前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
259件中 1 - 10件表示
  • 高校野球

    高校野球から見た駒澤大学附属苫小牧高等学校

    その後、2004年夏の大会で駒大苫小牧(南北海道)が全国制覇を成し遂げ、それまでの最北だった作新学院(栃木)を大きく更新し、優勝旗は一足飛びに津軽海峡を越えた。駒苫ナインを乗せた機内にて、キャビンアテンダントが「深紅の大優勝旗も皆さまとともに津軽海峡を越え、まもなく北海道の空域へと入ります」と放送し、乗客はこぞって歓声を上げたという(駒苫の優勝時に発行された北海道新聞の号外では「海峡越え」と表記された)。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た日本テレビ放送網

    上重聡(日本テレビ放送網アナウンサー)・・・'96の第78回選手権、'98の第70回選抜と第80回選手権に出場。PL学園高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た国民体育大会

    国民体育大会 (国体)出場校数12高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た松坂大輔

    負けが一切許されないトーナメント戦であるが故に、エース投手が登板間隔や投球数を無視して連投し続けるなど、根拠のない精神論・根性の名の下にスポーツ医学・スポーツ生理学の常識を無視し、体を酷使して痛めてしまい、野球選手としての将来の道が絶たれる事例も相次いで出ている。古典的な例としてよく挙げられるのが、板東英二と太田幸司(いずれも延長18回と再試合を一人で完投)。腕は壊さなかったが松坂大輔(250球を投げたものの再試合は回避できた)の時も問題となった。高野連は昔から投手を複数育成してローテーションを組み、選手に無茶な連投をさせないよう各方面に訴え続けているが、残念ながらほとんどの学校は勝利至上主義のために警告を無視し、エースのフル回転に頼り切っている状態である(後述「」にもあるスター選手はこうして作られる)。地域やファンからの期待がそうさせているのも現状である。この事から球数制限を設けるなど、高校野球の公式戦のルールそのものを変える必要があるのではないかと論議が起きている。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た清原和博

    現在、一人の選手が甲子園に出場できるのは最大5回までである。しかし、学制改革前は旧制中学が5年制のため、6回以上甲子園に出場することが可能であり、理論上は一人の選手が9回出場することが可能だった。なお、実際には一人の選手による最多出場回数は8回が最高であった。学制改革後に、5回すべてに出場した選手は清原和博、荒木大輔、桑田真澄の他、小沢章一、梅田大喜等がいる。そのうち全大会でホームランを打った選手は、清原のみである。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た全国高等学校バレーボール選抜優勝大会

    県予選の段階から、全校生徒または各学年単位で生徒を動員しての野球応援を強制されるケースがある。また、野球部関連は勿論、関係の無い親やOB、近隣住民までが、遠征費等の必要経費の寄付を求められることもある(当然、勝ち進めるほど負担が重くなる)。そもそも、野球部員である生徒個人の活動であるのに、生徒以外の者が強制的に動員されたり、経費を負担させられるのは明らかに不合理である。また、応援の動員を拒否した場合、夏休みであるにも関わらず時間外補習等の罰則を科す学校さえある。もっとも、上記のような寄付や応援のシステムは、高校サッカーや「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」などの大会でもしばしば見られる状況であり、必ずしも高校野球に限った問題というわけでない。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た桑田真澄

    現在、一人の選手が甲子園に出場できるのは最大5回までである。しかし、学制改革前は旧制中学が5年制のため、6回以上甲子園に出場することが可能であり、理論上は一人の選手が9回出場することが可能だった。なお、実際には一人の選手による最多出場回数は8回が最高であった。学制改革後に、5回すべてに出場した選手は清原和博、荒木大輔、桑田真澄の他、小沢章一、梅田大喜等がいる。そのうち全大会でホームランを打った選手は、清原のみである。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た横浜高等学校

    校歌が一定の長さ以上の場合、省略したものを用いる場合がある(最近では2003年春の横浜など)。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た太田幸司

    負けが一切許されないトーナメント戦であるが故に、エース投手が登板間隔や投球数を無視して連投し続けるなど、根拠のない精神論・根性の名の下にスポーツ医学・スポーツ生理学の常識を無視し、体を酷使して痛めてしまい、野球選手としての将来の道が絶たれる事例も相次いで出ている。古典的な例としてよく挙げられるのが、板東英二と太田幸司(いずれも延長18回と再試合を一人で完投)。腕は壊さなかったが松坂大輔(250球を投げたものの再試合は回避できた)の時も問題となった。高野連は昔から投手を複数育成してローテーションを組み、選手に無茶な連投をさせないよう各方面に訴え続けているが、残念ながらほとんどの学校は勝利至上主義のために警告を無視し、エースのフル回転に頼り切っている状態である(後述「」にもあるスター選手はこうして作られる)。地域やファンからの期待がそうさせているのも現状である。この事から球数制限を設けるなど、高校野球の公式戦のルールそのものを変える必要があるのではないかと論議が起きている。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た荒木大輔

    現在、一人の選手が甲子園に出場できるのは最大5回までである。しかし、学制改革前は旧制中学が5年制のため、6回以上甲子園に出場することが可能であり、理論上は一人の選手が9回出場することが可能だった。なお、実際には一人の選手による最多出場回数は8回が最高であった。学制改革後に、5回すべてに出場した選手は清原和博、荒木大輔、桑田真澄の他、小沢章一、梅田大喜等がいる。そのうち全大会でホームランを打った選手は、清原のみである。高校野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
259件中 1 - 10件表示

「高校野球」のニューストピックワード