189件中 41 - 50件表示
  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た誠直也

    誠直也 - 福岡電波 (本名:古川誠剛、俳優)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た小林さり

    第89回(2009年度):小林さり(ミスマガ2009 グランプリ)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見たJ SPORTS

    2001年度(第81回)大会までの主広告主であった住友グループが提供を辞したため、2002年度(第82回)大会からは地上波テレビの中継が準決勝以降となり、準々決勝までは30分のダイジェスト放送へと縮小された。そのため、取り上げられる試合数は全国共通で試合内容よりも選手たちの人間ドラマに焦点を当てた3 - 4試合と激減し、初戦敗退の場合は字幕のみとなった学校もあった。準決勝・決勝のみネットセールスで、地区大会決勝 - 全国大会準々決勝までローカルセールスに。全国ネットはMBSの単独制作となった。この他CSのJ SPORTSによる生中継が開始された。地区大会に関しては北海道・茨城・奈良・佐賀大会(その後広島大会も同)の放送がなくなった。また、東京大会は2002年度 - 2003年度までは隣県のtvk、2004年度以降はMXが放送している。さらに2003年度(第83回)大会から準決勝・決勝の地上波放送がJNN系列28局、及び秋田放送・京都放送、サンテレビジョンに縮小された。2002年度(第82回)大会から大会中継のメインキャスターに兄弟漫才師・中川家(2人ともラグビー経験者)が担当するようになる。スポンサーはNECを中心とした複数社提供だった。2002年度(第82回)大会の準決勝が放送時間枠に入れ切れずに終了したため製作の毎日放送に多くの苦情が殺到した。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見たLOVE (歌手)Love

    第88回(2008年度):LOVE全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た茅野正昌

    実況を担当するアナウンサーはJNNのスポーツ・アナウンサーを中心に約20名選抜され、大体4つにグループが分けられ2001年度(第81回)大会を参考にすると?最終日まで滞在(主にMBS・TBSアナ+決勝進出校担当アナ)?1月3日まで滞在(塩見啓一・佐藤修)?元日まで滞在(茅野正昌・一柳信行・宮本英樹)?12月30日まで滞在(卓田和広・星野一弘・吉田幸真・笹原忠義・村山仁志・本田史郎・田中正訓・谷口英明)となっていた。また、ラジオでもMBSや当該地域(こちらは任意)に向けて実況中継を行い、サンテレビ所属の谷口を除くメンバーで担当していたため、人によっては1日2試合担当していた。1990年代以降はMBSラジオで第一グラウンドの試合を中心にほぼ完全中継を行っていた。決勝はTBSラジオにも中継していた。なお、全体で70分程度の深夜ハイライト番組構成は試合のある地域はオープニング・挨拶(スタジオ)と当日の概略→CM→試合前半→CM→試合後半→CM→10分程度その日の結果(スタジオ)→CM→エンディング、試合のない地域は挨拶のあとハイライト?→CM→ハイライト?→CM→その日の結果→CM→エンディングとなる(2番目CMは同時ネット)。スタジオはMBS・TBS双方のアナウンサー1名ずつとラグビー関係者1名(大八木淳史、林敏之など)が出演していた。MBS・TBS・HBC・RSK・BSS・RKBは放送エリアの関係上1日に2試合(MBS・TBSは3試合の場合あり)放送する場合はダイジェストの形で放送した。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た大前一樹

    実況はJ SPORTSのラグビー中継レギュラーである谷口広明、大前一樹、土居壮、矢野武、佐藤哲也に加えて、坂信一郎、住田洋、熊谷龍一、西達彦のフリーアナウンサーが担当。2009年度大会までは関西テレビのアナウンサーである山田恭弘、若田部克彦、林弘典も担当していた。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た山口由子

    第75回(1995年度):未来の扉/山口由子全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た林敏之

    実況を担当するアナウンサーはJNNのスポーツ・アナウンサーを中心に約20名選抜され、大体4つにグループが分けられ2001年度(第81回)大会を参考にすると?最終日まで滞在(主にMBS・TBSアナ+決勝進出校担当アナ)?1月3日まで滞在(塩見啓一・佐藤修)?元日まで滞在(茅野正昌・一柳信行・宮本英樹)?12月30日まで滞在(卓田和広・星野一弘・吉田幸真・笹原忠義・村山仁志・本田史郎・田中正訓・谷口英明)となっていた。また、ラジオでもMBSや当該地域(こちらは任意)に向けて実況中継を行い、サンテレビ所属の谷口を除くメンバーで担当していたため、人によっては1日2試合担当していた。1990年代以降はMBSラジオで第一グラウンドの試合を中心にほぼ完全中継を行っていた。決勝はTBSラジオにも中継していた。なお、全体で70分程度の深夜ハイライト番組構成は試合のある地域はオープニング・挨拶(スタジオ)と当日の概略→CM→試合前半→CM→試合後半→CM→10分程度その日の結果(スタジオ)→CM→エンディング、試合のない地域は挨拶のあとハイライト?→CM→ハイライト?→CM→その日の結果→CM→エンディングとなる(2番目CMは同時ネット)。スタジオはMBS・TBS双方のアナウンサー1名ずつとラグビー関係者1名(大八木淳史、林敏之など)が出演していた。MBS・TBS・HBC・RSK・BSS・RKBは放送エリアの関係上1日に2試合(MBS・TBSは3試合の場合あり)放送する場合はダイジェストの形で放送した。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た村田亙

    開幕前日の12月26日深夜(日付上は27日未明)に今大会の注目選手やチームをとりあげた1時間の事前番組を放送。決勝戦で地上デジタル放送、ワンセグ放送向けの連動データ放送を開始。ただし音声多重放送がなくなり、中川家が完全に降板。その代わりハイライトはMBSアナウンサーの3名体制&大畑大介、元木由記雄など神戸製鋼現役ラグビー選手1名、プレー解説に吉田明、村田亙(7人制ラグビー男子日本代表監督)が日替わりで出演。大会キャラクターの小林さりも準々決勝ハイライトまでの出演。また中継テーマ曲として使われたAqua Timez「One」は同年の第81回選抜高校野球中継エンディング曲だったりと、経費削減ぶりが目立った。準決勝(1月5日)は23:59 - 1:23に録画中継。決勝戦(1月7日)は生中継(準決勝と決勝生中継はJNNネットセールス)。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た若松将弘

    若松将弘 - 西陵商(競輪選手)全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

189件中 41 - 50件表示

「高校ラグビー」のニューストピックワード