341件中 11 - 20件表示
  • 東京都立日比谷高等学校

    東京都立日比谷高等学校から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    ラグビー部 - 1960年に全国ベスト8、当時全国指折りの東京で昭和50年代まで関東大会最多出場校であった。東京都立日比谷高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道遠軽高等学校

    北海道遠軽高等学校から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    1940年(昭和15年)創立の北海道立の高等学校。全日制の校訓は文武両道、定時制は克己。かつては全日制商業科もあったが現在は廃止されている。部活動が盛んで全道・全国大会に出場する部が多い。2004年?2006年吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクールに3年連続出場。2012年ラグビー部が第92回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場し1勝。2013年野球部が第85回記念選抜高等学校野球大会に21世紀枠で出場が決定している。遠軽地方を代表する高等学校として、広く優秀な人材を輩出している。北海道遠軽高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校サッカー選手権大会

    全国高等学校サッカー選手権大会から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    1910年代から1920年代にかけて関西地方に於いて、特に朝日新聞大阪本社と大阪毎日新聞社(現:毎日新聞社)が主に新聞拡販を目的として野球を始め多くのスポーツイベントを開催した。1918年(1917年度)1月に、大阪府豊中村の豊中グラウンドで大阪毎日新聞社の主催により始まった「日本フートボール優勝大會」もその一つである。この大会は、もともとラグビーの関係者が大阪毎日新聞社に、ラグビー競技の大会として持ち込んだ企画で、日本のラグビーの始祖ともいうべき慶應を関西に招いて試合をしたいという狙いがあって大会名に「日本」という名を冠した。しかしラグビーは当時3チームしか関西でやっている学校がなくそれでは大会にならないということで、サッカーなら当時10いくつ関西でやっているということで、フットボールには、ラ式とア式とあるから、アソシエーションフットボール(ア式、サッカーは当時こう呼んだ)も入れて、ラグビーとの共同開催として「日本フートボール優勝大會」が行われた。但しこの慶應を呼ぶという話はラグビー部門に限ったことで、慶應のサッカー部(慶應義塾体育会ソッカー部)はまだ創部されていないから、サッカー部門とは全く関係がない。結局慶應のラグビー部(慶應義塾體育會蹴球部)は来場したが、相手が中学生ばかりなので怒って棄権して帰ったといわれるが「日本フートボール優勝大會」という名前を付けていたことが、後に一本化する際に優位に働いたとされる。つまりサッカーはラグビーの付属大会として始まり、ラグビー部門が前述の理由で付けた「日本フートボール優勝大會」という大袈裟な名前のおかげで生き残ったということになる。なお、サッカー部門と同時に始まったラグビー部門の方も全国高校ラグビー大会の前身となっている。この他、「日本フートボール優勝大會」と銘打っているように当初は「中等学校蹴球大会」という計画ではなかったため旧制中学校とは年長となる関西学院高等部が第1回から第6回大会まで、神戸高商が第3回大会に出場した。当時の関西にこれら旧制高等学校、旧制専門学校以上のカテゴリーの蹴球部がなかったから問題がなかったものと思われ『関西サッカーのあゆみ』30、31頁には「日本フートボール大會ですから。なんでも来いや」と記述されている。しかし実際は何でも参加させた訳ではなく、第1回から第8回大会までは関西以外からのチームの参加はなく、またラグビー部門のように(慶應は棄権したが)例えば関東から東京蹴球団や東京高等師範などを参加させたということもない。こうした他地域からの参入があれば、試合結果が変わるのは勿論、「高校サッカー選手権」の前身である「中学校蹴球大会」とは認められなかったかも知れない。後述するが、同時期に各地で「全国中等学校蹴球大会」と名乗る大会が数多く開催されたが、どれも参加は師範学校と旧制中学校のみで、これ以上のカテゴリーのチームの参加はなく、またこれらの大会には他地域からの参加があった()。大会は大阪朝日新聞社主催の全国中等学校優勝野球大会に対抗するべく、ラグビー競技の大会をメインとして始めたため、サッカー関係者には相談がなかった。『日本サッカーのあゆみ』には「蹴球関係者側の意見を尊重してもらう余地もなく、新聞社の方が先に立った」と書かれている。この毎日新聞が主催して大阪で始まった大会を現在の高校選手権の前身としている。全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 秋月三佳

    秋月三佳から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    2011年7月、『ミスマガジン2011』にて「ミス週刊少年マガジン賞」「高校ラグビー賞」をダブル受賞。合わせて「第91回高校ラグビー大会」イメージキャラクターにも選ばれる。10月、連続ドラマ『もっと熱いぞ!猫ヶ谷!!』にてドラマ初主演を果たす。秋月三佳 フレッシュアイペディアより)

  • みんなの甲子園

    みんなの甲子園から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    元々MBSでは、1982年より大会期間中の深夜放送でJNNスポーツデスク終了後、30分程度の同局のスポーツアナがキャスターを務めた『センバツ・ダイジェスト』なるハイライトを放送していた(同じ時期に開始された全国高等学校ラグビーフットボール大会のハイライト同様中継のダイジェスト映像中心)。その後1985?2000年代には、放送時間を1時間に拡大して関西を中心とした高校生のレポーター「セブンティーンレポーター」が、選手や応援席(近畿勢の学校中心)からのレポートを入れていた『球春!センバツ甲子園』、またアイドルタレントやお笑いタレントがMCを勤めていた『センバツバーニングスタジアム』と銘打って放送されていた。みんなの甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会

    全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    なお後援に毎日放送と開催地JNN系列テレビ局が入っているが、冬の全国大会とは異なり地上波・衛星放送を通してテレビ中継はせず、MBSホームページで動画配信のみを実施している。全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立長崎北陽台高等学校

    長崎県立長崎北陽台高等学校から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    1989年(平成元年)- ラグビー部が全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に初出場。長崎県立長崎北陽台高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第66回全国高等学校ラグビーフットボール大会

    第66回全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    第66回全国高等学校ラグビーフットボール大会(だい66かいぜんこくこうとうがっこうラグビーフットボールたいかい)は、1986年12月28日?1987年1月7日まで近鉄花園ラグビー場にて行われた、全国高校ラグビー選手権である。第66回全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回全国高等学校ラグビーフットボール大会

    第64回全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    第64回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、1984年12月27日から1985年1月7日まで近鉄花園ラグビー場にて行われた全国高等学校ラグビーフットボール大会である。第64回全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第65回全国高等学校ラグビーフットボール大会

    第65回全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た全国高等学校ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会

    第65回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、1985年12月27日から1986年1月7日まで近鉄花園ラグビー場にて行われた全国高等学校ラグビーフットボール大会である。優勝校は、東京第2地区代表の大東大一高で、初優勝。第65回全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

341件中 11 - 20件表示

「高校ラグビー」のニューストピックワード