高校柔道 ニュース&Wiki etc.

全国高等学校柔道選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうじゅうどうせんしゅけんたいかい)は、毎年3月に東京の日本武道館で開催される高等学校柔道大会である。1979年に男子団体戦の全国大会として始まった。通称で「春の武道館」もしくは「春高」とも呼ばれる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「全国高等学校柔道選手権大会」のつながり調べ

  • 福場由里子

    福場由里子から見た全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は小学校5年の時に郡上八幡スポーツ少年団で始めた。八幡中学へ進むが、当時の柔道部は女子の受け入れ態勢が整っていなかったために、ソフトボール部に入部して、柔道は時々スポーツ少年団で練習する程度だった。郡上高校へ進学すると、2年の時に全国高校選手権72kg級で優勝を飾った。3年の時には強化選手選考会で2位に入った。1990年には住友海上所属となると、強化選手選考会で優勝した。1991年には全日本選手権で3位入賞を果たした。1992年には強化選手選考会で2度目の優勝を飾った。1993年の選抜体重別では決勝で東海大学4年の松尾徳子に敗れた。アジア選手権では3位だったが、強化選手選考会では3度目の優勝を果たした。福岡国際では決勝で筑波大学1年の吉田早希を破って優勝した。1994年の選抜体重別では決勝でそごうの松尾に雪辱して、アジア大会代表に選ばれた。また、全日本選手権ではこの年から3年連続して3位になった。一方、アジア大会では準決勝で韓国の金美廷に敗れて3位だった。1995年の選抜体重別では、現役復帰してきたばかりのバルセロナオリンピック銀メダリストであるミキハウスの田辺陽子を2-1の判定ながら下して2連覇を達成した。田辺が国内の選手に敗れたのは実に9年ぶりのことであった。しかしながら、田辺に比べて国際大会での実績が乏しいことなどを理由に世界選手権代表には選ばれなかった。その後の全国女子体重別決勝でも3?0の判定で田辺を破ると、アジア選手権でも優勝を飾って、アトランタオリンピック代表への望みを繋げた。しかし、1996年の選抜体重別では準々決勝で埼玉大学2年の天尾美貴に内股で敗れたことで代表に選出されることはなかった。(福場由里子 フレッシュアイペディアより)

  • 小原拳哉

    小原拳哉から見た全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は10歳の時に講道館にある春日柔道クラブで始めた。同期にはベイカー茉秋がいた。文京区立第一中学から東海大相模高校に進学すると、高校選手権では2年の時に81kg級で優勝を飾った。団体戦では3位だった。3年になると、インターハイでも優勝を果たした。全日本ジュニアでは決勝で筑波大学の永瀬貴規に敗れるが、講道館杯では高校生ながら3位となった。(小原拳哉 フレッシュアイペディアより)

「全国高等学校柔道選手権大会」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高校柔道」のニューストピックワード