270件中 21 - 30件表示
  • 窪田茂

    窪田茂から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は小学校4年生の時に始めた。中学には柔道部がなかったのでバスケットボール部に所属していた。3年の時に全国中学校柔道大会に出場するが、上位には進めなかった。東海大相模高校に進むと、1年の全国高校選手権団体戦では2位になった。2年の時には金鷲旗決勝の大将戦で世田谷学園高校エースの田辺勝を合技で破ってチームを優勝に導いた。インターハイ団体戦でも優勝を飾った。全国高校選手権個人戦無差別では、準決勝で71kg級の選手である東海大第五高校の中村兼三を技ありで破ると、決勝でも沖縄尚学高校の真喜志慶治を判定で破って優勝するが、団体戦では決勝で沖縄尚学高校と対戦すると、真喜志に判定で敗れてチームも2位に終わった。3年の時には国際高校柔道選手権大会に出場すると、オール一本勝ちでチームの優勝に貢献して最優秀選手に選ばれた。金鷲旗では2連覇を果たすが、居座り大将として一度も出番がなかった。インターハイ個人戦重量級では決勝で真喜志を判定で破って優勝するも、団体戦では準々決勝で天理高校に敗れて5位にとどまった。1992年に東海大学へ進むと、1年の時には全日本学生柔道優勝大会で2位だった。2年の時には全日本ジュニア95kg超級で優勝を飾った。3年の時には嘉納杯決勝でドイツのフランク・モラーに大内返で敗れた。4年の時には正力杯決勝で真喜志に判定で敗れるも、全日本学生柔道優勝大会ではチームの優勝に貢献した。さらに、正力国際無差別決勝では、天理大学1年の村元辰寛を判定で破って優勝を飾った。1996年には旭化成所属となった。1997年には階級を100kg級に変更して講道館杯に出場するが、決勝で大学の後輩である井上康生に警告で敗れた。1998年にはフランス国際で3位となった。また、ベラルーシのミンスクで開催されたワールドカップ団体戦に出場して、優勝メンバーの一員として名を連ねることになった。1999年の選抜体重別では準決勝で井上を支釣込足で破ると、決勝でも国士舘大学1年の鈴木桂治を内股で破って初優勝を成し遂げた。アジア選手権では3位にとどまった。2000年には全日本選手権に出場して5位となった。窪田茂 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田博臣

    藤田博臣から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    中学3年の時に全国中学校柔道大会78kg級で2位となった。東海大相模高校に進むと、1年の全国高校選手権では2位だったが、2年の時には優勝を飾った。藤田博臣 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋新太

    小嶋新太から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    弦巻中学に入学して講道学舎の所属となると、3年の時には近代柔道杯とマルちゃん杯の団体戦で2位になった。全国中学校柔道大会には都予選で国士舘中学に敗れて出場できなかった。世田谷学園高校へ進むと、1年の時には金鷲旗で3位、インターハイ団体戦では決勝で天理高校と対戦すると、大将戦で190cm、150kgの竹之下勝正に崩袈裟固で敗れて2位に終わった。全国高校選手権の団体戦では1学年上の瀧本誠や小斎武志とともに活躍して優勝した。2年の時には金鷲旗とインターハイでも優勝して、5年ぶり3度目の高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成した。高校選手権では準決勝の大牟田高校戦で1年生エースの高森啓吾に開始僅か5秒の内股すかしで敗れると、他のメンバーも次々と敗れた。結果、高森1人に4人抜きされるなど名門・世田谷学園高校にあるまじき前代未聞の屈辱を味わって3位に終わった。3年の時には金鷲旗決勝で東海大相模高校と対戦すると、大将戦のエース対決で宮内寛二を小外刈で破ってチームに優勝をもたらした。インターハイ団体戦では決勝の東海大相模高校戦で三矢諭が宮内に敗れて2位にとどまった。小嶋新太 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄谷竜三

    鉄谷竜三から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道私塾の講道学舎に入るために上京すると、弦巻中学へ通うことになった。3年の時には全国中学校柔道大会の団体戦で3位になった。世田谷学園高校へ進むと、1年の時には全国高校選手権の団体戦で1年先輩の松本昌広や阿武貴宏、同級生の田辺勝とともに活躍して優勝を飾った。2年の時には金鷲旗で優勝するが、インターハイの団体戦では予選リーグで敗れて2年ぶり3度目の高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)はならなかった。全国高校選手権ではエースの田辺などとともに優勝を勝ち取った。3年の時には金鷲旗で2位、インターハイ団体戦でも2位にとどまったが、個人戦の中量級では3位に入った。鉄谷竜三 フレッシュアイペディアより)

