270件中 31 - 40件表示
  • 市橋寿々華

    市橋寿々華から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は11歳の時に始めた。新潟県の舟栄中学から兵庫県の三田松聖高校へ進むと、2年の時には新設された全国高校選手権団体戦の決勝で、中村美里率いる渋谷教育学園渋谷高校を破って優勝を飾った。3年の時には金鷲旗の決勝で小杉高校と対戦すると、大将戦で田知本愛に合技で敗れて2位に終わった。インターハイの個人戦決勝では合技、団体戦決勝では袈裟固で田知本にそれぞれ敗れて2位にとどまった。全日本ジュニアでも2位だった。2007年には東海大学へ進むと、3年の時には学生体重別の決勝で大学の同級生である田知本と対戦するが合技で敗れた。4年の時にも学生体重別の決勝で田知本に指導2で敗れて2位にとどまった。講道館杯では3位に入った。2011年には大阪府警の所属となると、2012年の講道館杯では決勝まで進むもJR東日本の白石のどかにGSに入ってから有効で敗れた。2013年の講道館杯でも決勝まで進むが、渋谷教育学園渋谷高校2年の朝比奈沙羅に指導1で敗れて2位だった。グランプリ・ウランバートルとグランプリ・チェジュでは3位になった。全国警察柔道選手権大会の63kg超級ではこの年から3連覇を飾っている。2014年には東アジア選手権の個人戦と団体戦を制した。市橋寿々華 フレッシュアイペディアより)

  • 太田晴奈

    太田晴奈から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    淑徳高校2年の全国高等学校柔道選手権大会では団体戦では2位に終わるも個人戦で優勝を飾った。さらに3年の時には金鷲旗で優勝すると、インターハイでも個人戦と団体戦の2冠を達成した。淑徳大学に進学すると、1年の時には全日本ジュニアと学生体重別では決勝で敗れて2位だった。世界ジュニアでは準々決勝においてすでにシニアでも活躍していたフランスのクラリス・アグベニューを合技で破るなどして決勝まで進むと、ポーランドの選手に一本勝ちして優勝を果たした。太田晴奈 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場菜津美

    馬場菜津美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に熊谷柔道愛好会で始めた。深谷南中学から埼玉栄高校へ進むと、2年の時には金鷲旗で同級生の烏帽子美久や前田奈恵子らとともに活躍して優勝した。インターハイの団体戦では決勝で阿蘇高校に敗れて2位だった。高校選手権の団体戦では烏帽子らとともに活躍して優勝を飾った。3年の時には金鷲旗の決勝で佐藤瑠香率いる八幡工業高校を破って2連覇を達成した。インターハイ個人戦の63kg級で優勝を飾った。団体戦では決勝のメンバーからは外れたが、チームは決勝で淑徳高校を破って優勝して、高校女子柔道史上初となる団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成した。全日本ジュニアの70kg級では決勝で高校の同級生の前田を破って優勝した。ベルギー国際では3位になった。馬場菜津美 フレッシュアイペディアより)

  • 香川大吾

    香川大吾から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    続く高校選手権無差別では、準決勝で天理高校の古田伸悟に隅落で敗れて3位に終わると、団体戦でも準決勝の修徳高校戦で小川雄勢に技ありで敗れて3位にとどまった。3年になると、4月の全日本選手権では初戦となる2回戦で90kg級の選手である石川県警の藤田武志を有効で破ったが、3回戦で元チャンピオンである旭化成の高橋和彦に合技で敗れたが、史上最年少で1勝をあげることになった。香川大吾 フレッシュアイペディアより)

  • 井上愛美

    井上愛美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    8歳の時に柔道を始めた。藍中学2年の時に全国中学校柔道大会団体戦で同級生の太田晴奈とともに優勝に貢献した。翌年の春には近代柔道杯でも優勝を遂げるが、全国中学校柔道大会の団体戦では決勝で敗れて連覇はならず、さらに個人戦では3位に終わった。新田高校2年の時にはインターハイ個人戦で2位となり、翌年の全国高校選手権では個人戦で優勝、団体戦で3位となった。高校3年の時には金鷲旗でチームを2位に押し上げる原動力となり、インターハイ個人戦ではオール一本勝ちで優勝を果たした。全日本ジュニアでは2位に終わるも世界ジュニア代表に選出されて、世界ジュニアでは優勝を成し遂げた。井上愛美 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀玄暉

