270件中 91 - 100件表示
  • 鍋倉那美

    鍋倉那美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    大成高校に進むと、1年の時には4月の全日本カデ決勝で世界カデチャンピオンである東大阪大敬愛高校2年の池を内股で破って優勝を飾った。8月のインターハイの個人戦では準決勝で桐蔭学園高校1年の嶺井に0?3の判定で敗れて3位だった。団体戦では準決勝で新田高校と対戦すると、中江が反則負けを喫したために3位だった。2014年3月の全国高校選手権個人戦決勝では、嶺井を準々決勝で破った新田高校2年の佐藤史織を判定で破って優勝を飾った。団体戦では準決勝で埼玉栄高校と対戦すると、代表戦で78kg超級の冨田若春に指導2で敗れて3位だった。鍋倉那美 フレッシュアイペディアより)

  • 素根輝

    素根輝から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    3月の全日本選手権九州予選では準決勝で児玉に敗れて本戦への出場を果たせなかった。続く全国高校選手権個人戦では決勝で大成高校2年の和田梨乃子を合技で破るなど、準決勝の指導2勝ち以外は全て一本勝ちして優勝を飾った。団体戦では準決勝の大成高校戦で勝利するもチームは敗れて3位だった。素根輝 フレッシュアイペディアより)

  • 篠原信一

    篠原信一から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    大柄な体型まかせの柔道は高校では通じず、高校時代は柔道を辞めたいと思いながらも監督の有井が怖くて辞めることができなかった。実際、よく殴られたりもしたという。育英高校では柔道の基礎を叩き込まれ、高校2年の高校選手権の個人戦では初戦で敗れたが団体戦では5位となった。高校3年の時にはインターハイ重量級に出場するが、決勝トーナメント2回戦で大阪工大高の吉野賢治に技ありで敗れた。篠原信一 フレッシュアイペディアより)

  • 新添左季

    新添左季から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    天理高校1年の時には全日本カデの準決勝で東大阪大敬愛高校1年の池に崩袈裟固で敗れて3位だった。インターハイと全国高校選手権ではそれぞれ初戦で敗れた。2年の時には全日本カデの準決勝で池に背負投で敗れて3位だった。インターハイでは初戦で敗れた。その後階級を70kg級に変更すると、全国高校選手権では準決勝で同じく階級を上げてきた池に背負投で敗れてまたもや3位にとどまった。3年の時にはインターハイの3回戦で敗れた。新添左季 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉ひかる

    児玉ひかるから見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    福岡県にある敬愛高校に進むと、1年の時には金鷲旗で2位、インターハイ団体戦では3位となった。2年の時には金鷲旗の決勝で大成高校と対戦すると、同級生である70kg級の新森涼とともにチームを優勝へ導く活躍を果たした。インターハイ個人戦78kg超級では準々決勝で埼玉栄高校3年の富田若春にGSに入ってから有効で敗れて5位だった。団体戦では決勝の大成高校戦で鈴木伊織を指導2で破るがチームは敗れて2位にとどまった。全国高校選手権の個人戦無差別では決勝で大成高校1年の和田梨乃子を内股で破るなどオール一本勝ちで優勝すると、団体戦決勝の大成高校戦でも大将同士の対戦で粂田晴乃を内股で破ってチームを優勝に導くとともに2冠を達成して、今大会の最優秀選手にも選ばれた。3年の時には金鷲旗の決勝で大成高校と対戦すると、昨年に続いて新森とともにチームを優勝へ導く活躍を果たした。その一週間後に開催されたインターハイの団体戦では準決勝で大成高校と対戦して1-0でリードされるも大将戦で松井絵名を崩上四方固で破ってタイに追いつくも、代表戦で粂田に崩袈裟固で敗れて3位に終わり、2009年の埼玉栄高校以来となる高校団体3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)はならなかった。個人戦では決勝で粂田を指導3で破って優勝を飾った。9月の全日本ジュニアでは今大会やインターハイの予選で破っていた南筑高校1年の素根輝と決勝で対戦するも、指導2で敗れて2位に終わった。国体少年女子の部では福岡県代表で出場して3位になった。講道館杯では初戦で敗れた。ベルギー国際ジュニアの部では5試合全てを寝技で勝利すると、シニアの部でも決勝で淑徳大学2年の井上舞子を大外刈で破って優勝を飾った。児玉ひかる フレッシュアイペディアより)

  • 塚田真希

    塚田真希から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    土浦日大高校に入学すると寮生活を送りながら本格的な稽古に取り組むことになったが、1年の時には厳しい上下関係や、上級生に「あんたみたいな弱い相手とは練習してあげない」などと暴言を浴びせられたことで精神的に参ってしまい、実家に3週間ほど逃げ帰っていたことがあったものの、気持ちを持ち直して再び稽古に取り組むと、全国高校選手権78kg超級では1年の時に3位、2年の時にはオール一本勝ちで優勝するまでになった。さらに、国体少年女子の部では茨城を2年連続優勝に導いた。また、3年の時にはフランスジュニア国際で優勝すると、金鷲旗の決勝では埼玉栄高校を3人抜きしてチームに初の優勝をもたらした。さらに、全日本ジュニアでも優勝を果たした。初めてのシニアの国際大会となった福岡国際では無差別に出場したものの5位に終わった。塚田真希 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷浩一郎

