270件中 71 - 80件表示
  • 田川兼三

    田川兼三から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に橘柔道教室で始めた。小学校5年の時に全国小学生学年別柔道大会の45kg級に出場するが予選リーグで敗れた。6年の時には50kg級の決勝トーナメント1回戦で敗れた。東長崎中学3年の時に全国中学校柔道大会55kg級の初戦で神戸生田中学2年の阿部一二三に指導2で敗れた。長崎日大高校1年の時に全国高校選手権60kg級で5位となった。2年の時には66kg級に階級を上げるが、インターハイでは3回戦で敗れた。全国高校選手権では73kg級の2回戦で敗れた。3年の時にはインターハイ66kg級の決勝で神港学園高校2年の阿部一二三に釣込腰で敗れて2位だった。2015年には筑波大学へ進学すると、1年の時には全日本ジュニアと学生体重別で3位となった。2年の時には全日本ジュニアで2位になると、学生体重別では優勝を飾った。グランプリ・青島では3位になった。3年の時には学生体重別と体重別団体で3位だった講道館杯では決勝まで進むが、ミキハウスの丸山城志郎に技ありで敗れた。グランドスラム・東京では3回戦で敗れた。グランドスラム・デュッセルドルフでは準々決勝で世界ランキング1位であるイスラエルのタル・フリッカーを技ありで破るなどして決勝まで進むと、60kg級の元世界チャンピオンであるウクライナのゲオルグリー・ザンタラヤをGSに入ってから技ありで破って、世界ランキング205位ながらIJFワールド柔道ツアー初優勝を成し遂げた。田川兼三 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属浦安高等学校・中等部

    東海大学付属浦安高等学校・中等部から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    団体戦 - 2012年に三冠達成(金鷲旗、インターハイ、高校選手権)。2013年も金鷲旗と高校選手権でそれぞれ二連覇を達成。東海大学付属浦安高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

  • 出口クリスタ

    出口クリスタから見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    松商学園高校に進学すると、全日本カデでは米澤に合技で敗れて2位だったものの、インターハイでは宮崎日大高校3年の志々目愛を有効で破り、1年生にして優勝を飾った。高校選手権の個人戦には計量で失格となり出場できなかったが、団体戦ではチームメイトの津金恵とともに活躍して3位となった。出口クリスタ フレッシュアイペディアより)

  • ベイカー茉秋

    ベイカー茉秋から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    東海大浦安高校に入学した時点では66kg級の選手だったが、団体戦で戦うために監督の竹内徹の指示で1日7食の食事とウェイトトレーニングに取り組むと、81kg級まで階級が上がり、2年のインターハイ個人戦では3位となった。その後さらに90kg級に上げると、高校選手権では個人戦でオール一本勝ち、団体戦でも大将として後輩のウルフとともにチームの初優勝に大きく貢献することとなった。3年になり7月の金鷲旗でも優勝を飾った。8月のインターハイ個人戦では初戦で大牟田高校3年の大町隆雄にGSに入ってからの有効勝ちにとどまり、公式試合における一本勝ちの連続記録が46で途絶えたものの、その後は一本勝ちを積み重ねて優勝すると、団体戦でもオール一本勝ちで優勝を果たして高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成することになった。高校2年の後半から突如として急激な成長を遂げた、今までにないタイプのかくの如き活躍に対して、「高校柔道というひとつの価値観に全く違う世界から突然舞い降りた異星人」と評する声も上がった。しかし、9月の全日本ジュニアでは準決勝で筑波大学1年の小林悠輔に内股で一本負けを喫して3位に終わり、久々の敗戦を味わうことになった。10月の国体少年男子の部では千葉県の優勝に貢献した。11月の講道館杯では準々決勝で全日本チャンピオンでもある千葉県警の加藤博剛に小外掛で敗れるが、敗者復活戦を勝ち上がって3位となった。ベイカー茉秋 フレッシュアイペディアより)

  • 江畑丈夫

    江畑丈夫から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    国士舘高校に進むと、1年の時には全日本カデで優勝して世界カデ代表に選出された。世界カデでは準決勝のグルジア選手との試合で優勢に試合を進めながら不可解な判定負けを喫して3位にとどまった。2年の時には全国高校選手権の個人戦決勝で東海大学浦安高校2年の前田宗哉に判定で敗れて2位だった。団体戦では決勝で東海大学浦安高校と対戦すると、エースの田崎が大将戦でウルフ・アロンに合技で敗れて2位に終わった。3年の時には金鷲旗 で3位、インターハイの個人戦では準々決勝で前田に判定で敗れて5位、団体戦では3位だった。江畑丈夫 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部詩

