79件中 41 - 50件表示
  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た板野インターチェンジ

    板野IC付近 - 馬宿川橋東(111.3KP - 119.7KP)8.4 km、構造物:南唱谷トンネル(603 m)、北唱谷トンネル(684 m)、大坂トンネル(2032 m)高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た四国中央市

    高松自動車道(たかまつじどうしゃどう、TAKAMATSU EXPRESSWAY)は、徳島県鳴門市から香川県を経由して愛媛県四国中央市へ至る高速道路(高速自動車国道)である。略称は高松道(たかまつどう、TAKAMATSU EXPWY)。国土開発幹線自動車道の路線名は、高知自動車道・松山自動車道の一部と併せて四国横断自動車道である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た路線番号案内標識

    津田東ICから木田郡三木町・高松市境までの区間は、元々は高速道路(高速自動車国道)ではなく、「国道11号高松東道路」という一般国道のバイパス道路(高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)として建設された。そのため高松自動車道に編入される前は、高速道路部分との境界には「ここから高速道路」「ここから一般有料道路」の標識が設置されていた。この区間の最高速度は4車線化後も100 km/hにはならず80 km/hに設定される。また、建設費に税金(国2/3、香川県1/3)を充当する国土交通省の直轄事業と、日本道路公団(現西日本高速道路)が負担する有料道路事業が合併施行されているため、前後の高速道路部分とは連続しているにも関わらず(本線中には国道11号の路線番号案内標識や本線料金所なども一切設置されず、キロポストも連続している)開通時から個別採算制が適用されており、高速道路部分と比較して割高な料金体系になっている。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た坂出ジャンクション

    交通量は全体的に西高東低となっているが、山となるのは瀬戸大橋に接続している坂出JCTである。四国地方における高速道路では最大の混雑路線であり、沿線最大都市高松市への玄関である高松西ICから坂出JCTの交通量2万7226台は、四国地方の高速道路で最多である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た自動車専用道路

    4車線化に伴い現在国道11号高松東道路の自動車専用道路区間となっていた津田東IC - 三木町・高松市境間について高松自動車道と位置付けることとされたため、前述のとおり、2017年11月21日に編入された。なお、旧・高松東道路区間も標識では「高松自動車道」と案内されていた。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た松山インターチェンジ (愛媛県)

    高速道路ナンバリングによる路線番号は、徳島自動車道(徳島ジャンクション〈JCT〉(建設中) - 鳴門JCT間)・松山自動車道(川之江JCT - 松山インターチェンジ〈IC〉間)とともにが割り振られている。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た志度バスストップ

    津田の松原SA付近 - 志度IC付近(137.2KP - 144.6KP)7.4 km、構造物:津田トンネル(980 m)、志度トンネル(560 m)高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た京阪神

    この高松道が神戸淡路鳴門自動車道(大鳴門橋・明石海峡大橋)と直結したことで京阪神方面への流れが大きく変わり、当路線を通過する高松 - 京阪神方面の高速バスは屈指のドル箱路線にまで成長している。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た川之江ジャンクション

    高速道路ナンバリングによる路線番号は、徳島自動車道(徳島ジャンクション〈JCT〉(建設中) - 鳴門JCT間)・松山自動車道(川之江JCT - 松山インターチェンジ〈IC〉間)とともにが割り振られている。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見たバイパス道路

    津田東ICから木田郡三木町・高松市境までの区間は、元々は高速道路(高速自動車国道)ではなく、「国道11号高松東道路」という一般国道のバイパス道路(高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)として建設された。そのため高松自動車道に編入される前は、高速道路部分との境界には「ここから高速道路」「ここから一般有料道路」の標識が設置されていた。この区間の最高速度は4車線化後も100 km/hにはならず80 km/hに設定される。また、建設費に税金(国2/3、香川県1/3)を充当する国土交通省の直轄事業と、日本道路公団(現西日本高速道路)が負担する有料道路事業が合併施行されているため、前後の高速道路部分とは連続しているにも関わらず(本線中には国道11号の路線番号案内標識や本線料金所なども一切設置されず、キロポストも連続している)開通時から個別採算制が適用されており、高速道路部分と比較して割高な料金体系になっている。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「高松自動車道」のニューストピックワード