345件中 21 - 30件表示
  • RYDEEN 79/07

    RYDEEN 79/07から見た高橋幸宏高橋幸宏

    2006年5月、キリンビールから元YMOの3人、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏にテレビCMの出演依頼。2か月間、スケジュール調整しながらCMコンセプトのディスカッションを重ねた。2006年8月、CMコンセプトが決定。CMで使用する楽曲は新たに制作する意見もあったが、演出側の希望でYMOの代表曲『ライディーン』が選曲された。RYDEEN 79/07 フレッシュアイペディアより)

  • オーエス オーエス

    オーエス オーエスから見た高橋幸宏高橋幸宏

    東京とロサンゼルスで録音が行われ、Willie Weeks (bass), Carlos Vega (drums)など米国人ミュージシャンを起用している。また、坂本龍一が共同プロデュース・シンセサイザーを担当するほか、細野晴臣、高橋幸宏といった、解散後のイエロー・マジック・オーケストラのメンバーの参加もみられる。オーエス オーエス フレッシュアイペディアより)

  • easy sports

    easy sportsから見た高橋幸宏高橋幸宏

    また、イベント開始前にはゲストの市橋有里、小泉里子に加え、番組テーマソングを担当する高橋幸宏が出演し、トークショーを繰り広げた。easy sports フレッシュアイペディアより)

  • ベル・エキセントリック

    ベル・エキセントリックから見た高橋幸宏高橋幸宏

    渡仏は1981年4月で、細野晴臣は久保田麻琴のレコーディングで滞在していたスペインから、高橋幸宏は大村憲司とともにソロ・アルバムの制作のため滞在していたイギリスから駆け付けた。レコーディングは波乱含みだったが、約1週間のシャトゥ滞在で6曲、帰国後東京で打ち込みを主体にした4曲のレコーディングと綿密なスタジオ作業が行われた。サウンドの特徴としてはエフェクトの多用が挙げられるが、牧村憲一によれば、シャトゥ収録分のほとんどのトラックには何らかの加工が施されており、生音が残っていると思われる箇所は坂本によるチェンバリンのパートのみであるという。ベル・エキセントリック フレッシュアイペディアより)

  • 希望の河

    希望の河から見た高橋幸宏高橋幸宏

    希望の河(きぼうのかわ、EXPECTING RIVERS)とは作詞:高橋幸宏、作曲:高橋幸宏・坂本龍一によるYMOの楽曲。希望の河 フレッシュアイペディアより)

  • パパ・ヘミングウェイ

    パパ・ヘミングウェイから見た高橋幸宏高橋幸宏

    『パパ・ヘミングウェイ』は、アーネスト・ヘミングウェイの生涯をテーマにしたアルバムである。以前からヘミングウェイの作品を愛読していた加藤と安井は、ヘミングウェイが生きた時代の世界観を表現するため、多数の資料にあたって時代考証の正確さを期すべく準備を重ねたうえで楽曲を作り、作家ゆかりの地であるナッソーのコンパス・ポイント・スタジオと、マイアミのクライテリア・スタジオでレコーディングを行なった。当時、海外レコーディングといえば現地のミュージシャンを起用することが通例だったが、加藤はサディスティック・ミカ・バンドからの朋友である小原礼と高橋幸宏、前作『ガーディニア』にも参加した坂本龍一、そして高橋と坂本が所属するYMOのツアーサポートメンバーだった大村憲司を海外に同行させて合宿によるレコーディングを敢行し、ミュージシャンが日常生活から解き放たれ、現地の空気に触れることで生まれるテンションの高まりをアルバム制作に活かそうとした。レコーディング・スケジュールは、日本から持参した楽曲をもとにバハマで詞を書き、同地でリズム体を収録し、マイアミでストリングス、ホーン、キーボードなどを加え、東京で最終的なオーバーダビングが行われた。なお、本作のレコーディングではヴォーカルやストリングス、ホーンなどの収録にダブルトラックが多用されている。パパ・ヘミングウェイ フレッシュアイペディアより)

  • やくしまるえつこ

    やくしまるえつこから見た高橋幸宏高橋幸宏

    坂本龍一、鈴木慶一、近田春夫、高橋幸宏、砂原良徳、栗コーダーカルテット、大友良英、Giulietta Machine、ジム・オルーク、d.v.d、菅野よう子、sim、メルツバウ、ECD、ドラびでお、フィッシュマンズら数々のアーティストとの共作や共演を行い、ポップソングから、ジョン・ゾーンのコブラのような即興セッションへの参加まで、ボーダーレスな活動が特徴的である。やくしまるえつこ フレッシュアイペディアより)

  • 極楽テレビ

    極楽テレビから見た高橋幸宏高橋幸宏

    番組はその後、『爆笑!!ライブハウス』と改題して漫才形式の演芸番組になり、同年末まで放送された。このリニューアルで、『極楽テレビ』時代に出演していた野沢直子と斎藤晴彦と高橋幸宏が降板し、替わって高見知佳がメンバー入りした。極楽テレビ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ネルソン (ミュージシャン)

    ビル・ネルソン (ミュージシャン)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    ビル・ネルソン(Bill Nelson、本名William Nelson、1948年12月18日 - )は、イギリス・ヨークシャー・ウェイクフィールド出身のロックミュージシャンである。妻の東郷恵美子は日本人で、高橋幸宏の元妻である。ビル・ネルソン (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ビハインド・ザ・マスク (曲)

    ビハインド・ザ・マスク (曲)から見た高橋幸宏高橋幸宏

    それまで難解なコード進行を得意としてきた坂本龍一だったが、ここでは単純ないわゆるロックのコード進行(F-D♭-E♭-Cm/C)を使用している。メロディは坂本と高橋幸宏が共同で担当したため、ある時期まで高橋が作曲者として連名でクレジットされていた。本曲は数多くのカバーバージョンが示すように、海外での評価が高い(詳細は後述)。しかし細野晴臣と高橋は、この曲を初めて聴いたとき非常に当たり前の曲と思ったらしく、特に細野はこの曲のすばらしさを認識できなかった自分自身に対して「プロデューサーとしては失格」と発言している。ビハインド・ザ・マスク (曲) フレッシュアイペディアより)

345件中 21 - 30件表示

「高橋幸宏」のニューストピックワード

  • ング!!!ング!!!祭りだ!!!〜良きところで武道館グ!!!

  • アイドリング!!!10年目の明日ング!!!

  • アイドリング!!! 10年目の明日ング!!!