前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示
  • 黒木七都美

    黒木七都美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に岩倉柔道スポーツ少年団で始めた。小学校6年生の時には全国小学生学年別柔道大会の45kg級に出場するも、決勝トーナメント1回戦で敗れた。大成中学に進むと、大石道場に所属することとなった。2年の時には全国中学校柔道大会52kg級で香長中学3年の米澤夏帆に指導2で敗れて2位だった。近代柔道杯団体戦ではチームの優勝に貢献した。3年の時には全日本カデで優勝すると、全国中学校柔道大会でも優勝を飾った。大成高校に進むと、1年の時には全日本カデの決勝で国分中央高校2年の前田千島に技ありで敗れて2位にとどまった。アジアユースでは優勝を飾った。全国高校選手権では決勝で前田にGSに入ってから指導3で敗れて2位だった。団体戦では3位だった。2年の時にはインターハイ決勝で前田をGSに入ってから払巻込で破るなど、6試合オール一本勝ちで制した。ジュニア体重別では準決勝で筑波大学1年の内尾真子に敗れて3位だった。全国高校選手権では団体戦決勝で埼玉栄高校と対戦すると、48kg級の常見海琴に袈裟固で敗れてチームも2位に終わった。3年の時にはロシアジュニア国際決勝で前田に反則負けを喫して2位だった。名古屋で開催された東アジア選手権では、個人戦と団体戦でともに優勝した。インターハイでも2連覇を達成した。国体少年女子の部では、チームの主力である鍋倉那美と鈴木伊織とともに活躍して優勝を飾った。2016年には龍谷大学へ進学した。2年の時には優勝大会で3位となった。黒木七都美 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口徹 (柔道)

    谷口徹 (柔道)から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1998年東海大相模高校1年の時にはインターハイ団体戦の決勝で国士舘高校と対戦すると、大将戦で反則負けを喫して2-2と並んだ。代表戦では2歳年上の兄である望が鈴木桂治に払巻込の技ありで敗れて、チームは2位にとどまった。1999年高校選手権の団体戦で優勝を飾った。同年、全日本ジュニアの81kg級で3位となり、フランスジュニアでは、2位となった。。2000年高校選手権では3位だった。同年、全日本ジュニアの決勝で高校の1年先輩となる東海大学1年の鈴木貴士に敗れて2位だったものの、アジアジュニアでは優勝を飾った。谷口徹 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 阿武貴宏

    阿武貴宏から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    世田谷学園高校へ進むと、1年の時には全国高校選手権の団体戦で3位だった。2年の時にはインターハイ団体戦決勝で東海大学付属福岡高等学校|東海大第五高校と対戦すると、相手エースの中村佳央に後袈裟固で敗れるなどしてチームは2位にとどまった。全国高校選手権の団体戦ではエースの松本昌広や1年後輩の田辺勝などとともに活躍して優勝を勝ち取った。3年の時には金鷲旗で優勝するが、インターハイの団体戦では予選リーグで敗れて2年ぶり3度目の高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)はならなかった。阿武貴宏 フレッシュアイペディアより)

  • 中野竜

    中野竜から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    竜本人は3歳年上である兄の大に影響されて7歳の時に大竹道場で柔道を始めた。その後、朝飛道場に移った。なお、小学生時代は柔道以外にバスケットボールにも取り組んでいた。万騎が原中学から東海大相模高校へ進むと、1年の時には高校選手権の団体戦で優勝を飾った。但し、決勝ではメンバーから外された。2年の時には3位だった。中野竜 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木伊織

    鈴木伊織から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    大成高校に進むと、1年の時には全日本カデの準決勝で西尾に指導2で敗れて3位だった。インターハイでは団体戦で3位になった。全国高校選手権では無差別に出場して5位に入ると、団体戦でも3位になった。鈴木伊織 フレッシュアイペディアより)

  • 常見海琴

    常見海琴から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    埼玉栄高校へ進むと、1年の時には全日本カデで優勝を飾った。続く世界カデでも優勝を果たした。全国高校選手権では52kg級に出場して3位だったが、団体戦では決勝で桐蔭学園高校と対戦すると、同級生で78kg超級の冨田若春とともに勝利を収めてチームの優勝に貢献した。常見海琴 フレッシュアイペディアより)

