52件中 11 - 20件表示
  • 岡本理帆

    岡本理帆から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    2012年になると、3月の全国高校選手権52kg級(この大会には48kg級は設けられていないので52kg級に出場した)では、決勝で昨年のインターハイで敗れた山田を判定で破って優勝した。5月の選抜体重別48kg級では、初戦でこの階級のオリンピック最有力候補であり、世界選手権を2連覇しているコマツの浅見八瑠奈を積極的に攻め立てて2-1の判定で破る金星を挙げた。この結果により浅見のロンドンオリンピック出場への道が断たれることになった。さらに、準決勝でも今まで2連敗していた世界ジュニアチャンピオンの遠藤を判定で破って決勝に進出すると、決勝では了徳寺学園の福見友子に0-3の判定で敗れたものの2位となり、一躍注目を集めることとなった。8月のインターハイで優勝を飾ると、9月の全日本ジュニアとアジアジュニアでも優勝を成し遂げた。11月の講道館杯では準決勝で十田美里に技ありで敗れたものの、昨年に続いて3位となった。12月にはグランドスラム・東京に出場するが、初戦で三井住友の山岸絵美に技ありで敗れた。岡本理帆 フレッシュアイペディアより)

  • 津金恵

    津金恵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に始めた。塩尻市立丘中学校2年と3年の時に全国中学校柔道大会63kg級で2位となった。松商学園高校に進学すると、高校1年の時にはインターハイ63kg級で決勝まで上がるものの、高岡龍谷高校の佐野賀世子に内股で技ありを取られて2位にとどまった。さらに全国高等学校柔道選手権大会では、宮崎商業高校の松本千奈津に大外刈で有効を取られてまたも2位だった。高校2年になると、8月のインターハイでは団体戦で3位だったものの、個人戦では3回戦で優勝候補である淑徳高校の田代未来に反則勝ちすると、決勝でも春の高校選手権で敗れた松本を内股の技ありで破って優勝を果たした。9月の全日本ジュニアの決勝では昨年のインターハイで敗れた山梨学院大学の佐野を内股で破って優勝した。11月の講道館杯では準々決勝で三井住友海上の阿部香菜に小内刈で敗れるが、その後の3位決定戦では了徳寺学園の田中美衣を内股で破って3位となった。12月のグランドスラム・東京では準決勝でブラジルのラファエラ・シルバをゴールデンスコアに入ってから内股の技ありで破ると、決勝では講道館杯で敗れた阿部に小内刈の有効で勝ち、史上最年少となる17歳1ヶ月にしてグランドスラム大会を制覇することになった。津金恵 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方亜香里

    緒方亜香里から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    阿蘇高校2年の2007年8月にインターハイ70キロ級に出場するも、3回戦で小杉高校の田知本遥に袈裟固で一本負けした。2008年3月には全国高等学校柔道選手権大会の団体戦で、チームメイトの山本小百合とともに大活躍して、阿蘇高校の全国大会制覇に大きく貢献した。緒方亜香里 フレッシュアイペディアより)

  • 阿武教子

    阿武教子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1993年1月のミキハウスカップ団体戦では柳川高校の一員として出場するが、決勝でミキハウスの田辺陽子に崩袈裟固で一本負けして、チームも2位となった。続く広島国際にも出場するが、準決勝で韓国の孫賢美に敗れて3位に終わった。2月にはフランス国際に出場するが、準決勝でオランダのモニク・ファンデリーに判定で敗れるものの、3位決定戦で鈴木に優勢勝ちして3位となった。3月には高校選手権に出場して、準決勝で阿蘇高校の二宮美穂を有効、決勝で夙川学院高校の山下まゆみを効果で下して優勝を果たした。阿武教子 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田早希 (柔道)

    吉田早希 (柔道)から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    小学校4年の時に柔道を始める。夙川学院高校に入学後、新設されたインターハイ女子団体戦の決勝で1年生ながら柳川高校との代表戦を制して夙川学院の優勝に貢献する。団体戦では翌年も決勝で埼玉栄高校との代表戦を制して2連覇を成し遂げる。個人戦でも全国高校選手権で2連覇を達成する。高校3年の時には世界ジュニアでも優勝して国内外のジュニア大会を制覇する。その勢いで福岡国際でも優勝を果たす。吉田早希 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 三田松聖高等学校

    三田松聖高等学校から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    全国高等学校柔道選手権大会(春の武道館)平成18年団体優勝三田松聖高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 金鷲旗全国高等学校柔道大会

    金鷲旗全国高等学校柔道大会から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    全国高等学校総合体育大会柔道競技大会(インターハイ)、全国高等学校柔道選手権大会にならぶ高校柔道の三大大会の一つである。通称「夏の福岡」。金鷲旗全国高等学校柔道大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷浩一郎

    三谷浩一郎から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    各地の中学校から実力者の集まる近大福山柔道部では三谷は素人同然で、受身など基礎からのスタートであった。1年が経ち、厳しい練習に耐えかねて退部を考えていた頃に指導者の黒木正水からアドバイスを受け左組みに変えたところ、面白いように技が掛かるようになったという。高校3年次には団体戦のレギュラーとして活躍し、世田谷学園には及ばなかったものの春の高校選手権3位入賞やインターハイ・金鷲旗での準優勝に大きく貢献した。三谷浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 武周雄

    武周雄から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    全国高等学校柔道選手権大会(テレビ朝日制作)武周雄 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山剛毅

    丸山剛毅から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    5歳の時に柔道を始めた。相原中学3年の時には全国中学校柔道大会の団体戦では3位だったものの個人戦90kg級では優勝を果たした。ちなみに、この時は1つ年下の弟である城士郎も60kg級で優勝して兄弟優勝を成し遂げた。桐蔭学園高校2年の時には全国高等学校柔道選手権大会90kg級で優勝した。3年の時にはインターハイは3位に終わったが、全日本ジュニアでは優勝を果たして世界ジュニアに出場するも3回戦で敗れた。天理大学に進学後は階級を81kg級に下げて全日本ジュニアで優勝すると、世界ジュニアでも決勝でロシアの選手に内股で一本勝ちして優勝を果たした。丸山剛毅 フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「高校柔道」のニューストピックワード