    三谷浩一郎から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    各地の中学校から実力者の集まる近大福山柔道部では三谷は素人同然で、受身など基礎からのスタートであった。1年が経ち、厳しい練習に耐えかねて退部を考えていた頃に指導者の黒木正水からアドバイスを受け左組みに変えたところ、面白いように技が掛かるようになったという。高校3年次には団体戦のレギュラーとして活躍し、世田谷学園には及ばなかったものの春の高校選手権3位入賞やインターハイ・金鷲旗での準優勝に大きく貢献した。三谷浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 村元辰寛

    村元辰寛から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    「強くなりたい」と、高校は名門・天理高校へ進学。恩師・松本薫監督(当時)の指導の下、高校2年次の1993年に高校選手権で2位に食い込み、翌94年には春の高校選手権と夏のインターハイを立て続けに制して将来を嘱望された。また、世界ジュニア選手権でも銅メダルを獲得している。村元辰寛 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾徳子

    松尾徳子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    長崎で生まれるが、奈良に移ると9歳の時に奈良柔道クラブで柔道を始めた。小学校6年の時には大阪の箕面市に引っ越すと、箕面柔道協会に所属することになった。箕面第一中学2年の時には強化選手選考会72kg超級で優勝を飾った。東海大仰星高校1年の時には体重別決勝で筑波大学の坂上洋子に有効で敗れるが2位になると、全国高校選手権では優勝を飾った。3年の時には全日本選手権で決勝まで進み、ミキハウスの田辺陽子に有効で敗れたものの2位となった。1990年に東海大学に進むと、1991年には世界選手権無差別代表に選ばれるが、3回戦でポーランドのレナタ・サルに有効で敗れると、敗者復活戦でもオランダのアンヘリク・セリーゼに縦四方固で敗れて7位にとどまった。1992年には全日本選手権の準決勝で田辺に判定で敗れて3位になると、体重別の準決勝でコマツの鈴木香に判定で敗れてバルセロナオリンピック代表にまでは至らなかった。続いて新設された女子の全日本学生柔道優勝大会では決勝で国士舘大学に敗れて2位に終わった。これ以降は72kg超級でありながら78kg程度しかなかったこともあって階級を72kg級に変更した。1993年には体重別決勝で住友海上の福場由里子を有効で破って世界選手権代表に選出された。世界選手権では3回戦で中国の冷春慧に合技で敗れると、敗者復活戦でもベルギーのウラ・ウェルブルックに内股で敗れた。1994年には大学を卒業して横浜そごう所属となった。しかし、体重別決勝で福場に敗れると、強化選手選考会決勝でも現役復帰してきた田辺に判定で敗れて2位にとどまった。1995年には体重別で3位に終わると、オリンピック出場を目標に有力選手のいない66kg級に階級を変更した。しかし、1996年の体重別決勝で土浦日大高校3年の一見理沙に指導で敗れて、アトランタオリンピック代表にはなれなかった。1997年には現役を引退した。現役時代は柔道界には極めて珍しい美人選手として評判だった。松尾徳子 フレッシュアイペディアより)

  • 植田睦

    植田睦から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    小阪中学1年の時にニュージャパン柔道協会で柔道を始めた。高校は道場の先輩である深川照子が通っていた大阪市立桜宮高等学校へ進んだ。1学年上には後のバルセロナオリンピック56kg級で銅メダルを獲得することになる立野千代里がいた。2年の時には高校選手権52kg級で決勝まで進むが、浜松西高校2年の溝口紀子に横四方固で敗れた。3年の時には体重別準決勝で溝口に送襟絞で敗れて3位だった。強化選手選考会では決勝で日大藤沢高校2年の菅原教子を破って優勝を飾った。1990年には筑波大学に進学すると、1年の時には体重別でそれまで勝てなかった同じ年のライバルである埼玉大学の溝口を技ありで破って優勝した。アジア大会でも優勝を飾った。2年の時には体重別決勝で溝口を判定で破って2連覇を果たした。世界選手権では3位に入った。正力杯でも決勝で溝口を破って優勝した。しかしながら、3年の時には体重別決勝で溝口に判定で敗れてバルセロナオリンピック代表の座を逃した。正力杯では56kg級に出場して2階級制覇を達成した。強化選手選考会では3年ぶり2度目の優勝を飾った。その後はケガなどもあって第一線から暫く離れていた。1994年にはミキハウスに入社すると、階級も56kg級に上げた。その後、強化選手選考会では2位、福岡国際では3位に入った。引退後の2004年には第1回日本マスターズ柔道大会の団体戦で3位となった。植田睦 フレッシュアイペディアより)

270件中 91 - 100件表示

「高校柔道」のニューストピックワード