52件中 21 - 30件表示
  • 山口県立光高等学校

    山口県立光高等学校から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道部は県下でも萩高等学校や高水高等学校と並ぶ強豪校であった。毎年、3月に行われる全国高等学校柔道選手権大会には、1981年、1982年、1987年、1988年に出場した。1987年度には、高校総体と沖縄国体にも出場した。山口県立光高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 一見理沙

    一見理沙から見た全国高等学校柔道選手権大会 全国高等学校柔道選手権大会

    1996年 - 全国高等学校柔道選手権大会  66キロ級 優勝一見理沙 フレッシュアイペディアより)

  • 養父直人

    養父直人から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    中学3年次に近畿大会(78kg級)で優勝し頭角を現すと、天理高校に入学してからは1988年の全国高校選手権で初代の個人戦無差別チャンピオンに輝いたほか、インターハイの重量級でもベスト8という成績を残した。1989年春に天理大学入学後は、東京五輪銅メダリストの金義泰の指導のもと得意技の払腰に一層磨きをかけ、団体戦・個人戦で活躍した。大学2年次には三船杯で、ソウル五輪銀メダリストのヘンリー・ストール(東ドイツ)を払腰で投げ飛ばしている。大学4年次の1992年にはドイツ国際や全日本体重別選手権でも優勝を果たし、ポスト小川直也の有力候補の1人として期待されるようになる。その反面、学生選手権や学生体重別では上位に顔を出すものの優勝までには至らず。特に大学4年の全日本学生選手権では、決勝で86kg級の中村佳央にいいところなく敗れて2位に終わる。新日鉄広畑に入社後は全日本選手権で3年連続3位になったり、ドイツ国際で自身2度目の優勝を飾ったりするが、小川直也や篠原信一ら強豪がしのぎを削る当時の重量級において、オリンピックや世界選手権代表の座を射止めるまでには至らなかった。全日本選手権への出場は最終的に、当時最多となる12回を数えた。養父直人 フレッシュアイペディアより)

  • 羽賀龍之介

    羽賀龍之介から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    東海大相模高校1年の時、金鷲旗で史上初の20人抜きを達成する。インターハイでは3年の時にオール1本勝ちで100kg級を制する。また、2年3年の時には、東海大相模高校が団体戦で2年連続高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成する際の立役者の1人となる。シニアではまだ特筆するほどの活躍はないものの、1つ年上の先輩である高木海帆とともに、ポスト穴井隆将の有力候補と見なされている。羽賀龍之介 フレッシュアイペディアより)

  • 高木海帆

    高木海帆から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    地元の柿生青少年柔道会で7歳より柔道を始め小学校5年、6年と柔道会の年間最優秀選手に選ばれる。東海大学付属相模中学校入学後、稽古に精進され東海大相模高校に進学の1年の時、インターハイの個人戦で、山下泰裕以来、実に33年ぶり2度目の1年生優勝を果たす。2年の時はベスト8止まりだったものの、3年の時に再び優勝する。また、3年の時には、東海大相模高校が団体戦で高校柔道3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成する際の立役者ともなる。高木海帆 フレッシュアイペディアより)

  • 飛塚雅俊

    飛塚雅俊から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    山形県立山形工業高等学校進学後の1995年には高校選手権無差別で優勝。その後、東海大学に進学し、2001年のフランス国際をはじめとする数々の国際大会で優勝を経験している。切れ味の鋭い豪快な攻めが特徴。飛塚雅俊 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属相模高等学校・中等部

    東海大学付属相模高等学校・中等部から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    山下泰裕・井上康生をはじめ多くの柔道家を輩出している柔道部は2010年まで約三年間公式戦無敗記録。2009年現在時点でインターハイ優勝9回、金鷲旗全国高等学校柔道大会優勝6回、全国高等学校柔道選手権大会優勝6回。東海大学付属相模高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

  • とめはねっ! 鈴里高校書道部

    とめはねっ! 鈴里高校書道部から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道では全日本で準優勝、インターハイ、全国高等学校柔道選手権大会の48kg以下級で二冠を達成するほどの逸材。10月の国体の柔道・少年の部で神奈川県代表にも選ばれた。ちなみに結希は「柔道」は好きだが、大会順位などにはさして興味はない。本人曰く、「一般入試で鈴里高校に入学し、自分の意志で柔道部に入部したので、自由に柔道部を退部することができる」。書道に専念したいからと顧問に柔道部の退部を申し出て卒倒されたこともある。とめはねっ! 鈴里高校書道部 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄尚学高等学校・附属中学校

    沖縄尚学高等学校・附属中学校から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道、重量挙げも強く、柔道では1991年に男子柔道部が全国高校選手権で団体優勝、金鷲旗で団体準優勝、1989年にはインターハイにて団体準優勝を飾っており、同インターハイでは個人での全国優勝者も過去に出している。また、重量挙げにおいても、同種目における全国高等学校選抜大会にて男女とも個人での全国優勝者を出している。沖縄尚学高等学校・附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮美穂

    二宮美穂から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1993年(平成5年) - 全国高等学校柔道選手権大会 3位二宮美穂 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「高校柔道」のニューストピックワード