前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
345件中 1 - 10件表示
  • 小原礼

    小原礼から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1951年(昭和26年)11月17日 - 東京都に生まれる。父は松竹蒲田撮影所出身の撮影技師・小原譲治、母は開業医であった。のちに父同様に青山学院に進学、同高中部を卒業する。医大進学のために一浪したが、高橋幸宏(1学年下)を誘って一緒に武蔵野美術大学に入る。小原礼 フレッシュアイペディアより)

  • ちょっと気分をかえて

    ちょっと気分をかえてから見た高橋幸宏高橋幸宏

    小林の当時の夫だった高橋信之のプロデュースにより、義弟の高橋幸宏やその関連ミュージシャンが参加して制作されたアルバム。シングル「レイルウェイ・ララバイ〜一枚の切符から〜」、「気分を出してもう一度 WE CAN DANCE」、1970年に発表した「比叡おろし」の再録音などを含んでいる。ちょっと気分をかえて フレッシュアイペディアより)

  • 堀江博久

    堀江博久から見た高橋幸宏高橋幸宏

    多摩美術大学在学中から鍵盤弾きとして、The I-spy、ACROBAT BUNCH、Studio Apes、Freedom Suiteといったモッズ・シーンの伝説的なバンドで活動。また大学ではギタリストの塚本功と同級で、軽音楽部でバンドを組んでいた。大学を卒業するとコーネリアスを始め、EL-MALO、GREAT3、PLAGUES、カジヒデキ、カヒミ・カリィ、横山健、高橋幸宏、Caravan、Curly Giraffeなどのライブやレコーディングに参加するようになる。堀江博久 フレッシュアイペディアより)

  • 立花ハジメ

    立花ハジメから見た高橋幸宏高橋幸宏

    プラスチックス解散後の1982年、サックスに転向し、高橋幸宏をプロデューサーとして迎えて、初のソロ・アルバム『H』を発表、この時、自作楽器「アルプス1号」を使って演奏を行っている(以降自作楽器はアルプスシリーズとして4号まで製作された)。鈴木さえ子、矢口博康等とツアーも行う。立花ハジメ フレッシュアイペディアより)

  • 森雪之丞

    森雪之丞から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1989年のサディスティック・ミカ・バンド再結成の時に高橋幸宏の誘いで詞を書いた事がきっかけとなりロック系アーティストと仕事をするようになる。森雪之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た高橋幸宏高橋幸宏

    無類の猫好きである。一人っ子だった坂本が生まれたときから15歳の時まで一緒に住んでいた猫と兄弟のように生活していたことが影響している。また無類のジャージ嫌いであり、昔よく遊んでた友達がジャージをはいていた日、その瞬間に絶交したことがあるほどで、「僕の前でみんなはかないでね」と発言している。その一方でアルバム「千のナイフ」のジャケット写真を見た当時の音楽仲間が「あの汚い坂本が」と驚愕したほど、見た目に無頓着だった過去を持つ。このような坂本が当時のミュージシャンに不可欠だったファッションセンスを得るに至ったのは、高橋幸宏の指導によるものである。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 高野寛

    高野寛から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1986年に高橋幸宏、鈴木慶一主催の「究極のバンド」オーディションに出場し、見事合格。なお、同オーディションを受けていたミュージシャンに、青山陽一を擁するGRANDFATHERSや、後に『Bomb A Head!』などをヒットさせたm.c.A・Tらがいた。オーディションの本来の目的であったバンド結成は結局立ち消えになったものの、これをきっかけにビートニクスのツアーにギタリストとして参加することになる。ちなみにこのツアーメンバーには、ビートニクスの2ndアルバムにアレンジャー・キーボーディストとして参加していた小林武史や、後にソロデビューする鈴木祥子がいた。その後、1988年に高橋幸宏プロデュースのシングル『See You Again』でデビューする。高野寛 フレッシュアイペディアより)

  • イエロー・マジック・オーケストラ

    イエロー・マジック・オーケストラから見た高橋幸宏高橋幸宏

    1978年2月19日に行われた細野のソロアルバム『はらいそ』に収録される「ファム・ファタール」のレコーディングの際に、坂本龍一、高橋幸宏の2人と、初めて3人で顔を合わせることとなった。イエロー・マジック・オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 秋山羊子

    秋山羊子から見た高橋幸宏高橋幸宏

    当時インターネットオーディションで最も注目を集めていたnifty@nobisオーディションのグランプリ大会に参加するも結果ふるわず。このときの審査委員長は高橋幸宏秋山羊子 フレッシュアイペディアより)

  • キュー (YMOの曲)

    キュー (YMOの曲)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    ウルトラヴォックスの「パッショネート・リプライ」からインスピレーションを受けた細野晴臣と高橋幸宏が二人で二日で作り上げた。その際二人で盛り上がってしまい、紙に「CUE」と書いて記念写真を撮っている。イントロのシーケンスパターンとバグパイプ風のシンセサイザーは細野によるもので、それ以外は高橋が担当した。キュー (YMOの曲) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
345件中 1 - 10件表示

「高橋幸宏」のニューストピックワード