270件中 51 - 60件表示
  • 嶺井美穂

    嶺井美穂から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    桐蔭学園高校に進むと、1年生の時にはインターハイ準決勝で大成高校1年の鍋倉を判定で破るが、決勝では松商学園高校3年の津金恵に大外返で敗れて2位だった。講道館杯では高校1年生ながら決勝まで進むと、コマツの片桐夏海との対戦では有効2つを取ってリードしながら、中盤に小内刈で逆転負けを喫して2位にとどまった。全国高校選手権の個人戦では準々決勝で新田高校2年の佐藤史織に判定で敗れて5位に終わったが、団体戦では2位となった。全国大会で初めてメダルを逃した今大会の個人戦が今まで一番悔しかったという。嶺井美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 井上あかり

    井上あかりから見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は4歳の時に生々館で始めた。神奈川県の強豪校である相原中学へ進むと、3年の時にマルちゃん杯で1年後輩の冨田若春などとともに活躍して3位となった。高校は地元に戻って創志学園高校に進むと、2年の時には全国高校選手権の無差別準決勝で埼玉栄高校1年の冨田若春に有効で敗れるも3位となった。2015年には環太平洋大学へ進むと、1年の時には学生体重別78kg超級の準決勝で大阪体育大学3年の山本沙羅にGSに入ってから技ありで敗れるも3位になった。2年の時には優勝大会の決勝で山梨学院大学に敗れて2位だった。全日本ジュニアでは準決勝で敬愛高校3年の児玉ひかるに内股で敗れて3位だった。体重別団体では決勝の東海大学戦で朝比奈沙羅に有効で敗れたものの、他のメンバーが勝利したことで優勝した。3年の時には優勝大会で3位だった。ユニバーシアードの無差別に出場すると、決勝で韓国のキム・ジヨンに反則勝ちして優勝を飾った。団体戦では決勝の韓国戦で今大会の78kg超級で優勝したハン・ミジンをGSにおいて反則勝ちで破るなどしてチームの優勝に貢献した。学生体重別では決勝で帝京大学4年の月波光貴穂を破って優勝した。講道館杯では決勝まで進むと、南筑高校2年の素根輝を開始早々の肩固で破って優勝した。グランドスラム・東京では初戦でリトアニアの選手に技ありで敗れた。グランドスラム・東京では初戦でリトアニアのサンドラ・ジャブロンスキテに技ありで敗れた。続くグランプリ・チュニスでも初戦でジャブロンスキテに合技で敗れた。井上あかり フレッシュアイペディアより)

  • 津金恵

    津金恵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    松商学園高校に進学すると、高校1年の時にはインターハイ63kg級で決勝まで上がるものの、高岡龍谷高校3年の佐野賀世子に内股で技ありを取られて2位にとどまった。さらに全国高校選手権では、宮崎商業高校2年の松本千奈津に大外刈で有効を取られてまたも2位だった。団体戦ではチームメイトの出口クリスタとともに活躍して3位となった。津金恵 フレッシュアイペディアより)

  • 上野順恵

    上野順恵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は3歳の時に両親が運営していた湧別町道場で始めた。小学生時代にはいじめられていたこともあったが、柔道をやっていたことでだんだん強くなり、自分に自信が持てるようになっていったという。六合中学に入学すると、全国中学校柔道大会に1年の時は52kg級、2年の時には56kg級で出場するが、決勝トーナメント1回戦で下諏訪中学の徳久瞳に上四方固と判定でそれぞれ敗れた。3年の時には56kg級で2位となった。旭川南高校に進むと、全国高校選手権63kg級において、同級生で後に57kg級の世界チャンピオンとなる当時52kg級の佐藤愛子とともに2年連続優勝を成し遂げた。3年の時には国体少年女子の部で佐藤とともに北海道チームの優勝に貢献すると、全国女子体重別決勝では元世界チャンピオンである筑波大学の前田桂子を有効で破って優勝を飾った。福岡国際では決勝まで進むも筑波大学の谷本歩実に指導で敗れた。上野順恵 フレッシュアイペディアより)

  • 正木嘉美

    正木嘉美から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    春木中学3年の時には全国中学校柔道大会の団体戦で3位になった。関西の柔道名門校として知られる天理高校に進学すると、1年の時には高校選手権の団体戦で優勝を飾った。2年の時にはインターハイ団体戦でも優勝すると、高校選手権でも2連覇を果たした。3年の時にはインターハイ団体戦で2連覇すると、個人戦の重量級でも優勝して2冠を達成した。正木嘉美 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木健志

    佐々木健志から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は父や兄の影響で3歳の時に浜田柔道教室で始めた。小学校5年と6年の時に全国小学生学年別柔道大会に出場するが、ともに予選リーグで敗れた。出雲市立第一中学校3年の時には全国中学校柔道大会の73kg級で5位となった。父親が柔道部を指導する島根県立平田高等学校へ進むと、1年の時には全日本カデで3位になった。全国高校選手権では3回戦で敗れた。2年の時には全日本カデで再び3位となった。その後階級を81kg級に上げると、インターハイでは初戦で敗れたものの、全国高校選手権では6試合オール一本勝ちで優勝した。3年の時にはインターハイの2回戦で敗れたがアジアジュニアでは優勝した。2015年には筑波大学へ進学すると、2年の時には全日本ジュニアで優勝した。3年の時には東アジア選手権でシニアの国際大会初優勝を飾った。講道館杯では決勝でパーク24の小原拳哉を腕挫十字固で破って優勝した。グランドスラム・東京では3回戦で敗れた。グランドスラム・パリでは初戦で敗れた。グランドスラム・エカテリンブルグでは準決勝で世界選手権3位であるイランのサイード・モラエイを内股で破るなどオール一本勝ちで決勝まで進むも、日体大1年の藤原崇太郎に小内返で敗れて2位だった。佐々木健志 フレッシュアイペディアより)

