875件中 11 - 20件表示
  • 佐藤文男 (1953年生の投手)

    佐藤文男 (1953年生の投手)から見た高校野球高校野球

    引退後、郷里に戻り高校野球の監督を目指し猛勉強、1984年府中東高校の実習教員として採用され、11年後の1995年にようやく教員免許を取得した。一般的に30歳を越えると教員として採用されるのは難しく、部活動の指導者はさらに難しい。佐藤のように40歳を越えてからの例は珍しい。近年は日本高等学校野球連盟の元プロ野球選手の特別措置が緩和され2年間、教員としての実績があれば、日本学生野球協会の審査を受け指導者になる許可が出る。1997年から2007年まで同校野球部監督を務め、『西本魂』の厳しい指導を行ったが甲子園出場は成らなかった。佐藤文男 (1953年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • 上越市高田公園野球場

    上越市高田公園野球場から見た高校野球高校野球

    1949年7月、当時の高田市に高田市営球場(たかだしえいきゅうじょう)として竣工。1971年、高田市が直江津市と新設合併し「上越市」となったのに伴い上越市営球場に改称し、その後現名称となる。開場以来高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われている他、かつてはプロ野球公式戦も数度開催された。最後に開催された一軍公式戦は1981年のパ・リーグ公式戦・南海ホークス対西武ライオンズ戦である(上越市合併10周年記念事業の一環)。2007年からはベースボール・チャレンジ・リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが毎年1 - 2試合、主催公式戦を開催している。上越市高田公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 田中誠 (漫画家)

    田中誠 (漫画家)から見た高校野球高校野球

    半年近く経って、以前から自身の趣味でもあった高校野球のストーリーを描いた『実録!関東昭和軍』が、『モーニング』31号から5週連続で自身の新開拓の漫画として掲載された。内容は戦前の軍隊教育のように過酷な体罰奨励の立場にいて戦いと称して、命がけで甲子園を目指すために手段を選ばない高校球児のヒューマン・コメディとして描かれた漫画である。当初、予定通りに5週連続で掲載は終了したが、40号から正式に連載が開始され、2008年の10号まで1年余り連載が続いた。田中誠 (漫画家) フレッシュアイペディアより)

  • 富山市民球場アルペンスタジアム

    富山市民球場アルペンスタジアムから見た高校野球高校野球

    富山市内には、市内中心部西側の富山大学隣接地に県営富山野球場(1950年完成、現在も存続)があり、高校野球や社会人野球など各種アマチュア公式戦をはじめ、プロ野球公式戦も開催された。特に読売ジャイアンツ(巨人)の創設者で「プロ野球の父」とも言われる正力松太郎が富山県の出身である縁もあって、巨人が年間1カード、石川県立野球場との2連戦形式で北陸シリーズを開催するなどプロ各球団が公式戦を開催してきた。しかし、老朽化で敷地が狭隘であるため大規模な増改築やナイター設備の追加設置が望めないことから、富山県内ではプロ野球を開催できる本格的な野球場の建設を求める声がかねてから上がっていた。富山市民球場アルペンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 池田模範堂

    池田模範堂から見た高校野球高校野球

    1987年から1990年頃まで、当時高校野球の強豪として知られていた徳島県の池田高校にあやかり、高校野球を題材にしたCMを放送していた。CMは、「駅から(甲子園へ)旅立つユニフォームを着たナインと見送る生徒たち」(タイトル不明)、「甲子園で勝利してナインが校歌を歌う」(甲子園編)、「スタンドで応援する人々」(「カットバセームーヒ、痒み倒せ―オー!」という掛け声が入る)といった種類があった(校歌はBGMで流れるだけのバージョンもあった)。いずれもメインで出演していたのは監督役の藤田まこと(但し中途で降板)だった。このCMでは校歌に社名が盛り込まれていたため、商品名の「ムヒ」に比べて無名同然だった社名の知名度が一気に上がった。なおCMによってはスコアボードの自校欄には「I」、相手校欄には「U」と書かれていたことから、Uとはライバルで「ウナ」ブランドで有名な興和ではないかという声も挙がった。池田模範堂 フレッシュアイペディアより)

  • みどりと森の運動公園野球場

    みどりと森の運動公園野球場から見た高校野球高校野球

    2010年当時、新潟市内には硬式野球で使用できる市有の野球場が合計4箇所あった。このうち周辺地域を順次編入合併する2001年以前からのいわゆる「旧市域」内には、中央区の鳥屋野運動公園野球場、西区の新潟市小針野球場の2球場があるが、いずれも1970年以前に竣工したもので老朽化が著しく、改修・補修が行き届いていない上に設備の陳腐化などもあり、その機能が低下しつつある。特に後者の小針野球場は高校野球など県内アマチュア球界において主要大会の開催球場となっていたものの、球場の設備自体が整っていない上に駐車場の収容台数が少なく、更には球場周辺の宅地化が急速に進捗したため、打球の飛び込みや騒音などに対し周辺住民からたびたび苦情が寄せられるなど長年にわたって問題を抱えていた。みどりと森の運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立びんご運動公園野球場

    広島県立びんご運動公園野球場から見た高校野球高校野球

    広島県東部地区のスポーツ・レクリエーションの需要に対応するため、県は1999年度からびんご運動公園内で野球場の整備事業に着手した。その際「他にはない、特徴ある野球場を」というアイディアが挙がり、さらに広島県高等学校野球連盟からも「高校野球の広島県勢はここ数年、夏の選手権、春のセンバツでの戦績が芳しくなく、競技力を長期的に底上げしたい」との要望が寄せられた。こうしたことから、野球場のフィールド部分は阪神甲子園球場をモデルに設計されることになった。広島県立びんご運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本吹奏楽コンクール

    全日本吹奏楽コンクールから見た高校野球高校野球

    同館が吹奏楽コンクール全国大会で初めて使用されたのは、第20回(1972年)大会である。その後、第25回(1977年)大会から第59回(2011年)大会まで(後述する第53回大会を除く)、同館で開催されていた。さらに、予選を勝ち抜いた学校のみ同館で演奏できたことから、「吹奏楽の甲子園」と呼ばれていた。全日本吹奏楽コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 3月21日

    3月21日から見た高校野球高校野球

    1961年 - 森下知幸、高校野球指導者3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • NHKラジオ第1放送

    NHKラジオ第1放送から見た高校野球高校野球

    なお、2012年度から、高校野球期間中は「日曜討論」が24時台に放送される(雨天中止時も同)ため、放送設備点検が実施される地域はそれの終了後の基本1:10(討論の内容により延長有り)から5:00まで休止となるため、「日曜討論」終了後1分間は休止・減力放送となる地域はそのアナウンス、通常放送が行われる地域は時間調整のフィラー音楽を放送してから「ラジオ深夜便」(本編)をスタートさせる。またFMが放送休止となりラジオ第1が通常放送となる地域では1:00の放送休止のアナウンスで「深夜便は1時10分(または11分)からラジオ第1放送でお聴き下さい」とアナウンスされる(したがって、FMが午前1:00で休止となる地域では、「深夜便」冒頭の定時ニュースが聴取できないことになるが、周辺都府県の放送が聞ける場合とサイマルラジオサービスはこの限りではない)。また一部の局では、FMへの迂回を促す放送で道府県内主要都市のFM中継局の周波数を知らせる場合もある(逆に、FMが休止時のラジオ第1への迂回を促す放送である場合も、ラジオ第1の周波数を知らせる局がある)。NHKラジオ第1放送 フレッシュアイペディアより)

875件中 11 - 20件表示

「高校野球」のニューストピックワード