33件中 11 - 20件表示
  • 高橋大斗

    高橋大斗から見たラハティ

    2003年、北海道東海大学を卒業後に土屋ホームに入社し、同社スキー部に所属。2004年3月5日、ワールドカップラハティ大会で初優勝。これは日本人選手としては1996年の荻原健司以来8シーズンぶりの優勝であった。更に翌日に行われた2003-04年シーズン最終戦で2勝目を挙げた。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見たリベレツ

    秋田県内でも豪雪地帯でクロスカントリースキーの盛んな旧阿仁町生まれ。競技を始めた当初はアルペンスキーをしていたが、中学3年生のときにノルディック複合に転向した。秋田県立鷹巣農林高等学校3年生のときに初めてノルディック複合・ワールドカップ(FIS World Cup Nordic Combined)に出場した。1999年、北海道東海大学に入学。在学中の2001-02年シーズンにはそれまでの日本のノルディック複合第一人者であった荻原健司の成績を上回るまでに成長。2002年1月18日に行われたワールドカップリベレツ大会で3位に入り、初めて表彰台に登った。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見た伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

    ジャンプの実力は2005年3月25日に行われた伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で純ジャンプの選手を差し置いて優勝しているほどである。アダム=マリシュのジャンプを参考にしていたという。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見たオリンピックノルディック複合競技

    2002年2月、ソルトレイクシティオリンピックでオリンピックに初出場。個人戦、個人スプリント戦、団体戦(高橋大斗・荻原健司・富井彦・森敏)に出場し、21日に行われた個人スプリントで6位入賞。オリンピック終了後、このシーズン限りで荻原が引退した後は名実ともに日本ノルディック複合陣のエースと呼ばれるようになった。ノルディック複合・ワールドカップ個人総合成績ではこれまでに3度、8位以内に入っている。(最高は5位。)高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見たスキージャンプ

    ジャンプを得意としている選手であり、グンダーセン方式の試合では、前半のジャンプで上位につける実力がある。後半の距離の方でいかにその順位を保てるかが課題である。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見たアルペンスキー

    秋田県内でも豪雪地帯でクロスカントリースキーの盛んな旧阿仁町生まれ。競技を始めた当初はアルペンスキーをしていたが、中学3年生のときにノルディック複合に転向した。秋田県立鷹巣農林高等学校3年生のときに初めてノルディック複合・ワールドカップ(FIS World Cup Nordic Combined)に出場した。1999年、北海道東海大学に入学。在学中の2001-02年シーズンにはそれまでの日本のノルディック複合第一人者であった荻原健司の成績を上回るまでに成長。2002年1月18日に行われたワールドカップリベレツ大会で3位に入り、初めて表彰台に登った。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見たノルディックスキー・コンバインド

    高橋 大斗(たかはし だいと、1980年12月16日 - )は、秋田県北秋田市出身のノルディック複合の選手。土屋ホームに所属している。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見た伊藤杯 宮の森ナイタージャンプ大会

    伊藤杯 宮の森ナイタージャンプ大会 優勝(2006年、2009年)高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見た北海道東海大学

    秋田県内でも豪雪地帯でクロスカントリースキーの盛んな旧阿仁町生まれ。競技を始めた当初はアルペンスキーをしていたが、中学3年生のときにノルディック複合に転向した。秋田県立鷹巣農林高等学校3年生のときに初めてノルディック複合・ワールドカップ(FIS World Cup Nordic Combined)に出場した。1999年、北海道東海大学に入学。在学中の2001-02年シーズンにはそれまでの日本のノルディック複合第一人者であった荻原健司の成績を上回るまでに成長。2002年1月18日に行われたワールドカップリベレツ大会で3位に入り、初めて表彰台に登った。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大斗

    高橋大斗から見た秋田県立鷹巣農林高等学校

    秋田県内でも豪雪地帯でクロスカントリースキーの盛んな旧阿仁町生まれ。競技を始めた当初はアルペンスキーをしていたが、中学3年生のときにノルディック複合に転向した。秋田県立鷹巣農林高等学校3年生のときに初めてノルディック複合・ワールドカップ(FIS World Cup Nordic Combined)に出場した。1999年、北海道東海大学に入学。在学中の2001-02年シーズンにはそれまでの日本のノルディック複合第一人者であった荻原健司の成績を上回るまでに成長。2002年1月18日に行われたワールドカップリベレツ大会で3位に入り、初めて表彰台に登った。高橋大斗 フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「高橋大斗」のニューストピックワード