276件中 11 - 20件表示
  • KiKi (シンガー)

    KiKi (シンガー)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1986年、高橋幸宏(元、YMO)&スティーブ・ジャンセンのレコーディングに参加。KiKi (シンガー) フレッシュアイペディアより)

  • 生田朗

    生田朗から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1975年から、山下洋輔・坂本龍一・大貫妙子のマネージャーとなり、1981年からフリーの音楽プロデューサー&コーディネーターとして独立。高橋幸宏・清水靖晃・渡辺香津美らの作品を手がける。生田朗 フレッシュアイペディアより)

  • RYDEEN 79/07

    RYDEEN 79/07から見た高橋幸宏高橋幸宏

    2006年5月、キリンビールから元YMOの3人、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏にテレビCMの出演依頼。2か月間、スケジュール調整しながらCMコンセプトのディスカッションを重ねた。2006年8月、CMコンセプトが決定。CMで使用する楽曲は新たに制作する意見もあったが、演出側の希望でYMOの代表曲『ライディーン』が選曲された。RYDEEN 79/07 フレッシュアイペディアより)

  • キュー (YMOの曲)

    キュー (YMOの曲)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    ウルトラヴォックスの「パッショネート・リプライ」からインスピレーションを受けた細野晴臣と高橋幸宏が二人で二日で作り上げた。その際二人で盛り上がってしまい、紙に「CUE」と書いて記念写真を撮っている。イントロのシーケンスパターンとバグパイプ風のシンセサイザーは細野によるもので、それ以外は高橋が担当した。キュー (YMOの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 小原礼

    小原礼から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1969年 - フォーク・グループ「ガロ」のバックバンドに加わる。しかし「学生街の喫茶店」のヒット以後の歌謡曲路線に合わず、高橋幸宏とともにガロを脱退。小原礼 フレッシュアイペディアより)

  • Techii

    Techiiから見た高橋幸宏高橋幸宏

    ここに幸あり → 朗らか日記(高橋幸宏Techii フレッシュアイペディアより)

  • 中国女 (曲)

    中国女 (曲)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    中国女(ちゅうごくおんな、La Femme Chinoise)は高橋幸宏作曲、クリス・モスデル作詞の楽曲。中国女 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 極楽テレビ

    極楽テレビから見た高橋幸宏高橋幸宏

    番組はその後、『爆笑!!ライブハウス』と題して漫才形式の番組にリニューアルし、同年内まで放送された。同番組では、前番組に出演していた野沢直子と斎藤晴彦と高橋幸宏は降板し、替わって高見知佳がレギュラーに起用された。極楽テレビ フレッシュアイペディアより)

  • easy sports

    easy sportsから見た高橋幸宏高橋幸宏

    また、イベント開始前にはゲストの市橋有里、小泉里子に加え、番組テーマソングを担当する高橋幸宏が出演し、トークショーを繰り広げた。easy sports フレッシュアイペディアより)

  • 秋山羊子

    秋山羊子から見た高橋幸宏高橋幸宏

    当時インターネットオーディションで最も注目を集めていたnifty@nobisオーディションのグランプリ大会に参加するも結果ふるわず。このときの審査委員長は高橋幸宏秋山羊子 フレッシュアイペディアより)

276件中 11 - 20件表示

「高橋幸宏」のニューストピックワード