  • 秀島大介

    秀島大介から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    世田谷学園高校に進むと、1年の時には全国高校選手権で1年先輩の吉田秀彦などとともに活躍して優勝を飾った。秀島大介 フレッシュアイペディアより)

  • 春山友紀

    春山友紀から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    国士舘高校に進むと、1年の時には全国高校選手権団体戦の決勝で東海大学相模高校に敗れて2位だった。2年の時には金鷲旗の決勝でも東海大学相模高校に敗れた。インターハイの団体戦では準決勝で東海大学相模高校、決勝で修徳高校をそれぞれ破って優勝した。個人戦90kg級では決勝で埼玉栄高校3年の江原拓巳を効果で破って、団体戦との2冠を達成した。全日本ジュニアでも決勝で東海大学相模高校3年の吉田優也を破って優勝を飾った。全国高校選手権では決勝で東海大学相模高校に敗れて2位だった。3年の時には金鷲旗の決勝で東海大学相模高校と対戦すると、大将戦で相手エースの高木海帆に体落で敗れて2位に終わった。インターハイの団体戦決勝でも2?1で迎えた大将戦において、高木に終了1秒前に大内刈で技ありを取られたことにより、2-2ながら内容差でチームは逆転負けを喫した。個人戦では決勝で桐蔭学園高校3年の西山大希を判定で破って2連覇を果たした。春山友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 真喜志慶治

    真喜志慶治から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    沖縄尚学高校へ阿嘉とともに進学すると、1年の時にはインターハイ団体戦で決勝まで進むも、天理高校に敗れた。全国高校選手権の個人戦無差別では決勝で世田谷学園高校のエースである86kg級の田辺勝に敗れて2位だった。真喜志慶治 フレッシュアイペディアより)

  • 高市賢悟

    高市賢悟から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    新田高校に進むと、1年の時には高校選手権73kg級で3位となった。2年の時には全日本ジュニアで3位に入った。3年の時にはインターハイで優勝を飾ったが、全日本ジュニアでは2位にとどまった。高市賢悟 フレッシュアイペディアより)

  • 富沢佳奈

    富沢佳奈から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    埼玉栄高校へ進むと、1年の時には4月の全日本カデの決勝で阿部と対戦して、技ありを先取されるも合技で逆転勝ちして優勝を飾った。8月には17歳以下の世界一を決める大会である世界カデに出場して、初戦で優勢勝ちした以外は全て一本勝ちして優勝を果たした。団体戦では決勝のクロアチア戦をはじめオール一本勝ちしてチームの優勝に貢献した。9月の全日本ジュニアでは3位だったが世界ジュニア代表に選ばれた。世界ジュニアでは初戦でハンガリーの選手と対戦するが、試合開始から僅か30秒あまりで足取りの反則負けを喫した。団体戦では決勝のフランス戦を始め全試合に勝利してチームの優勝に貢献した。シニアデビュー戦となった11月の講道館杯では準決勝で敗れるも、高校1年ながら3位となった。2016年3月の全国高校選手権では、決勝で大成高校2年の武田亮子を有効で破って優勝した。団体戦では準々決勝で東大阪大敬愛高校に敗れて5位だった。富沢佳奈 フレッシュアイペディアより)

  • 関口佐智子

    関口佐智子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    江戸川女子高校2年の時に、都道府県対抗全日本女子柔道大会に東京都代表で天野安喜子や田辺陽子などとともに出場して優勝を飾った。高校選手権の61kg級では5位にとどまった。3年の時には都道府県対抗全日本女子柔道大会で2連覇を飾った。強化選手選考会の66kg級では決勝まで進むが、小佐野中学3年の阿部由記子に敗れた。関口佐智子 フレッシュアイペディアより)

270件中 21 - 30件表示

「高校柔道」のニューストピックワード

  • POWER HALL2018〜Battle of another dimension〜

  • 天然ガスバス489台

  • セントラルワールド