270件中 61 - 70件表示
  • 佐藤正大

    佐藤正大から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は3歳の時に香月道場で始めた。小学校6年の時には全国小学生学年別柔道大会45kg級で優勝を飾った。中間南中学から大牟田高校へ進むと、2年の時には全国高校選手権81kg級で決勝まで進むが、東海大相模高校2年の小原拳哉に判定で敗れた。3年の時には金鷲旗で3位になった。インターハイでは準決勝で小原に技ありで敗れて3位にとどまった。佐藤正大 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田健太郎

    飯田健太郎から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    国士舘高校へ進むと、1年の時には全日本カデ90kg級で優勝した金鷲旗では決勝で小川雄勢率いる修徳高校に敗れて2位だった。インターハイでは決勝の修徳高校戦で一本勝ちするなどしてチームの優勝に貢献した。国体少年男子の部では東京都代表で出場するが、決勝で愛知県に敗れて2位だった。全国高校選手権の団体戦では決勝で大成高校と対戦すると、古賀颯人を大腰で破るなどしてチームの優勝に貢献すると、最優秀選手にも選ばれた。飯田健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 増田仁子

    増田仁子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    文の里中学2年の時に接骨院を経営している父親に勧められて、ニュージャパン柔道クラブで柔道を始めた。道場の同期には後に世界選手権52kg級で3位になる植田睦がいた。1987年には植田とともに市立桜宮高校へ進むと、2年の時には体重別の66kg級で決勝まで進むが、釜石南高校1年の阿部由記子に敗れて2位だった。高校選手権には72kg級に出場すると、決勝で阿蘇高校1年の鴨川真実を横四方固で破るなどオール一本勝ちで優勝を飾った。3年の時には体重別の66kg級で3位だった。増田仁子 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方亜香里

    緒方亜香里から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    もっと強くなりたい一心から、高校は柔道の強豪校として知られる阿蘇高校へ入学して寮生活を送ることになった。柔道部監督の松岡静也に「お前は絶対日本一になれる」と何度も鼓舞されたことで段々その気になっていったという。しかし、高校1年の8月に出場したインターハイ70kg級では初戦で敗れた。翌年3月には全国高校選手権の団体戦に出場するも、準々決勝で旭川南高校と対戦すると、大将戦と代表戦で立て続けに上野巴恵に一本負けしてチームは5位にとどまった。緒方亜香里 フレッシュアイペディアより)

  • 朝比奈沙羅

    朝比奈沙羅から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    渋谷教育学園渋谷高校へ進学直後に初出場した全日本柔道選手権大会では、準決勝で山梨学院大学4年の山部佳苗に払腰で敗れたものの、わずか15歳にして3位に入る健闘を見せた。金鷲旗では2位だった。インターハイでは団体戦で2位に終わったものの、個人戦では決勝で富士市立高校2年の滝川真央を2?1の判定で破って、1年生ながら優勝を飾った。続く全日本ジュニアでも優勝した。講道館杯では2回戦でJR東日本の白石のどかに敗れた。12月にはグランドスラム・東京に出場すると、準決勝でロンドンオリンピック金メダリストであるキューバのイダリス・オルティスに大腰で敗れたものの、16歳にして3位入賞を果たした。2013年2月にはヨーロッパオープン・ソフィアでシニアの国際大会初優勝を飾った。3月の高校選手権無差別では、決勝で新田高校2年の月波光貴穂を合技で破って優勝を飾った。2年の時には8月のインターハイ準決勝で滝川に技ありで敗れて2連覇はならなかった。11月の講道館杯では高校2年にして優勝を果たした。12月のグランドスラム・東京では準決勝で綜合警備保障の田知本愛に指導2で敗れるなどして5位にとどまった。2014年3月には右足小指を骨折して暫く戦列を離れていた。3年の時には復帰戦となった9月の全日本ジュニア決勝で大阪体育大学2年の山本沙羅を合技で破って2年ぶり2度目の優勝を飾った。10月の世界ジュニアでは準決勝で指導3勝ちした以外は全て一本勝ちして優勝を飾った。団体戦でも決勝のフランス戦を始め全試合に一本勝ちしてチームの優勝に貢献した。11月の講道館杯では準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝では山梨学院大学4年の井上愛美を指導3で破って2連覇を達成した。12月のグランドスラム・東京では、準決勝で田知本愛を指導2で破るも、決勝では三井住友海上の稲森奈見に大内刈で敗れて2位にとどまった。朝比奈沙羅 フレッシュアイペディアより)