    古賀玄暉から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    古賀 玄暉(こが げんき、1998年12月19日 - )は、神奈川県出身の、日本の柔道家である。階級は60kg級。身長168cm。血液型はA型。段位は初段。組み手は右組み。得意技は足技。父親はバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦。兄は全国高校選手権73kg級で2位の古賀颯人。妹は全国高校選手権57kg級で3位の古賀ひより。古賀玄暉 フレッシュアイペディアより)

  • 太田彪雅

    太田彪雅から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は7歳の時に岩舟柔道会で始めた。小学校6年生の時には全国少年柔道大会で優勝すると、全国小学生学年別柔道大会50kg超級でも優勝を飾った。足利第一中学3年の時には全国中学校柔道大会90kg超級で優勝を成し遂げた。白鴎大足利高校に進むと、1年の時には全日本カデで優勝した。世界カデでも準決勝までは全て一本勝ち、決勝もボスニアヘルツェゴビナの選手を指導1で破って優勝を果たした。全国高校選手権の無差別では準決勝で修徳高校3年の小川雄勢に指導2で敗れて3位になると、団体戦でも決勝の大将戦において小川に指導2で敗れて2位に終わった。2年の時には全国高校選手権の無差別で優勝を飾った。3年の時にはインターハイで個人戦、団体戦ともに5位に終わった。全日本ジュニアでは3位に入った。アジアジュニアでは優勝を飾った。太田彪雅 フレッシュアイペディアより)

  • 田嶋剛希

    田嶋剛希から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に下志津柔道クラブで始めた。国士舘中学から国士舘高校に進むと、2年の時には全国高校選手権の個人戦90kg級と団体戦で優勝して2冠を成し遂げた。3年の時には金鷲旗で優勝すると、インターハイの団体戦でも同級生の山田伊織や1年後輩の飯田健太郎などとともに活躍して優勝を飾り、高校団体3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成した。2016年には筑波大学へ進学すると、1年の時には優勝大会で3位だった。2年の時には優勝大会で再び3位となった。全日本ジュニアでも3位だったが、今大会で2位になった日体大1年の長井晃志とともに世界ジュニア代表に選ばれていた優勝者である明治大学2年の神鳥剛がケガをしたために、急遽代役で代表に追加選出された。その世界ジュニアでは背負投や袖釣込腰で一本勝ちを連発して決勝まで進むと、ドミニカ共和国のロベルト・フロレンティーノをも背負投で破るなど、5試合をオール一本勝ちして優勝を飾った。初開催となった男女混合による団体戦では、決勝のオランダ戦で背負投の技ありで勝利を収めるなどしてチームの優勝に貢献した。田嶋剛希 フレッシュアイペディアより)

  • 上水研一朗

    上水研一朗から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    東海大相模高校に進学。高校1年の時に全国高校選手権団体戦で2位。高校2年の時は金鷲旗で優勝を飾った。全国高校選手権では個人戦決勝で天理高校1年の牧野貴仁に判定で敗れると、団体戦でも2位に終わった。高校3年の金鷲旗では3位、インターハイ団体戦では2位にとどまった。上水研一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 田中志歩

    田中志歩から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    聖光高校に進むと、柔道は部活の練習で週6度、レスリングは「ファイブスター」で週3度取り組むことになった。1年の時にはレスリングのジュニアオリンピックカデットの部65kg級で優勝を飾った。柔道の全国高校選手権63kg級では準決勝で桐蔭学園高校2年の嶺井美穂に横四方固で敗れて3位だった。田中志歩 フレッシュアイペディアより)

270件中 31 - 40件表示

「高校柔道」のニューストピックワード