53件中 31 - 40件表示
  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た坂出市

    三木トンネルを抜け、4車線になり高松市に入るとそれまでとは一変し、都市高速道路のように高架を走るようになる。高松檀紙IC-高松西ICのクランクを抜けると高架区間は高松西で終わり、そこからは再び山間を走り、坂出JCTで坂出・岡山方面と分岐する。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た暫定2車線

    鳴門ICから獅子の里三木BS付近までは対面通行の暫定2車線路であり、途中にアップダウンと高松道で最長の大坂トンネルがあるため、交通量が多いと渋滞が起こりやすい箇所でもある。土休日に高速道路に出入りすると1回あたり利用金額の上限が1000円に抑えられた2009年3月28日以後、初めてのゴールデンウィークとなった5月3日には上り(高松から鳴門方向)の大坂トンネル付近で30kmもの渋滞が発生した。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た国土交通大臣

    2010年(平成22年)4月9日 - 前原誠司国土交通大臣が2009年10月の補正予算見直しで全面凍結していた4車線化6区間のうち、高松東IC-鳴門ICの4車線化事業など4区間を整備すると発表。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た国土開発幹線自動車道

    高松自動車道(たかまつじどうしゃどう、TAKAMATSU EXPRESSWAY)は、徳島県鳴門市から香川県を経由して愛媛県四国中央市へ至る高速道路(高速自動車国道 + 一般国道自動車専用道路(A'))である。略称は高松道(たかまつどう、TAKAMATSU EXPWY)。国土開発幹線自動車道の路線名は、高知自動車道・松山自動車道の一部と併せて四国横断自動車道である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た国土開発幹線自動車道建設会議

    2009年4月27日に開催された第4回国土開発幹線自動車道建設会議で鳴門IC - 三木町・高松市境間の4車線化が盛り込まれ、それに伴い現在国道11号の自動車専用道路区間となっている津田東IC - 三木町・高松市境間について高松自動車道と位置付けることとされたため、将来的には高松自動車道に編入される予定である。。高松道の全線4車線化には建設費約680億円が見込まれるため、民主党政権は建設を一時凍結したものの、2012年度に再び凍結が解除された。凍結解除時点で4車線化事業を行う全線の用地取得はすべて完了しており、2018年度中の完成を目指して全線4車線化する予定である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た国道11号

    2009年4月27日に開催された第4回国土開発幹線自動車道建設会議で鳴門IC - 三木町・高松市境間の4車線化が盛り込まれ、それに伴い現在国道11号の自動車専用道路区間となっている津田東IC - 三木町・高松市境間について高松自動車道と位置付けることとされたため、将来的には高松自動車道に編入される予定である。。高松道の全線4車線化には建設費約680億円が見込まれるため、民主党政権は建設を一時凍結したものの、2012年度に再び凍結が解除された。凍結解除時点で4車線化事業を行う全線の用地取得はすべて完了しており、2018年度中の完成を目指して全線4車線化する予定である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た市町村道

    路線名の特記がないものは市道高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た四国中央市

    高松自動車道(たかまつじどうしゃどう、TAKAMATSU EXPRESSWAY)は、徳島県鳴門市から香川県を経由して愛媛県四国中央市へ至る高速道路(高速自動車国道 + 一般国道自動車専用道路(A'))である。略称は高松道(たかまつどう、TAKAMATSU EXPWY)。国土開発幹線自動車道の路線名は、高知自動車道・松山自動車道の一部と併せて四国横断自動車道である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た坂出ジャンクション

    交通量は全体的に西高東低となっているが、山となるのは瀬戸大橋に接続している坂出JCTであり、沿線最大都市高松市への玄関である高松西ICからそこまでの交通量・混雑率は当線中最多である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た自動車専用道路

    2009年4月27日に開催された第4回国土開発幹線自動車道建設会議で鳴門IC - 三木町・高松市境間の4車線化が盛り込まれ、それに伴い現在国道11号の自動車専用道路区間となっている津田東IC - 三木町・高松市境間について高松自動車道と位置付けることとされたため、将来的には高松自動車道に編入される予定である。。高松道の全線4車線化には建設費約680億円が見込まれるため、民主党政権は建設を一時凍結したものの、2012年度に再び凍結が解除された。凍結解除時点で4車線化事業を行う全線の用地取得はすべて完了しており、2018年度中の完成を目指して全線4車線化する予定である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「高松自動車道」のニューストピックワード