1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示
  • 二上山 (奈良県・大阪府)

    二上山 (奈良県・大阪府)から見た高松塚古墳高松塚古墳

    古墳時代から飛鳥時代にかけて、二上山周辺は、海上の交通の要所、大阪湾・住吉津・難波津から、政治の中心の舞台である飛鳥地方への重要ルートとなり、二上山の南に、日本で最初の官道として知られる竹内街道が作られた。二上山の石切場から切り出された石材が高松塚古墳に使われた。謀反の疑惑をかけられて自害した、大津皇子の墓が雄岳山頂付近にある(但し、大津皇子の墓ではないとする説もある)。二上山 (奈良県・大阪府) フレッシュアイペディアより)

  • 平山郁夫

    平山郁夫から見た高松塚古墳高松塚古墳

    アッシジのサン・フランチェスコ聖堂壁画の模写、法隆寺金堂壁画の模写、高松塚古墳壁画の模写や、ユネスコ親善大使として北朝鮮の高句麗古墳群の世界遺産登録推進に寄与した功績で韓国政府より修交勲章興仁章受章、「文化財赤十字活動」の名のもとカンボジアのアンコール遺跡救済活動、敦煌の莫高窟の保存事業、南京城壁の修復事業、バーミヤンの大仏保護事業などの文化財保護や相互理解活動を評価されるなどその活動は幅広く社会への影響も大きい。平山郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た高松塚古墳高松塚古墳

    奈良県明日香村の高松塚古墳で、石室解体作業開始。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ふしぎ遊戯

    ふしぎ遊戯から見た高松塚古墳高松塚古墳

    第二部(OVA2参照)では高校生になった美朱が、学校行事で訪れた高松塚古墳で朱雀と再会。救いを求める声と魏に迫る危機に、鬼宿の記憶を探して、魏と再び本の世界へ降り立つ。朱雀七星士達との再会に感激するも束の間、激闘の直後に井宿と翼宿の手元に現れた石が魏の記憶だと知り、戦死した七星士達の石を求め、不気味な影を感じつつも旅を開始する。しかしその頃、現実世界である美朱の高校や奎介達の大学にも、妖しい影は迫りつつあった。ふしぎ遊戯 フレッシュアイペディアより)

  • 和服

    和服から見た高松塚古墳高松塚古墳

    7世紀末ごろに、国号が日本と決められた。7世紀末から8世紀初めに作られた高松塚古墳の壁画が1972年から研究された。飛鳥時代の人々の姿が描かれたもので現在も残っているのは、高松塚古墳の壁画だけである。その壁画の一部に描かれていた男子と女子の絵と、『日本書紀』の記述が、飛鳥時代の衣服の考古学上の資料である。現在の研究者達の報告によると、高松塚古墳の壁画の人物像では、男女ともに全ての衿の合わせ方が左衽(さじん)、つまり左前だったという。その壁画では、上半身を覆う服の裾が、下半身を覆う服と体の間に入っていないで、外に出て垂れ下がっているという。その壁画に描かれた服の帯は革でなく織物ではないかと推測されている。和服 フレッシュアイペディアより)

  • 河合隼雄

    河合隼雄から見た高松塚古墳高松塚古墳

    在任期間中の2002年4月、文部科学省が全国の小・中学校に配布した道徳の副教材『こころのノート』の編集に携わった。また、2004年には高松塚古墳の壁画がカビによって劣化していた事実を文化庁が隠蔽していたことが明らかになり、大問題となった。2006年7月から高松塚古墳壁画問題の件で国内各地で関係者に謝罪し、同年8月に公式謝罪を行った。河合隼雄 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示

「高松塚古墳」のニューストピックワード