前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 秋本啓之

    秋本啓之から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に始める。桐蔭学園高等学校時代、無差別で争われる全国高校選手権で、66kgの選手ながら重量級の選手を次々破って無差別級で優勝という快挙を成し遂げる。この時の対戦相手に2010年全日本柔道選手権大会2位の立山広喜がいる。秋本啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 太田晴奈

    太田晴奈から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    淑徳高校2年の全国高等学校柔道選手権大会では団体戦では2位に終わるも太田晴奈 フレッシュアイペディアより)

  • 真喜志慶治

    真喜志慶治から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1990年 - 全国高等学校柔道選手権大会 無差別 2位真喜志慶治 フレッシュアイペディアより)

  • 棟田康幸

    棟田康幸から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1998年、世田谷学園3年時、金鷲旗の決勝・国士舘高校戦において史上初となる4人抜きを成し遂げ、世田谷学園を優勝に導く。個人戦においても全国高等学校柔道選手権大会、インターハイを制覇し、史上最年少で嘉納治五郎杯優勝を飾るなど、名実ともに高校柔道界最強の選手と呼ばれた。棟田康幸 フレッシュアイペディアより)

  • 井上愛美

    井上愛美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    8歳の時に柔道を始めた。藍中学2年の時に全国中学校柔道大会団体戦で同級生の太田晴奈とともに優勝に貢献した。翌年の春には近代柔道杯でも優勝を遂げるが、全国中学校柔道大会の団体戦では決勝で敗れて連覇はならず、さらに個人戦では3位に終わった。新田高校2年の時にはインターハイ個人戦で2位となり、翌年の全国高校選手権では個人戦で優勝、団体戦で3位となった。高校3年の時には金鷲旗でチームを2位に押し上げる原動力となり、インターハイ個人戦ではオール一本勝ちで優勝を果たした。全日本ジュニアでは2位に終わるも世界ジュニア代表に選出されて、世界ジュニアでは優勝を成し遂げた。井上愛美 フレッシュアイペディアより)

  • 王子谷剛志

    王子谷剛志から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は7歳の時に始める。東海大相模中学時代は全国大会の個人戦、団体戦で何度か上位に入るが優勝までには至らず。しかしながら、東海大相模高校2年の時にメンバーの一員として団体戦高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)に貢献する。高校3年の時には全国大会の団体戦でいずれも国士舘高校に敗れて2位に終わるが、インターハイの個人戦では優勝する。さらに全日本ジュニアで優勝して、世界ジュニア代表に選出され、世界ジュニアにおいても決勝で東海大学に柔道留学している中国の王皓を破り、この階級で山下泰裕以来34年ぶりの優勝を成し遂げる。王子谷剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 梅木真美

    梅木真美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    2年の時には金鷲旗で優勝するが、インターハイでは個人戦は78kg超級に出場したものの準々決勝で敗れ、団体戦も2位に終わった。全日本ジュニアでは優勝して、世界ジュニアでも優勝を果たした。全国高校選手権では無差別に出場して3位だったが、団体戦では2位となった。インターハイは個人戦では2回戦で朝比奈沙羅に敗れたが、団体戦では優勝を飾った。全日本ジュニアでは昨年に続いて2連覇を達成した。梅木真美 フレッシュアイペディアより)

  • 山本杏

    山本杏から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    3月は高校選手権に出場して優勝を果たした。山本杏 フレッシュアイペディアより)

  • 上野順恵

    上野順恵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は3歳の時に両親が運営していた町道場で始めた。六合中学に入学すると、全国中学校柔道大会に1年の時は52kg級、2年の時には56kg級で出場するが、決勝トーナメント1回戦で下諏訪中学の徳久瞳に上四方固と判定でそれぞれ敗れた。3年の時には56kg級で2位となった。旭川南高校に進むと、全国高校選手権63kg級において、同級生で後に57kg級の世界チャンピオンとなる当時52kg級の佐藤愛子とともに2年連続優勝を成し遂げた。3年の時には国体少年女子の部で佐藤とともに北海道チームの優勝に貢献すると、全国女子体重別決勝では元世界チャンピオンである筑波大学の前田桂子を有効で破って優勝を飾った。福岡国際では決勝まで進むも筑波大学の谷本歩実に指導で敗れた。上野順恵 フレッシュアイペディアより)

  • 上野巴恵

    上野巴恵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    高校の時にはインターハイ で前人未到の3連覇を達成し、また、世界ジュニアをはじめとしたジュニアの国際大会でも次々と優勝して、その存在感を示す。しかしながら、2007年の全国高校選手権で左肘を怪我してからは、期待されているほどの結果を必ずしも示せずにいた。上野巴恵 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「高校柔道」のニューストピックワード