  • 冨田若春

    冨田若春から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に大阪で開催された世界選手権の48kg級で6連覇を果たした田村亮子の活躍に影響を受けて、松前柔道塾で始めた。小学校5年の時に全国小学生学年別柔道大会40kg超級で優勝を飾った。6年の時には45kg超級で優勝して今大会2連覇を達成した。中学になると神奈川県にある相武館吉田道場に入門して寮生活を送ることになった。相原中学1年の時にはマルちゃん杯で3位になった。2年の時にはマルちゃん杯と近代柔道杯で3位になった。3年の時には全国中学校柔道大会の個人戦70kg超級で香長中学3年の斉藤芽生に有効で敗れて2位だった。団体戦では3位になった。マルちゃん杯は2位だった。埼玉栄高校へ進むと、1年の時にはインターハイの団体戦で優勝を飾った。国体少年女子の部では決勝で東京都に敗れて2位だった。全国高校選手権の個人戦無差別では決勝で東海大学第四高校2年の佐藤杏香に指導2で敗れて2位だったが、団体戦では同級生の常見海琴とともに活躍して優勝を飾り、最優秀選手に選ばれた。2年の時には全日本カデの70kg超級で優勝した。金鷲旗でも優勝を成し遂げた。アジアジュニアでは決勝でカザフスタンのルザ・ドゥフトゥルバエワに合技で敗れて2位に終わった。全国高校選手権の個人戦無差別では準決勝で元力士及びプロレスラーだった荒谷望誉の娘である荒谷莉佳子に横四方固で敗れて3位だったが、団体戦では前年に続いて常見とともに活躍して2連覇を飾った。3年の時には全日本選手権で5位に入った。金鷲旗では3位だった。インターハイの団体戦でも3位だったものの、個人戦では決勝で東大阪大敬愛高校3年の斉藤芽生を上四方固で破って優勝した。全日本ジュニアでは決勝で東海大学1年の朝比奈沙羅に合技で敗れて2位だったものの、世界ジュニア代表に選ばれた。世界ジュニアでは決勝でブラジルのカミラ・ノゲイラを内股で破るなど、オール一本勝ちで優勝を飾った。団体戦でも決勝のフランス戦を始め全試合に勝利してチームの優勝に貢献した。12月のグランドスラム・東京では準々決勝でロンドンオリンピック金メダリストであるキューバのイダリス・オルティスに敗れるなどして5位に終わった。2016年にはコマツの所属となった。2017年のヨーロッパオープン・ソフィア決勝ではリオデジャネイロオリンピックで優勝したエミリ・アンデオルに反則負けを喫して2位だった。冨田若春 フレッシュアイペディアより)

  • 海老泰博

    海老泰博から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は7歳の時に心技塾で始めた。小杉中学3年の時に全国中学校柔道大会66kg級で2位になった。小杉高校2年の時にはインターハイ73kg級で2位になった。全国高校選手権の団体戦では3位だった。3年になって階級を81kg級に上げると、インターハイの個人戦では5位だったものの、団体戦では2位となった。全日本ジュニアでも2位になった。なお、中学及び高校時代は田知本愛と同期だった。海老泰博 フレッシュアイペディアより)

