345件中 11 - 20件表示
  • 過激な淑女

    過激な淑女から見た高橋幸宏高橋幸宏

    キーが高く、ヴォーカルの高橋幸宏が非常に苦労した。過激な淑女 フレッシュアイペディアより)

  • ラストショウ

    ラストショウから見た高橋幸宏高橋幸宏

    1972年にアーリータイムスストリングスバンドを結成、1973年にザ・ラストショウを結成。日本のブルースハープのパイオニアであり、プロで活躍するハーピストの中でもキャリア、実力共に日本を代表するプレーヤーの一人。ゴンチチ、ORIGINAL LOVE、高橋幸宏、チャーリー・マッコイ、徳武弘文、ブレンドン・パワー、大瀧詠一、高田渡、高石友也、太田裕美、小泉今日子、福山雅治、石川さゆり、さだまさしなどのレコーディングやライブに参加。ソロアルバムでは1996年に『ヴォイスオブハーモニカ』、2009年に4枚目のアルバム『Popit Pop』を発表。ラストショウ フレッシュアイペディアより)

  • Techii

    Techiiから見た高橋幸宏高橋幸宏

    ここに幸あり → 朗らか日記(高橋幸宏Techii フレッシュアイペディアより)

  • 東京は夜の7時

    東京は夜の7時から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1978年の中野サンプラザ、渋谷公会堂での、「ト・キ・メ・キ ツアー」のライブ録音。すでにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成していた高橋幸宏、細野晴臣、坂本龍一が参加しているが、YMOとしてはクレジットされていないうえ、曲目の重なりもない。一方、1979年は矢野自身が渡辺香津美(本アルバムには不参加)のKYLYN BAND、坂本龍一のカクトウギ・セッションに参加していた時期であり、これらの活動と曲目が重なるところが多い。東京は夜の7時 フレッシュアイペディアより)

  • 左うでの夢

    左うでの夢から見た高橋幸宏高橋幸宏

    制作にはキング・クリムゾンのエイドリアン・ブリュー、高橋幸宏、細野晴臣、仙波清彦などが参加した。左うでの夢 フレッシュアイペディアより)

  • トベタ・バジュン

    トベタ・バジュンから見た高橋幸宏高橋幸宏

    参加アーティストは、坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子、堀込泰行(馬の骨/キリンジ)、高野寛、平野啓一郎(芥川賞作家)、甲田益也子、サイゲンジ、佐田真由美等。トベタ・バジュン フレッシュアイペディアより)

  • 生田朗

    生田朗から見た高橋幸宏高橋幸宏

    1975年から、山下洋輔・坂本龍一・大貫妙子のマネージャーとなり、1981年からフリーの音楽プロデューサー&コーディネーターとして独立。高橋幸宏・清水靖晃・渡辺香津美らの作品を手がける。生田朗 フレッシュアイペディアより)

  • La Fleur Bleue

    La Fleur Bleueから見た高橋幸宏高橋幸宏

    作詞:門あさ美 作曲:高橋幸宏 編曲:高橋幸宏La Fleur Bleue フレッシュアイペディアより)

  • サーヴィス (YMOのアルバム)

    サーヴィス (YMOのアルバム)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    本来は前作『浮気なぼくら』を最後のアルバムとして散開(解散)する予定であったが、当時高橋幸宏がDJを担当していたラジオ番組『オールナイトニッポン』(1967年 - 、ニッポン放送)内でレギュラー出演していた、三宅裕司率いるS.E.T.(スーパー・エキセントリック・シアター)とのコラボレーションを、アルバム『増殖』(1980年)と同じ形態でリリースすることを高橋自身が細野に持ちかけ、散開記念アルバムとして制作された。サーヴィス (YMOのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アフター・サーヴィス

    アフター・サーヴィスから見た高橋幸宏高橋幸宏

    演奏に関しては、YMO本項でも記述されている通り、メロディーはMTR(マルチ・トラック・レコーダー)による事前に演奏したものを流しており、各メンバーは伴奏に徹している。サポートメンバーに元ABCのデヴィッド・パーマーが参加しており、高橋幸宏は(一部曲を除き)ボーカル曲ではボーカルに徹している。アフター・サーヴィス フレッシュアイペディアより)

345件中 11 - 20件表示

「高橋幸宏」のニューストピックワード

  • ング!!!ング!!!祭りだ!!!〜良きところで武道館グ!!!

  • アイドリング!!!10年目の明日ング!!!

  • アイドリング!!! 10年目の明日ング!!!