263件中 31 - 40件表示
  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た武見敬三

    武見敬三 - 慶応(参議院議員、東海大学教授)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た橋下徹

    橋下徹 - 北野 (大阪市長、大阪府知事、弁護士)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た秋月三佳

    第91回(2011年度):秋月三佳(ミスマガ2011 ミス週刊少年マガジン)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た日本テレビ放送網

    1977年度(第57回)大会以降、毎日放送(MBS)が全国ネットによるテレビ中継を実施。TBS系(JNN)28局と独立UHF放送局12局(1995年開局のTOKYO MXを除く)、日本テレビ系列の秋田放送・福井放送・四国放送による共同制作機構が制作していた(製作著作は毎日放送とTBS。なお広域放送に当たるTBS、中部日本放送(現:CBCテレビ)、毎日放送の3局も原則として本社所在都府県=TBSは茨城と1998年度までの栃木含む=のみの担当だった)。中継スポンサーとして、初期は複数提供、後に単独提供で住友グループ各社が協賛した。また、毎年12月30日のハイライトは1992年は「39時間テレビ」・1993年 - 1995年は「報道30時間テレビ」といった長時間特別番組枠の枠内で放送されたが、後期に夕方に移行された。2000年度 - 2005年度は事前番組として深夜または翌日未明に5 - 10分程度の「花園伝説〜ここがすべての出発点〜」が放送されていた。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た毎日放送

    主催は全国高等学校体育連盟、日本ラグビーフットボール協会、大阪府、大阪府教育委員会、および毎日新聞社の各団体であり、スポーツ庁、日本体育協会、東大阪市、NHKが後援。神戸製鋼所、毎日放送が特別協賛をしている。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た住友ゴム工業

    決勝のスポンサーは、特別協賛社の神戸製鋼グループのほか、ダンロップ、関塾、ボラギノールの提供である。なお「KOBELCOスポーツスペシャル」とアナウンサーがコメントしているにも関らずKBS京都ではノンスポンサーであった(オープニング、エンディングも差し替え)。また準決勝までのハイライト・中継においても神戸製鋼がメイン協賛しているが、住友グループの事例とは異なり、複数協賛である。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た関西テレビ放送

    実況はJ SPORTSのラグビー中継レギュラーである谷口廣明、大前一樹、土居壮、矢野武、佐藤哲也に加えて、坂信一郎、住田洋、熊谷龍一、西達彦のフリーアナウンサーが担当。2009年度大会までは関西テレビのアナウンサーである山田恭弘、若田部克彦、林弘典も担当していた。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た東京メトロポリタンテレビジョン

    1977年度(第57回)大会以降、毎日放送(MBS)が全国ネットによるテレビ中継を実施。TBS系(JNN)28局と独立UHF放送局12局(1995年開局のTOKYO MXを除く)、日本テレビ系列の秋田放送・福井放送・四国放送による共同制作機構が制作していた(製作著作は毎日放送とTBS。なお広域放送に当たるTBS、中部日本放送(現:CBCテレビ)、毎日放送の3局も原則として本社所在都府県=TBSは茨城と1998年度までの栃木含む=のみの担当だった)。中継スポンサーとして、初期は複数提供、後に単独提供で住友グループ各社が協賛した。また、毎年12月30日のハイライトは1992年は「39時間テレビ」・1993年 - 1995年は「報道30時間テレビ」といった長時間特別番組枠の枠内で放送されたが、後期に夕方に移行された。2000年度 - 2005年度は事前番組として深夜または翌日未明に5 - 10分程度の「花園伝説〜ここがすべての出発点〜」が放送されていた。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た京阪電気鉄道

    戦前においては当初は同志社が圧倒的だったが、その後外地勢の強さが目立ち、朝鮮、台湾、満州などの代表がしばしば優勝を飾っている。戦後は秋田工、盛岡工や東京の保善、奈良の天理の台頭が顕著であったが、ここ20年は大阪・京都府勢の活躍が目立つ。特に京阪電鉄沿線には優勝校(伏見工(「スクール☆ウォーズ」のモデル)・啓光学園(現・常翔啓光学園)・東海大仰星・大阪工大高(現・常翔学園))が集中し常にハイレベルな練習試合を行い実力を磨いている。啓光学園は2001年度大会から4連覇を果たしたが、2005年度の大会では準々決勝で敗退し、戦後初となる5連覇は実現しなかった。2011年度は東福岡が史上5校目の3連覇となる4回目の優勝を果たした。また高校ラグビーの底上げのため2008年度から決勝戦の前座試合でU18合同チーム東西対抗戦が始まり、全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会に参加した選手を選抜し、選手の高校の所在地によって東西2チームにそれぞれ25名に分けて花園ラグビー場の第1グラウンドで行われている。さらに7人制ラグビーと女子ラグビーを広めるために2009年度・2010年度は女子7人制ラグビー東西対抗戦が女性選手を東西2チームそれぞれ11人(2010年度は10人)に分けて開会式終了後に第1グラウンドで行われて、2011年度からはU18花園女子セブンズ花園からオリンピックへが実施され、高校3年生以下の女子選手から40名を選抜して、まずハイパフォーマンスの部と普及の部に20人ずつ分けて、それぞれ10人で2チーム合計4チームを作り、それぞれの部で同じく開会式終了後に第1グラウンドで行われているが、2015年度大会は15人制ラグビーの試合で実施される予定である。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見たテレビ朝日

    毎日放送制作・TBS系全国ネットの土曜朝のワイドショー『知っとこ!』(2015年3月終了)では、大会及び準決勝ハイライト・決勝生中継の宣伝活動(キャスター陣のゲスト出演など)を一切実施しなかったが、同年4月から放送中の後継番組『サタデープラス』では、ハイライト番組のキャスターである小島がMC陣の1人として出演していることもあり、決勝直近回のエンディングで小島が決勝生中継を告知している。ハイライト番組については、高校野球の全国大会期間中に放送される『みんなの甲子園』(毎日放送制作)や『熱闘甲子園』(朝日放送・テレビ朝日共同制作)などと違って、決勝を振り返る回が制作・放送されない。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

263件中 31 - 40件表示