前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示
  • 松山自動車道

    松山自動車道から見た高松自動車道高松自動車道

    高速道路ナンバリングによる路線番号は、川之江JCT - 松山IC間が徳島自動車道(徳島JCT(建設中) - 鳴門JCT間)・高松自動車道とともに、松山IC - 宇和島北IC間(大洲道路を含む)が宇和島道路・津島道路・中村宿毛道路・窪川佐賀道路・高知自動車道(四万十町中央IC - 高知IC間、須崎道路を含む)とともにと各区間割り振られている。松山自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪 - 高松線

    大阪 - 高松線から見た高松自動車道高松自動車道

    この路線は1996年に阪急バス・四国高速バスの2社の共同運行で新設され、瀬戸大橋を経由していたが、2001年に高松自動車道の高松中央IC - さぬき三木ICと津田東IC - 板野ICが開業し、先行開業していた高松東道路と繋がってからは神戸淡路鳴門自動車道(明石海峡大橋)経由に変更された(開通が遅れていた板野IC - 鳴門IC間は徳島県道12号鳴門池田線経由)。この時に両社とも新車に置き換えられ、スーパーハイデッカー3列シート車からハイデッカー4列シート車にグレードダウンした。また、西日本JRバス・四国旅客鉄道(当時)が同区間(大阪側の停留所はJR大阪駅)に参入した。大阪 - 高松線 フレッシュアイペディアより)

  • 高松東バイパス

    高松東バイパスから見た高松自動車道高松自動車道

    旧・高松東道路のうち、有料区間になっていなかった一般部のさぬき三木IC前交差点から上天神町交差点にかけてを指す。全区間において中央分離帯には高松自動車道の橋脚が立っており、当道路は直上に高架部としての高速道路が通る二層構造となっている。ただし、三木町部分は盛土方式であるため他区間とは様相を異にしている。高松東バイパス フレッシュアイペディアより)

  • ニューレオマワールド

    ニューレオマワールドから見た高松自動車道高松自動車道

    車で行く場合、松山・高知方面からは高松自動車道善通寺IC、岡山方面からは高松自動車道坂出ICが最寄りのICである。いずれのICからも約25分かかるうえ休日は渋滞に巻きこまれる確率が高い(善通寺からは国道319号、坂出からは国道438号と国道32号(旧道)が交差する岡田交差点が渋滞ポイント)。また、徳島自動車道美馬ICからでもアクセスは可能だが、約50分程度かかる。ニューレオマワールド フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県道12号鳴門池田線

    徳島県道12号鳴門池田線から見た高松自動車道高松自動車道

    現在は高知、愛媛方面から高速道路を使わない神戸淡路鳴門自動車道への短絡道路としても利用されている。また、高松自動車道鳴門・板野間の開通が遅れたことから、2001年 - 2002年には首都圏・京阪神・徳島 - 高松間の高速バスも経由していた。徳島県道12号鳴門池田線 フレッシュアイペディアより)

  • 遍路道

    遍路道から見た高松自動車道高松自動車道

    俳句茶屋からわずかに下ると遍路道が分かれ左へ。竹林の中を歩くと蛇谷池の堤の道になり、高松自動車道の側道から大池の畔を通り国道11号に出るが、すぐに香川県道48号善通寺詫間線に入る。三井之江で右折し細道を辿っていくと72番曼荼羅寺、73番出釈迦寺もすぐ近くである。再び県道に出て右の高台に池が見えてきたら左斜めに分岐する細道に入る。正面に甲山が見えるので麓を回り込むと74番甲山寺である。もう75番善通寺もすぐである。四国こどもとおとなの医療センターを目印に進み県道48号を横断して路地に入ると2つの伽藍の間に出る。普通はまず金堂(本堂)へ参拝するので先に左の東伽藍に入る。西伽藍には御影堂(大師堂)、宿坊、納経所がある。東伽藍の東門(赤門)を出て直進すると土讃線を越えて香川県道25号善通寺多度津線に突き当たる。県道を進んでもよいが、少し東に入り、高松自動車道善通寺ICの下を通る遍路道がある。76番金倉寺を出ると国道11号を横断し、清酒金陵の工場を過ぎるとほぼ一本道で77番道隆寺に約1時間で着く。さらに香川県道21号丸亀詫間豊浜線・香川県道33号高松善通寺線で丸亀の中心を通って進み宇夫階神社手前で右に入ると78番郷照寺である。遍路道 フレッシュアイペディアより)

  • 太田 (高松市)

    太田 (高松市)から見た高松自動車道高松自動車道

    2003年(平成15年)3月30日 - 高松自動車道高松中央IC-高松西IC開通。地区の真ん中を通過しているが地区内にICは無し。太田 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • 前田 (高松市)

    前田 (高松市)から見た高松自動車道高松自動車道

    2001年(平成13年)3月29日 - 高松自動車道のさぬき三木I.C. - 高松中央I.C.が開通。地区内にインターチェンジは無し。前田 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県道229号板野インター線

    徳島県道229号板野インター線から見た高松自動車道高松自動車道

    実質的には高松自動車道板野インターチェンジのランプウェイのため、県道標識などは設置されていない。徳島県道229号板野インター線 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県道43号中徳三谷高松線

    香川県道43号中徳三谷高松線から見た高松自動車道高松自動車道

    ここから当県道は2つのルートに分かれる。1つ目は現在は本線部分となっているルートで、三谷町中央交差点からそのまま4車線となって直進し、香川インテリジェントパークや高松道高松中央ICを経由し、木太町の詰田川西交差点で国道11号高松北バイパスと交差することによって終点となる。2つ目は現在は別線1及び2となっている部分で、南北部分はかつての本線である。別線1の起点である出作町の出作東交差点へは三谷町中央交差点から一旦、県道12号三木国分寺線を西進する。香川県道43号中徳三谷高松線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示

「高松自動車道」のニューストピックワード