前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
276件中 1 - 10件表示
  • 森雪之丞

    森雪之丞から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1989年のサディスティック・ミカ・バンド再結成の時に高橋幸宏の誘いで詞を書いた事がきっかけとなりロック系アーティストと仕事をするようになる。森雪之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 立花ハジメ

    立花ハジメから見た高橋幸宏高橋幸宏

    プラスチックス解散後の1982年、サックスに転向し、高橋幸宏をプロデューサーとして迎えて、初のソロ・アルバム『H』を発表、この時、自作楽器「アルプス1号」を使って演奏を行っている(以降自作楽器はアルプスシリーズとして4号まで製作された)。鈴木さえ子、矢口博康等とツアーも行う。立花ハジメ フレッシュアイペディアより)

  • トベタ・バジュン

    トベタ・バジュンから見た高橋幸宏高橋幸宏

    2008年にアルバム『青い蝶』を発表(坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子、堀込泰行(馬の骨/キリンジ)、トベタ・バジュン フレッシュアイペディアより)

  • テイ・トウワ

    テイ・トウワから見た高橋幸宏高橋幸宏

    2011年ヴォーカルに高橋幸宏とモデルの水原希子を迎え「The Burning Plain」を先行発売、「ハレの日にしか創らない。」初のコンセプト・アルバム『SUNNY』を発表。ジャケットも前2作同様、Barry McGeeが描き下ろしている。日本マクドナルドの「ハッピーセット」購入者を対象とした、スペシャルバージョンの「i-Dog」が当たるプレゼント企画へ楽曲を提供した。またアイウェアブランド「EFFECTOR(エフェクター)」より「TOWA TEI with EFFECTOR "MAESTRO"」を販売。テイ・トウワ フレッシュアイペディアより)

  • 高野寛

    高野寛から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1986年に高橋幸宏、鈴木慶一主催の「究極のバンド」オーディションに出場、実力で他を圧倒、見事合格。なお、同オーディションを受けていたミュージシャンに、青山陽一を擁するGRANDFATHERSや、後に『Bomb A Head!』などをヒットさせたことで知られるm.c.A・Tらがいた。オーディションの本来の目的であったバンド結成は結局立ち消えになったものの、これをきっかけにビートニクスのツアーにギタリストとして参加することになる。ちなみにこのツアーメンバーには、ビートニクスの2ndアルバムにアレンジャー・キーボーディストとして参加していた小林武史や、後にソロデビューする鈴木祥子がいた。その後、1988年に高橋幸宏プロデュースのシングル「See You Again」でデビューする。高野寛 フレッシュアイペディアより)

  • イエロー・マジック・オーケストラ

    イエロー・マジック・オーケストラから見た高橋幸宏高橋幸宏

    1978年2月19日に行われた細野のソロアルバム『はらいそ』に収録される「ファム・ファタール」のレコーディングの際に、坂本龍一、高橋幸宏の2人と、初めて3人で顔を合わせることとなった。イエロー・マジック・オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 東京は夜の7時

    東京は夜の7時から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1979年の中野サンプラザ、渋谷公会堂でのライブ録音。すでにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成していた高橋幸宏、細野晴臣、坂本龍一が参加しているが、YMOとしてはクレジットされていないうえ、曲目の重なりもない。一方、1979年は矢野自身が渡辺香津美(本アルバムには不参加)のKYLYN BAND、坂本龍一のカクトウギ・セッションに参加していた時期であり、これらの活動と曲目が重なるところが多い。東京は夜の7時 フレッシュアイペディアより)

  • ラストショウ

    ラストショウから見た高橋幸宏高橋幸宏

    1972年にアーリータイムスストリングスバンドを結成、1973年にザ・ラストショウを結成。日本のブルースハープのパイオニアであり、プロで活躍するハーピストの中でもキャリア、実力共に日本を代表するプレーヤーの一人。ゴンチチ、ORIGINAL LOVE、高橋幸宏、チャーリー・マッコイ、徳武弘文、ブレンドン・パワー、大瀧詠一、高田渡、高石友也、太田裕美、小泉今日子、福山雅治、石川さゆり、さだまさしなどのレコーディングやライブに参加。ソロアルバムでは1996年に『ヴォイスオブハーモニカ』、2009年に4枚目のアルバム『Popit Pop』を発表。ラストショウ フレッシュアイペディアより)

  • アフター・サーヴィス

    アフター・サーヴィスから見た高橋幸宏高橋幸宏

    演奏に関しては、YMO本項でも記述されている通り、メロディーはMTR(マルチ・トラック・レコーダー)による事前に演奏したものを流しており、各メンバーは伴奏に徹している。サポートメンバーに元ABCのデヴィッド・パーマーが参加しており、高橋幸宏は(一部曲を除き)ボーカル曲ではボーカルに徹している。アフター・サーヴィス フレッシュアイペディアより)

  • 左うでの夢

    左うでの夢から見た高橋幸宏高橋幸宏

    制作にはキング・クリムゾンのエイドリアン・ブリュー、高橋幸宏、細野晴臣、仙波清彦などが参加した。左うでの夢 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
276件中 1 - 10件表示

「高橋幸宏」のニューストピックワード