  • 和田梨乃子

    和田梨乃子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    大成高校に進むと、1年の時には全日本カデで3位になった。全国高校選手権では無差別に出場して70kg級の選手ながらオール一本勝ちで決勝まで進むも、敬愛高校2年の児玉ひかるに内股で敗れて2位だった。2年の時には金鷲旗決勝の敬愛高校戦で新森涼に敗れて2位だった。インターハイの個人戦では3回戦で敗れた。一方で、団体戦では準々決勝まで勝利すると準決勝の敬愛高校戦で新森と引き分けるが、代表戦でエースの粂田晴乃が児玉を破った。決勝は出場しなかったが粂田らが勝利してチームは優勝した。国体少年女子の部では愛知県チームの一員として優勝に貢献した。全国高校選手権の個人戦無差別では昨年に続いて決勝まで進むが、南筑高校1年の素根輝に合技で敗れて再び2位にとどまった。団体戦では決勝で夙川学院高校と対戦すると、大将戦で優勢勝ちするが、相手先鋒の阿部詩があげた反則勝ちを上回れず2位に終わった。金鷲旗では準決勝の南筑高校戦で素根に大将勝負まで持ち込まれると、技ありで敗れて3位にとどまった。インターハイ団体戦では第1シードながら初戦の帝京高校戦で敗れるも、個人戦では78kg級に階級を上げてオール一本勝ちで優勝した。全日本ジュニアでは決勝で三井住友海上の梅津志悠に内股すかしで敗れて2位だった。講道館杯では決勝で自衛隊体育学校の濱田尚里と対戦すると、技ありを先取しながら技ありを取り返された直後に腕挫十字固で一本負けして2位だった。12月のグランドスラム・東京では2回戦でオランダのフーシェ・ステーンハイスにGSに入ってから技ありで敗れた。2018年2月のヨーロッパオープン・ローマではオール一本勝ちしてシニアの国際大会初優勝を飾った。和田梨乃子 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺華奈

    渡辺華奈から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は7歳の時に臨海塾で始めた。渋谷教育学園渋谷中学3年の時に全国中学校柔道大会の63kg級に出場するが3回戦で敗れた。渋谷教育学園渋谷高校1年の時には全国高校選手権で5位だった。2年の時には金鷲旗で1年後輩の中村美里などとともに活躍して決勝まで進むも、埼玉栄高校に敗れて2位にとどまった。インターハイの個人戦では決勝で岡豊高校3年の和田麻未に敗れて2位、団体戦では3位だった。全国高校選手権の団体戦では中村とともに活躍して決勝まで進むが、三田松聖高校に敗れて2位に終わった。3年の時にはアジアジュニアで優勝するも、全日本ジュニアでは3位だった。2007年には東海大学へ進学した。1年の時に全日本ジュニアで優勝した。柔道仲間からはパトとあだ名で呼ばれており、渡辺があだ名の理由を2年先輩の平井希に尋ねられると、本名は「渡辺パトリシア華奈」というハーフだと騙って数年間も相手を信じ込ませた。実際は友人が飼っていたパトリシアという名のインコと似ていたためにパトと呼ばれていただけだった。3年の時には講道館杯で5位となった。4年の時には体重別に出場するも、初戦で了徳寺学園職員の田中美衣に巴投で敗れた。学生体重別では3位に入った。2011年にJR東日本の所属となると、2013年の実業個人選手権で3位となった。その後、57kg級に階級を変更すると、2016年の実業団体ではコマツ戦で前年の講道館杯優勝者の石川慈を技ありで破るなどしてチームの2位に貢献した。この際に優秀選手賞を受賞している。アジアオープン・台北では決勝で自衛隊体育学校の金子瑛美に敗れて2位だった。なお、ロンドンオリンピック金メダリストの松本薫とはよく練習する仲間だという。渡辺華奈 フレッシュアイペディアより)

  • 新改七星

    新改七星から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は8歳の時に青雲塾で始めた。夙川学院中学3年の時に全国中学校柔道大会の52kg級で3位になった。夙川学院高校1年の時には全国高校選手権の57kg級で優勝を飾った。2年の時には全国女子体重別63kg級の決勝で埼玉大学4年の山田真由美を内股の効果で破って、高校2年ながらシニアの全国大会で優勝を成し遂げた。全国高校選手権では70kg級で勝利を収めて前回の57kg級に続いて2階級制覇を達成した。但し、70kg級での出場は今回限りだった。なお、同級生の八代谷優子は63kg級で連覇を果たした。3年の時には金鷲旗で3位となった。2000年には東海大学へ進んだ。同級生には後にアテネオリンピックの78kg超級で金メダルを獲得することになる塚田真希がいた。暫く大きな活躍はなかったが、3年の時に優勝大会で2位になった。4年の時には優勝大会と学生体重別の63kg級で優勝を飾った。大学卒業後は警察官となり、2004年には大阪府警察の所属となると、全国警察柔道選手権大会の無差別で2位になった。2006年には講道館杯で3位、2007年には選抜体重別で3位にそれぞれ入った。新改七星 フレッシュアイペディアより)

270件中 61 - 70件表示

「高校柔道」のニューストピックワード