    阿部詩から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    2016年には夙川学院高校に進学すると、1年の時には全日本カデの決勝で大成高校1年の河端風を指導2で破って優勝を飾った。インターハイでは初戦で広島皆実高校3年の島谷真央と対戦すると、河津掛を仕掛けたとみなされて反則負けを喫した。全日本ジュニアでは準決勝で大成高校3年の武田亮子に大外返で敗れて3位だった。講道館杯では準決勝で了徳寺学園職員の角田夏実に腕挫十字固で敗れるも、高校1年ながら3位入賞を果たした。12月には初のシニアの国際大会であるグランドスラム・東京に出場すると、史上最年少の16歳141日で決勝まで進むが、角田に腕挫十字固で敗れて優勝はならなかった。なお、兄の一二三は優勝したことにより、兄妹でのメダル獲得となった。2017年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは準々決勝で了徳寺学園職員の志々目愛を内股で破ったのをはじめ全試合に一本勝ちして決勝まで進むと、フランスのアマンディーヌ・ブシャールを内股の技ありで破って優勝を飾り、IJFワールド柔道ツアーを史上最年少の16歳225日で制することとなった。この際に全日本女子代表監督の増地克之は次のように語った。「プレッシャーがかかる場面で力を発揮できる。スター性を感じた」「課題はありますけど何か周りを引き付けるものを持っている。期待も込めて谷亮子選手のようになってもらいたい」。3月の全国高校選手権個人戦では準々決勝までの3試合を寝技で一本勝ちすると、準決勝は指導2による勝利だったものの、決勝では新田高校2年の児玉風香を開始早々の袖釣込腰で破って優勝した。翌日の団体戦では決勝の大成高校戦で反則勝ちを収めるなど全試合に勝利してチームを優勝に導いて最優秀選手に選出された。これにより個人戦との2冠を達成した。寝業師で知られる舟久保遥香のいる富士学苑高校で寝技修業を積んだ成果も今大会で現れた。阿部詩 フレッシュアイペディアより)

  • 秋本啓之

    秋本啓之から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に始める。桐蔭学園高等学校時代、無差別で争われる全国高校選手権で、66kgの選手ながら重量級の選手を次々破って無差別級で優勝という快挙を成し遂げる。この時の対戦相手に2010年全日本柔道選手権大会2位の立山広喜がいる。秋本啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 王子谷剛志

    王子谷剛志から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    幼少の頃は柔道好きの父親によく柔道の試合を見せられていた。そのなかでも井上康生の試合に魅了されたこともあって、7歳の時にやまびこ少年柔道クラブで柔道を始めた。小学生の時は父親に払腰と大外刈を仕込まれた。東海大相模中学時代は全国大会の個人戦、団体戦で何度か上位に入るが優勝までには至らなかった。なおこの時期は、監督の林田和孝の指示で払腰ではなく大外刈の方を重点的に強化することになった。東海大相模高校2年の時には1年先輩の羽賀龍之介や橋本壮市、藤井岳などとともに活躍して、団体戦の高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)に貢献した。高校3年の時には全国大会の団体戦でいずれも国士舘高校に敗れて2位に終わるが、インターハイの個人戦100kg超級では優勝した。さらに全日本ジュニアで優勝して、世界ジュニア代表に選出されると、世界ジュニアにおいても決勝で東海大学に柔道留学している中国の王皓を有効で破り、この階級で山下泰裕以来34年ぶりの優勝を成し遂げた。王子谷剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和哉 (柔道)

    佐藤和哉 (柔道)から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    静岡学園高校1年の時には全日本カデ90kg超級の準決勝で国士舘高校の田崎健祐に大外刈で敗れた。高校選手権の無差別では準決勝で東海大浦安高校のウルフ・アロンに小外掛で敗れて3位だった。高校2年の3月には全日本選手権の東海予選に出場すると、決勝リーグで2勝1敗の成績を収めて2位となり本大会への出場権を獲得した。高校生での全日本選手権出場は1996年に出場した東海大相模高校の井上康生以来17年ぶり5人目のこととなった。続く高校選手権無差別では準決勝で昨年敗れたウルフを大内返で下すと、決勝でも田崎を大外刈の技ありで破って優勝を飾った。4月の全日本選手権では初戦となる2回戦で岡山商科大学職員の菊川顕に指導3で勝利したが、3回戦では旭化成の百瀬優に大外刈の技ありで敗れたものの、高校生ながら全日本で1勝を上げることになった。8月のインターハイでは準々決勝でウルフに優勢負けして5位に終わった。9月の全日本ジュニアでは3位だった。10月の世界ジュニア個人戦では初戦で敗れたが、団体戦では3位になった。佐藤和哉 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 小林悠輔

    小林悠輔から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に上尾警察署ひまわり柔道教室で始めた。埼玉栄中学3年の時に全国中学校柔道大会の90kg級に出場するも3回戦で敗れた。埼玉栄高校1年の時には高校選手権の90kg級で3位になった。2年の時には金鷲旗で3位だった。3年の時にはインターハイの個人戦と団体戦でともに3位となった。小林悠輔 フレッシュアイペディアより)

270件中 71 - 80件表示

「高校柔道」のニューストピックワード