  • 武田亮子

    武田亮子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    大成高校に進むと、1年の時には全日本カデで優勝した。金鷲旗では52kg級の選手ながら14人抜きを演じるなどの大活躍でチームの3位に貢献した。アジアカデでは2度目の優勝を飾った。その後階級を57kg級に上げると、全国高校選手権に出場するも3回戦で敗れた。2年の時には全日本カデの決勝で富士学苑高校2年の舟久保遥香に腕挫十字固で敗れて2位だったものの、17歳以下の世界一を決める大会である世界カデの代表となった。世界カデでは決勝でヨーロッパカデチャンピオンであるフィンランドのエミリア・カネルバ から技ありと有効2つを取って圧勝した。団体戦でも決勝のクロアチア戦で一本勝ちするなどチームの優勝に貢献した。その後再び階級を52kg級に戻すと、全国高校選手権では決勝で埼玉栄高校1年の富沢佳奈に有効で敗れて2位にとどまった。団体戦では決勝で敬愛高校と対戦して勝利するものの、チームは敗れて2位にとどまった。3年の時にはインターハイの準々決勝で富沢に払腰で敗れて5位に終わった。国体少年女子の部では愛知県の一員として優勝を飾った。武田亮子 フレッシュアイペディアより)

  • 久保井仁菜

    久保井仁菜から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は4歳の時に父親が指導者を務める久保井塾で双子の兄とともに始めた。小学校6年の時には全国小学生学年別柔道大会の45kg級に出場するも初戦で敗れた。松洋中学2年の時に全国中学校柔道大会44kg級に出場するが3回戦で敗れた。3年の時には決勝まで進むが、田主丸中学2年の古賀若菜に指導1で敗れた。京都文教高校へ進むと、1年の時に全日本カデ決勝で古賀に送襟絞で敗れて2位だった。全日本ジュニア44kg級では優勝を飾ったが、全国高校選手権には48kg級に出場して5位だった。2年の時には全日本カデ決勝で大成高校1年の河端悠を肩固で破るも、インターハイへの出場を優先して同時期に開催される17歳以下の世界一を決める世界カデ代表を辞退した。アジアジュニアでは優勝したが、インターハイには48kg級で出場して5位だった。全日本ジュニアでは2連覇を果たした。世界ジュニアでは全試合を得意の寝技で一本勝ちして優勝を飾った。この際に、フランスの著名な柔道サイトであるL'Esprit du Judoからコケシに似ていると言われた。全国高校選手権では3位だった。久保井仁菜 フレッシュアイペディアより)

  • 三冠 (柔道)

    三冠 (柔道)から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    日本の高等学校世代における柔道三冠とは、全国高等学校柔道選手権大会(高校選手権、春の武道館)・金鷲旗全国高等学校柔道大会(金鷲旗、夏の福岡)・全国高等学校総合体育大会柔道競技大会(インターハイ)の3つの大会を指し、また同一年でそれら3つの大会全ての団体戦を制覇した高校を指す称号である。三冠 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 川島巴瑠菜

    川島巴瑠菜から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に末広北道場で始めた。春光台中学3年の時には全国中学校柔道大会70kg超級決勝で小杉中学3年の田知本愛を破って優勝を飾った。旭川大高校へ進むと、1年の時には全国高校選手権の78kg超級で3位になった。3年の時にはインターハイ78kg級で2位となった。全日本ジュニアでは5位にとどまったにもかかわらず、1回戦負けの可能性もあるが優勝を狙うならこの選手しかいないということで、世界ジュニア代表に選出された。世界ジュニアでは決勝まで進むと、イギリスのサリー・コンウェイを大外刈の有効で破って優勝を飾り、コーチ陣の期待に応えた。ベルギー国際では2位だった。いくつかの有力大学から誘われたものの、2007年には地元の旭川大学に進むと、2年の時には学生体重別で3位に入った。3年からは学生体重別を2年連続で制した。大学を卒業後は北海道警察の所属となった。2015年には結婚した。川島巴瑠菜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示

「高校柔道」のニューストピックワード

  • POWER HALL2018〜Battle of another dimension〜

  • 天然ガスバス489台

  • セントラルワールド