189件中 31 - 40件表示
  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た中部日本放送

    1977年度(第57回)大会以降、毎日放送(MBS)が全国ネットによるテレビ中継を実施。TBS系(JNN)28局と独立UHF放送局12局(MX除く)、日本テレビ系列の秋田放送・福井放送・四国放送による共同制作機構が制作していた(製作著作はMBSとTBS。なお広域放送に当たるTBS、CBC、MBSの3局も原則として本社所在都府県=TBSは茨城と1998年度までの栃木含む=のみの担当だった)。中継スポンサーとして、初期は複数提供、後に単独提供で住友グループ各社が協賛した。また、毎年12月30日のハイライトは1992年は「39時間テレビ」・1993年 - 1995年は「報道30時間テレビ」といった長時間特別番組枠の枠内で放送されたが、後期に夕方に移行された。2000年度 - 2005年度は事前番組として深夜時間帯に5 - 10分程度の「花園伝説〜ここがすべての出発点〜」が放送されていた。ハイライト・中継番組の製作著作クレジットは「毎日放送・TBS」ではなく「MBS・TBS」となっていた年度もある(1985年度等)。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た東京メトロポリタンテレビジョン

    1977年度(第57回)大会以降、毎日放送(MBS)が全国ネットによるテレビ中継を実施。TBS系(JNN)28局と独立UHF放送局12局(MX除く)、日本テレビ系列の秋田放送・福井放送・四国放送による共同制作機構が制作していた(製作著作はMBSとTBS。なお広域放送に当たるTBS、CBC、MBSの3局も原則として本社所在都府県=TBSは茨城と1998年度までの栃木含む=のみの担当だった)。中継スポンサーとして、初期は複数提供、後に単独提供で住友グループ各社が協賛した。また、毎年12月30日のハイライトは1992年は「39時間テレビ」・1993年 - 1995年は「報道30時間テレビ」といった長時間特別番組枠の枠内で放送されたが、後期に夕方に移行された。2000年度 - 2005年度は事前番組として深夜時間帯に5 - 10分程度の「花園伝説〜ここがすべての出発点〜」が放送されていた。ハイライト・中継番組の製作著作クレジットは「毎日放送・TBS」ではなく「MBS・TBS」となっていた年度もある(1985年度等)。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た京阪電気鉄道

    戦前においては当初は同志社が圧倒的だったが、その後外地勢の強さが目立ち、朝鮮、台湾、満州などの代表がしばしば優勝を飾っている。戦後は秋田工、盛岡工や東京の高校、天理の台頭が顕著であったが、ここ20年は大阪・京都府勢の活躍が目立つ。特に京阪電鉄沿線には優勝校(伏見工(「スクール☆ウォーズ」のモデル)・啓光学園(現・常翔啓光学園)・東海大仰星・大阪工大高(現・常翔学園))が集中し常にハイレベルな練習試合を行い実力を磨いている。啓光学園は2001年度大会から4連覇を果たしたが、2005年度の大会では準々決勝で敗退し、戦後初となる5連覇は実現しなかった。2011年度は東福岡が史上5校目の3連覇となる4回目の優勝を果たした。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た大畑大介

    本大会から神戸製鋼グループが特別協賛社となり、「KOBELCOスポーツスペシャル」として再スタートするが、放送体制は2002年度(第82回)大会からとほとんど変更されないまま。ただし従来から行っていた準決勝当日の地上波テレビ中継放送は廃止(決勝前日の1月6日深夜に大会ハイライトをJNN系列向けのネットセールス枠で放送)され、決勝戦のみが生放送(ネットセールス枠)される。インターネットでは準々決勝と準決勝を動画生中継配信する。またサンテレビジョンの中継が中止された。この大会以後、神戸製鋼所ラグビー部(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)・大畑大介選手がシーズン中にもかかわらず出演。ハイライトでは中川剛と共に注目の1試合のプレー解説を行い、決勝戦では副音声のゲスト解説を担当。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会

    全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会(春の熊谷)、サニックス・ワールド・ラグビー・ユース交流大会と並ぶ高校世代の三大タイトルの一つであり、その中で最も歴史が深い。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た高橋光臣高橋 光臣

    高橋光臣 - 啓光学園(俳優)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た鹿谷弥生

    第87回(2007年度):鹿谷弥生(ミスマガ2007 グランプリ)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た入船加澄実

    第86回(2006年度):入船加澄実(ミスマガ2006 審査員特別賞)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た村山仁志

    実況を担当するアナウンサーはJNNのスポーツ・アナウンサーを中心に約20名選抜され、大体4つにグループが分けられ2001年度(第81回)大会を参考にすると?最終日まで滞在(主にMBS・TBSアナ+決勝進出校担当アナ)?1月3日まで滞在(塩見啓一・佐藤修)?元日まで滞在(茅野正昌・一柳信行・宮本英樹)?12月30日まで滞在(卓田和広・星野一弘・吉田幸真・笹原忠義・村山仁志・本田史郎・田中正訓・谷口英明)となっていた。また、ラジオでもMBSや当該地域(こちらは任意)に向けて実況中継を行い、サンテレビ所属の谷口を除くメンバーで担当していたため、人によっては1日2試合担当していた。1990年代以降はMBSラジオで第一グラウンドの試合を中心にほぼ完全中継を行っていた。決勝はTBSラジオにも中継していた。なお、全体で70分程度の深夜ハイライト番組構成は試合のある地域はオープニング・挨拶(スタジオ)と当日の概略→CM→試合前半→CM→試合後半→CM→10分程度その日の結果(スタジオ)→CM→エンディング、試合のない地域は挨拶のあとハイライト?→CM→ハイライト?→CM→その日の結果→CM→エンディングとなる(2番目CMは同時ネット)。スタジオはMBS・TBS双方のアナウンサー1名ずつとラグビー関係者1名(大八木淳史、林敏之など)が出演していた。MBS・TBS・HBC・RSK・BSS・RKBは放送エリアの関係上1日に2試合(MBS・TBSは3試合の場合あり)放送する場合はダイジェストの形で放送した。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た桜庭ななみ桜庭 ななみ

    第88回(2008年度):桜庭ななみ(ミスマガ2008 グランプリ)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

189件中 31 - 40件表示

「高校ラグビー」のニューストピックワード