259件中 11 - 20件表示
  • 高校野球

    高校野球から見た板東英二板東 英二

    負けが一切許されないトーナメント戦であるが故に、エース投手が登板間隔や投球数を無視して連投し続けるなど、根拠のない精神論・根性の名の下にスポーツ医学・スポーツ生理学の常識を無視し、体を酷使して痛めてしまい、野球選手としての将来の道が絶たれる事例も相次いで出ている。古典的な例としてよく挙げられるのが、板東英二と太田幸司(いずれも延長18回と再試合を一人で完投)。腕は壊さなかったが松坂大輔(250球を投げたものの再試合は回避できた)の時も問題となった。高野連は昔から投手を複数育成してローテーションを組み、選手に無茶な連投をさせないよう各方面に訴え続けているが、残念ながらほとんどの学校は勝利至上主義のために警告を無視し、エースのフル回転に頼り切っている状態である(後述「」にもあるスター選手はこうして作られる)。地域やファンからの期待がそうさせているのも現状である。この事から球数制限を設けるなど、高校野球の公式戦のルールそのものを変える必要があるのではないかと論議が起きている。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見たワールド・ベースボール・クラシック

    上記の矛盾については批判の声もあり、大会運営を高校生の手に委ねることや、全国規模の大会を廃し地方ブロック大会止まりにすること、夏の大会では甲子園だけではなく、複数球場での分散開催、また比較的涼しい北日本の球場またはドーム球場での開催などを提案する声もある。また、学校対抗では無理があるとしてクラブチーム化、あるいは私立強豪校と公立校を別枠にする意見もある。指名打者制を導入したりワールド・ベースボール・クラシックに倣って投球数制限を行なうべき、あるいは負けが一切認められない今のトーナメントでなく、1次リーグを設け、リーグで勝利した学校が決勝に出るシステムなども提案されている。これらを行なえば選手になれるチャンスが増えるため試合出場の機会も増え、野球人口の拡大につながるという意見がある。しかし、すでに大会が「高等学校の課外活動」の域を超えた「国民的行事」(スポーツ紙・一般紙を問わず、開催期間中(特に甲子園での春・夏の本大会)は大きく報じられるレベル)になっており、野球部と高校野球を経営戦略に組み込んでいる私立高校も多数存在するため、教育的な立場からの改革は難しいのが現状である。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見たプロ野球ドラフト会議

    「地域代表」的な立場やプロ野球への登竜門としての要素があるために(実際にプロ野球球団のスカウトがバックネット裏の観覧席に陣取って、ドラフト上位候補と目される主要選手のチェックを行っている)、教育とは無関係な第三者の利権や介入が生じる。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た新聞社

    大会は商業新聞社(毎日、朝日)の主催であり、事実上新聞社や、新聞社の系列の放送局の宣伝にもなっている。また、前項のように、全国レベルの社会的イベントとしてNHKを含む各マスメディアが大きく取り上げることで、批判は表に出ず、「青春」の言葉の元に過度に美化されている面がある。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た文部科学省

    また、全国高等学校定時制通信制軟式野球連盟などの主催、文部科学省や高野連などの後援による、定時制高校と通信制高校を対象とした「全国高等学校定時制通信制軟式野球大会」が、毎年7月に地方予選が行われた後、8月に全国大会が神宮球場など東京都内の球場で行われている。これらの大会は「もうひとつの甲子園」と呼ばれる事も多い。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た宗教法人

    宗教法人系が経営する学校は、信者として全国から生徒を集められ、かつ強力になればテレビや新聞の報道が、バックの宗教団体の宣伝にもなる。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見たゴルゴ松本ゴルゴ松本

    ゴルゴ松本(TIM)・・・'85の第57回選抜に出場。熊谷商高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二・・・'67の第49回選手権に出場。早鞆高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た特待生

    甲子園出場を目的として特定の学校へ「野球留学」・越境通学をする例、「スポーツ推薦」で入学する例が増えた。本来の意味での“地元代表”なのか、と疑問視する声がある。日本学生野球憲章で禁じられているはずの野球による特待生制度で中学生を買い漁るスカウトもある事は公然の秘密である。「○○学院」「△△学園」「××大学(付属)」と冠が付く高校が“常連校”と化すなど、“私学部門と公立校部門に分けるべきではないか”との意見もある。高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高校野球

    高校野球から見た川上哲治

    1937年の夏の大会で、熊本工(熊本)は決勝戦で敗れて準優勝に終わった。決勝戦終了後に、熊本工の投手であった川上哲治は甲子園の土をユニフォームのポケットに入れた。その後、1949年の夏の大会で、小倉(福岡)が準々決勝で倉敷工(岡山)に負けた後、小倉の投手であった福島一雄が甲子園の土を拾って地元に持ち帰った。これが甲子園の土第一号とされている。 以降、高校球児たちの憧れである甲子園球場への出場の記念として、戦いに敗れた高校球児が試合後に甲子園の土を拾って持ち帰るようになった。高校野球 フレッシュアイペディアより)

259件中 11 - 20件表示

「高校野球」のニューストピックワード