塚古墳

    原始的な漆喰(ほぼ石灰)は日本では、部分的だが、縄文時代後期、約4000年前の遺跡(千葉市、大膳野南貝塚)から発見されたものが2012年時点では国内最古とされる。炉穴内部や周辺の床に厚さ1センチほどに塗り固められた状態で出土しており、玉川文化財研究所所長は、炉を封じる=住居を放棄する儀式に用いられたのではとの考えを示し、この地の縄文人が独自に開発するも広まらなかったのだろうと推測している。のちに漆喰の製法が古墳期に大陸側から渡来し、古墳(高松塚古墳壁画等)などにも使われている。漆喰 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代の日本

    1970年代の日本から見た高松塚古墳高松塚古墳

    奈良県明日香村で高松塚古墳が発掘される1970年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜

    コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜から見た高松塚古墳高松塚古墳

    その後、爾朗とライトが「ゼスサタンの残党」だと吹きこまれ彼らを倒そうと一悶着あった際、偶然高松塚古墳周辺でゼスサタンと共に封印されていた宿敵・竜神アサヒの石板が納められた古墳が発見されたと知り、衝動的に封印を解こうとしてしまう(後述するように、彼女とアサヒには敵味方を超えた切ない想いの交流があった)。しかしこれは爾朗らの説得により思い留まった。コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 フレッシュアイペディアより)

  • 造山古墳 (岡山市)

    造山古墳 (岡山市)から見た高松塚古墳高松塚古墳

    陪塚とされる6基の中小古墳(国の史跡)のうち、千足古墳では2009年10月に石障に描かれている呪術文様の剥落が発見されており、更に2010年5月には調査のため普段はほぼ水没した状態だった石室の水を抜いた際に白カビが発生する新たな問題も起こっている。このため岡山市教育委員会は、石障部分を取り外して保存する方針を決めた。実現すれば、高松塚古墳、キトラ古墳に次ぎ、国内3例目の事態となる。造山古墳 (岡山市) フレッシュアイペディアより)

  • 千足古墳

    千足古墳から見た高松塚古墳高松塚古墳

    2011年12月、剥離が確認された石障を石室の外へ搬出し、岡山市埋蔵文化財センターに移送する作業が行われた。保存措置のため石室内の装飾部分を搬出するのは奈良県明日香村の高松塚古墳、キトラ古墳に続いて3例目。千足古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た高松塚古墳高松塚古墳

    奈良県明日香村の高松塚古墳で、石室解体作業開始。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 関西大学博物館

    関西大学博物館から見た高松塚古墳高松塚古墳

    1994年4月に開館。資料の中心は、元毎日新聞社主の本山彦一のコレクションのほか、博物館収集の資料、関西大学考古学研究室の調査した出土資料など、重要文化財16点、重要美術品12点を含む合計約3万点で、2012年には、美術工芸部門考古資料の部で国の登録有形文化財の登録された。毎年春には特別展、秋には博物館実習の受講生による展示会がある。「大阪都市遺産研究センター」及び「高松塚古墳壁画再現展示室」がある。関西大学博物館 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示