270件中 11 - 20件表示
  • 五十嵐涼亮

    五十嵐涼亮から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    国士舘高校1年の時に、それまで個人戦での実績はなかったものの、ジュニア合宿に参加するようになってから力を付けていったことが認められて世界カデ90kg級代表に選ばれた。その決勝ではベルギーのトマ・ニキフォロフを内股で破るなどオール一本勝ちで優勝を飾った。全国高校選手権の団体戦でも優勝した。2年の時には金鷲旗で優勝した。シンガポールで初開催されたユースオリンピックでは日本選手団全体の主将に選ばれると、90kg級決勝でニキフォロフを内股の有効で破って優勝を果たした。なお、ユースオリンピックがあったためにインターハイ団体戦には出場しなかったが、チームは優勝して高校団体3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成した。3年の時には金鷲旗でチームの優勝に大きく貢献すると、インターハイ団体戦でも優勝を飾った。五十嵐涼亮 フレッシュアイペディアより)

  • 君島奈津子

    君島奈津子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は10歳の時に矢板スポーツ少年団で始めた。矢板中学から帝京高校へ進むと、2年の時に全国高校選手権57kg級で5位となった。2000年に国際武道大学へ進むと、2年の時には全国女子体重別52kg級決勝で旭川南高校3年の佐藤愛子に敗れるも2位になった。3年の時には選抜体重別で3位になると、学生体重別では2位だった。4年の時には選抜体重別と学生体重別で3位となった。2004年に警視庁の所属となると、アジア選手権で3位になった。2005年の選抜体重別では決勝でコマツの宝寿栄を有効で破って優勝を飾った。2006年にはポーランド国際で優勝した。講道館杯では決勝で淑徳大学3年の西田優香を効果で破って優勝した。2007年のアジア選手権では2度目の3位となった。講道館杯では準決勝で48kg級から階級を上げてきたばかりの渋谷教育学園渋谷高校3年の中村美里に大外刈で敗れて3位だった。2008年の選抜体重別では3位だったが、初戦で中村以上に北京オリンピックの有力候補だった世界選手権3位である了徳寺学園職員の西田を内股で破って、西田の夢を打ち砕いた。なお、選抜体重別での優勝は1回だが、3位には6度もなっている。君島奈津子 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木美晴

    黒木美晴から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は8歳の時に国分西柔道クラブ高橋道場で始めた。五十市中学1年の時には全国中学校柔道大会の52kg級に出場するが、3回戦で敗れた。2年の時には階級を57kg級に上げるが2回戦で敗れると、3年の時には3回戦で敗れた。宮崎商業高校へ進むと、1年の時には全国高校選手権52kg級で決勝まで進むが、小松大谷高校1年の宮川拓美に内股で敗れて2位だった。2年の時には全日本ジュニアで3位に入った。ベルギー国際のジュニアの部では3位だったが、翌日のシニアの部では決勝で北京オリンピック48kg級銀メダリストで、階級を上げてきたキューバのヤネト・ベルモイを大外刈の有効で破って優勝した。インターハイ個人戦には同じ宮崎県内に宮崎日大高校の志々目愛がいたために出場できなかったが、3年の時には団体戦で5位となった。全日本ジュニアでは決勝まで進むが志々目に敗れて2位だった。ベルギー国際のジュニアの部では3位だったものの、シニアの部では初戦でベルモイを横四方固で破るなどして決勝まで進むが、志々目に判定で敗れた。黒木美晴 フレッシュアイペディアより)