  • 森成寿

    森成寿から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    和歌山北高校2年の時に高校選手権の準々決勝で世田谷学園高校と対戦すると、チームメイトで191cm、130kgの岡野誠が71kg級の小兵選手である古賀稔彦に投げられてチームは5位に終わった。3年の時には金鷲旗の準々決勝で世田谷学園高校と再び対戦すると、大将戦で森が古賀に一本負けを喫して5位にとどまった。インターハイの団体戦では3位に入った。1985年に近畿大学へ進学すると、3年の時から2年連続して1年後輩の竹村典久や山崎茂樹などとともに活躍して優勝大会で3位となった。4年の時には全日本選手権に初出場を果たすと、日大の金野潤や前年2位だった大阪府警の元谷金次郎といった実力者を僅差の判定ながら破るなど予想外の活躍で準決勝まで進むが、国士舘大学教員の斉藤仁に横四方固で敗れたものの3位入賞を果たした。森成寿 フレッシュアイペディアより)

  • 小川雄勢

    小川雄勢から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    修徳高校に進むと、2年の時にはインターハイ団体戦で3位となった。国体少年男子の部でも3位だったが、この際に父は「俺の高2の時よりも強い。まだ未完成だし、これからが楽しみ。やるからには俺以上の選手になってほしい」と語った。高校選手権個人戦では、準決勝で世界カデ90kg超級チャンピオンである白鴎大足利高校1年の太田彪雅を指導2で破ると、決勝では天理高校2年の古田伸悟を指導2で破って優勝を飾った。団体戦の決勝では白鴎大足利高校との対戦になると、大将戦において太田を指導2で破り個人戦との2冠を達成して、大会最優秀選手にも選ばれた。今大会を観戦していた全柔連の山下泰裕副会長も「まだ未完成だけど、お父さんとそっくりなスタイルだなあ」と評した。小川雄勢 フレッシュアイペディアより)

  • ウルフ・アロン

    ウルフ・アロンから見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    東海大浦安高校に進むと、1年の高校選手権では個人戦無差別で國學院大栃木高校の横山尭世の払巻込で敗れて2位に終わり、団体戦では1学年先輩のベイカーらとともに活躍して優勝した。ウルフ・アロン フレッシュアイペディアより)

  • 藤原崇太郎

    藤原崇太郎から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    中学の先輩の影響で高校は上京して日体大荏原高校へ進んだ。それまではセオリーとは逆に釣り手から組んで、相手が技を仕掛けてきたらそこから足を取ったすくい投げで切り返すスタイルを得意にしていたが、ルール改正でそれができなくなったこともあって、組み手の改善に本格的に取り組むことになった。それが功を奏して高校でも順調に伸びていった。1年の時には全日本カデで優勝した。アジアカデでは決勝でウズベキスタンのムハンマドカリム・フラモフに技ありで敗れて2位だった。全国高校選手権では個人戦で優勝するが、団体戦では準決勝で大成高校に敗れて3位だった。2年の時には全日本カデで2連覇を達成した。金鷲旗では準決勝で国士舘高校に敗れて3位だった。インターハイでは個人戦で優勝するものの、団体戦では決勝で国士舘高校に敗れて2位にとどまった。全日本ジュニアでは優勝を飾った。国体少年男子の部では決勝の千葉県チームとの対戦で敗れたが、チームは優勝を飾った。世界ジュニアでは決勝まで進むが、オランダのフランク・デビットに有効で敗れて2位にとどまった。団体戦では決勝のグルジア戦で2-0となった場面で登場すると、技ありで勝利してチームの優勝を決定付けた。全国高校選手権では個人戦で2連覇を成し遂げた。団体戦では決勝で国士舘高校と対戦すると、大将戦で飯田健太郎を有効で破ってチームを初優勝に導き、2冠を達成した。3年の時にはロシアジュニア国際で優勝を飾った。7月の金鷲旗では決勝で国士舘高校の飯田と大将同士の戦いになるも、内股で敗れて2位に終わった。その僅か一週間後に開催されたインターハイの団体戦では決勝で国士舘高校と対戦すると、100kg超級の磯村亮太に内股で一本勝ちするも、大将戦でモンゴルからの留学生であるハンガル・オドウバートルが飯田に大外刈で敗れたためにチームは2位にとどまった。翌日の個人戦でも準決勝で天理高校3年の笠原大雅に有効を2つ取られて3位に終わり、今大会2連覇はならなかった。9月の全日本ジュニアでは準決勝で筑波大学2年の佐々木健志に上四方固で敗れて今大会2連覇はならなかった。10月の国体少年男子の部では2連覇を果たした。2017年2月のヨーロッパオープン・ローマでは3位となった。藤原崇太郎 フレッシュアイペディアより)

270件中 51 - 60件表示

「高校柔道」のニューストピックワード