259件中 101 - 110件表示
  • 高校野球

    高校野球から見た兵庫県立洲本高等学校

    注:八重山商工の他、沖縄本島以外の「島」からは久賀(山口:1962年春、1999年夏)、隠岐(島根:2003年春)、洲本(兵庫:1953年春、1975年夏、1986年春)が甲子園に出場している。しかし、久賀の在る周防大島は瀬戸内海であるうえ、2回目の出場時には本土との架橋島、隠岐は21世紀枠での出場(通常の戦績の他に、「離島」であることも考慮されているであろう)、洲本は1953年春の優勝校であるが、学校所在地が離島とはいえない「淡路島」である。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た旭川実業高等学校

    かつて、北海道の高校野球は「負け」の代名詞とさえ言われた。2004年夏の駒大苫小牧の優勝まで、ベスト8進出は1961年、1962年、1994年(いずれも北海・南北海道)と1995年(旭川実業・北北海道)と僅か4回・2校のみであった。春の代表は1963年に北海が準優勝、1993年に駒大岩見沢がベスト4まで勝ち進んでいる。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た慶應義塾高等学校

    関東の学校が、全国制覇を成し遂げた場合の高校野球の隠語。初めて箱根を越したのは1916年の夏の大会の慶應普通部(東京)、その後1949年の夏の大会の湘南(神奈川)が達成した。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た島根県立隠岐高等学校

    注:八重山商工の他、沖縄本島以外の「島」からは久賀(山口:1962年春、1999年夏)、隠岐(島根:2003年春)、洲本(兵庫:1953年春、1975年夏、1986年春)が甲子園に出場している。しかし、久賀の在る周防大島は瀬戸内海であるうえ、2回目の出場時には本土との架橋島、隠岐は21世紀枠での出場(通常の戦績の他に、「離島」であることも考慮されているであろう)、洲本は1953年春の優勝校であるが、学校所在地が離島とはいえない「淡路島」である。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た明石市

    硬式野球以外のものとして、軟球を用いる軟式野球の全国高等学校軟式野球選手権大会がある。こちらは夏の甲子園大会終了後の8月下旬に、兵庫県明石市と高砂市の球場で行われている。他に国民体育大会においても、軟式野球部の大会が行われる。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た栄冠は君に輝く

    夏の大会では校歌をもたない学校が勝利した場合、栄冠は君に輝くが校歌代わりとなる。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た済美高等学校 (愛媛県)

    新設された高校の野球部(最近では主に女子高の共学化)が2年目の後半に入り、創部とともに入部し練習・試合を行ってきた部員が3年生になる前後から、突如として地方大会や全国大会を勝ち進む事がある。以前は駒大苫小牧(南北海道)が3年で出場する例が最速であったが、済美(愛媛)は創部2年目の2003年の夏までは目立った成績はあげられなかったが、その年の秋の四国大会でいきなり優勝し、2004年春のセンバツでも快進撃は続き優勝、夏の選手権で準優勝(共に初出場)に輝いた。同様な例に、神村学園(鹿児島)の春センバツ準優勝などがある。とにかく群を引くのは遊学館(石川)の実質1年4ヶ月が最速とされている(当然、全部員が1、2年生)。この記録は高校野球史上最速で全国大会に出場した記録とされている。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た日本経済新聞

    高校野球の諸問題をジャーナリズム的視点から改革することをマスコミは一切行わないともされ、各問題がほとんど報道されない、マスコミで議論されないことは社会問題との指摘もある。(本来であれば主催者ではない読売新聞・産経新聞などが異を唱えるべきであろうが、他の高校スポーツ選手権の主催スポンサー(前者は系列の日テレがサッカー、後者は系列のフジテレビと共同でバレー)になっているためか、切り出せないでいる。この意味では全国紙で高校スポーツに携わっていないのは日本経済新聞だけであるが、経済とは関連の薄い分野でもあり、一般的な報道に留まっている)。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た佐世保実業高等学校

    翌2004年、第86回全国高等学校野球選手権大会で甲子園に戻ってきた駒大苫小牧は、前年の降雨ノーゲームによる悔しい負け方をばねに、初戦の2回戦で佐世保実(長崎)を7-3で下し、北海道勢春夏50勝目の勝利を挙げた。その後も駒大苫小牧は日大三、横浜など強豪に勝ち続け、そして決勝では済美(愛媛)を13-10で下し、見事に北海道勢としても甲子園初優勝を果たした。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た常総学院中学校・高等学校

    続く3回戦、鹿児島商工は常総学院(茨城)と対戦し、鹿児島商工が4-0と大きくリードしながらも4回表、前日に続く雨で今度は降雨ノーゲームになってしまい、翌日の再試合ではなかなか点が取れず投手戦になり、7回表に1点を取った常総学院にそのまま1-0で逃げられてしまう。高校野球 フレッシュアイペディアより)

259件中 101 - 110件表示

「高校野球」のニューストピックワード