  • 宮家江美

    宮家江美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    城南中学から熊本西高校へ進むと、2年の時に当時無差別の個人戦で争われていた金鷲旗で3位となった。全国高校選手権の66kg級では決勝まで進むも、松戸馬橋高校1年の藤本哲子に送足払の技ありで破れて2位だった。3年の時には全日本選手権に出場するも、3回戦で筑波大学3年の鈴木香に崩袈裟固で敗れた。1991年には拓殖短期大学へ進み木村政彦や岩釣兼生の指導を受けることになると、1年の時には強化選手選考会61kg級決勝で住友海上の西野弘子を腕緘で破って優勝を飾った。2年の時には選抜体重別の準決勝でミキハウスの小林貴子に判定で敗れて3位だった。強化選手選考会では前年に続いて決勝で西野と対戦すると、2?1の判定で辛勝して2連覇を達成した。1993年には拓殖大学に編入すると、3年の時には正力杯で3位になった。無差別で争われる全日本学生選手権では準々決勝で筑波大学1年の吉田早希に判定で敗れて5位だった。強化選手選考会では決勝で住友海上の恵本裕子に送足払の有効で敗れて3連覇はならなかった。アメリカ国際で国際大会初優勝を飾った。福岡国際では3回戦で韓国の鄭成淑に判定で敗れたが、その後の敗者復活戦を勝ち上がって3位になった。4年の時には正力杯の決勝で福岡大学3年の中橋治美に判定で敗れて2位だった。優勝大会では決勝で日体大と対戦して赤野仁美と引き分けるも、72kg超級の妹尾ひでみが二宮美穂に合技で一本負けしたためにチームは2位にとどまった。国体成年女子の部では妹尾とともに東京都の一員で出場して3位に入った。福岡国際では準決勝で世界チャンピオンであるベルギーのジェラ・バンデカバイエに掬い投げの効果で敗れるも、3位決定戦ではバルセロナオリンピック56kg級金メダリストであるスペインのミリアム・ブラスコに大外刈で1本勝ちして前年に続き3位になった。1995年には大学を卒業してプリティジャパン及び熊本ヤクルトの所属となるが、全国女子体重別では準々決勝で中橋に敗れると、敗者復活戦でも福岡工大附属高校2年の日下部基栄に敗れて7位にとどまった。なお、この当時の女子柔道界では松尾徳子と並ぶ数少ない美人選手とも評されていた。引退後は結婚して塔本姓となり、子供3人にも柔道を習わせているという。宮家江美 フレッシュアイペディアより)

  • 泉香澄

    泉香澄から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    松本市立清水中学校2年の時に強化選手選考会48kg級で優勝を飾った。3年の時には52kg級に階級を上げて2階級制覇を果たした。松本松南高校に進むと、1年の時には体重別56kg級で優勝して、世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では初戦で今大会優勝することになったフランスのカトリーヌ・アルノーと対戦するが相手の小内刈を切り返したにもかかわらず、それがアルノーの効果ポイントになる不可解な敗戦を喫すると、敗者復活戦でも西ドイツのレギーナ・フィリップスの大内刈で有効を取られて7位にとどまり、3位までの選手に与えられる翌年のソウルオリンピック(公開競技)出場権を得ることが出来ずに終わった。フランス国際では決勝でアルノーの前に敗れて2位だった。全国高校選手権では優勝を飾っている。2年の時には強化選手選考会で福川中学3年の阿武美和を破って優勝すると、アジア選手権でも優勝を果たした。体重別決勝では阿武に敗れて2連覇はならなかった。福岡国際では決勝で韓国の鄭善溶に敗れて2位にとどまり、フランス国際では3位だった。3年の時には福岡国際の決勝でベルギーのニコル・フラゴティエを破って優勝を飾った。1990年には国際武道大学に進むと、体重別で3位になった。1992年からは階級を61kg級に上げると、強化選手選考会で3位となっている。また、無差別で争われる学生選手権でも3位に入った。1994年には松本第一高校教員となるが、これといった活躍は見られなかった。泉香澄 フレッシュアイペディアより)

  • 友野雅義

    友野雅義から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1985年には古賀稔彦らの活躍により高校選手権で初優勝、1986年には石田輝也や後にバルセロナオリンピック78kg級金メダリストとなる吉田秀彦らの活躍により高校柔道界で初となる高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成した。翌年には吉田や後に世界選手権71kg級金メダリストとなる秀島大介などの活躍により2年連続の3冠を成し遂げた。1992年にはシドニーオリンピック81kg級金メダリストである瀧本誠や小斎武志などの活躍により5年ぶり3度目の3冠を果たした。なお、この年には講道学舎と提携する金井厚平が監督を務める弦巻中学も中学団体3冠(近代柔道杯、全国中学校柔道大会、マルちゃん杯)を前年に続いて達成したことにより、中学高校の全国大会タイトルを講道学舎が史上初めて独占することになった。友野雅義 フレッシュアイペディアより)

  • 棟田康幸

    棟田康幸から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1998年、世田谷学園3年時、金鷲旗の決勝・国士舘高校戦において史上初となる4人抜きを成し遂げ、世田谷学園を優勝に導く。個人戦においても全国高等学校柔道選手権大会、インターハイを制覇し、史上最年少で嘉納治五郎杯優勝を飾るなど、名実ともに高校柔道界最強の選手と呼ばれた。棟田康幸 フレッシュアイペディアより)

  • 岩渕公一

    岩渕公一から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1995年には高校選手権団体戦で17年ぶりとなる全国大会優勝を果たした。その後、監督として高校選手権では3連覇を含めて優勝8回、金鷲旗では9回の優勝、インターハイでは優勝14回と全国大会で数多くの優勝を成し遂げた。2000年、2010年、2015年には高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)も達成した。選手では斉藤の他に、アテネオリンピック100kg超級金メダリストの鈴木桂治、北京オリンピック100kg超級金メダリストの石井慧、アテネ及び北京オリンピック66kg級金メダリストの内柴正人、元無差別世界3位の高井洋平など、足技重視の指導で多数の有名選手を育てた。岩渕公一 フレッシュアイペディアより)

  • 高森啓吾

    高森啓吾から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    大牟田高校へ進むと、1年の全国高校選手権の個人戦無差別では優勝候補でありながら、3回戦で天理高校1年の村元辰寛に有効で敗れた。しかしながら、団体戦では準決勝で世田谷学園高校と対戦すると、4人抜きの大活躍を演じて決勝まで進むが、東海大相模高校戦では引き分けてチームも2位に終わった。2年の時には県内のライバルである柳川高校2年の猿渡琢海に敗れてインターハイには出られなかった。全日本ジュニアでは決勝まで進むが、東海大学2年の窪田茂に技ありで敗れた。全国高校選手権の個人戦では準決勝で八千代松蔭高校2年の吉永喜史に谷落で技ありを先取されるも横四方固で逆転勝ちしたが、決勝では村元に0-3の判定で敗れた。団体戦では、1年後輩で後にアテネオリンピックの81kg級に出場した塘内将彦とともに活躍できずに、初戦で大谷高校に敗れた。3年のインターハイ重量級では準決勝で吉永を崩上四方固で破ると、決勝では村元相手に優勢に試合を進めながら終了間際に有効を取られて敗れた。全日本ジュニアでは3位にとどまった。高森啓吾 フレッシュアイペディアより)

  • 西潟健太

    西潟健太から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に安田町スポーツ少年団で始めた。安田中学から桐蔭学園高校に進学すると、2年の時には高校選手権団体戦で優勝した。3年の時には金鷲旗で優勝すると、インターハイ個人戦100kg級で2位になった。国体少年男子の部では神奈川県の優勝に貢献した。その後国士舘大学に進むと、1年の時には全日本ジュニアで3位となった。2年の時には全日本学生柔道優勝大会で優勝を飾った。4年の時には学生体重別で優勝して初の個人戦での全国タイトルを獲得した。2010年には旭化成所属になると、実業個人選手権で2位となった。その後階級を100kg超級に変更すると、2012年の実業団体では優勝に貢献した。また、実業個人でも大学と会社の2年後輩にあたる百瀬優を破って優勝を飾った。2013年には実業団体と実業個人でそれぞれ2連覇を達成した。2014年の全日本選手権九州予選では、準々決勝で九州電力の七戸龍を判定で破るなどして2位となった。全日本選手権では準々決勝で七戸と対戦すると、先に有効2つを取られながら終盤に袈裟固で逆転勝ちするなど全て一本勝ちで準決勝まで進むものの、京葉ガスの上川大樹に送足払で敗れるが、3位入賞を果たした。実業個人では3連覇を飾った。西潟健太 フレッシュアイペディアより)

270件中 11 - 20件表示

「高校柔道」のニューストピックワード

  • POWER HALL2018〜Battle of another dimension〜

  • 天然ガスバス489台

  • セントラルワールド